Windows 10 なら簡単にPDFにできる

取引先や学校に提出するドキュメントとして、PDFを利用する機会があります。

Windows 8/8.1 まではテキストファイル / 画像ファイルなどをPDF化しようと思った場合、専用ソフトを入れるなどする必要がありました。しかし、Windows 10 では標準でPDFへ変換する機能が用意されています。

オフィスファイルをPDF化する方法は標準で用意されています。

 

Windows 10 で PDF に変換する方法

Windows 10 ではファイルを印刷するだけでPDFに変換できる機能が用意されています。

Microsoft Print to PDF

Windows 10 でPDFに変換したい場合、そのファイルを開き、印刷することでPDFに変換できます。
印刷するときのプリンターに「Microsoft Print to PDF」を指定して印刷するだけです。

例えば、メモ帳で開いたテキストファイルを「Microsoft Print to PDF」の仮想プリンターで印刷します。

ヘッダーに中央にファイル名、フッター中央ページ番号(ページ(1)、ページ(2)、の形式)が追加されて変換されます。

Web ページも印刷できます。
Microsoft Edge で表示したページを印刷します。

PDFに変換できました。


ちなみに上記方法は、シンプルにPDFファイルへと変換するのみの機能です。PDF情報のタイトル、作成者、サブタイトル、キーワード等を設定したり、パスワード保護などしたりしたい場合は、Bullzip PDF Printer などPDF作成・変換ソフトにて紹介しているソフトを利用すると可能になります。

※ 関連記事 :
Word や Excel をPDFに変換する方法
http://freesoft-100.com/beginner/word-excel-to-pdf.html

※ 関連ツール :
PDF作成・変換 / PDF加工・編集 / PDF結合・分割 / PDF閲覧 / PDFファイル管理 / PDFユーティリティ

※ オンラインツール :
オンラインPDF作成・変換 / オンラインPDF編集 / オンラインPDF結合・分割