Alcohol 52% Free Edition とは

本記事の更新は終了しました。
以下、過去記事となります。
こちらのページにて最新情報をご確認いただけます。



CD/DVDに取り込まれているデータをイメージファイルとして取り出し、パソコンに保存することができるソフトウェア。保存したイメージファイルは Alcohol 52% Free Edition(アルコール)によってマウントし、仮想CD/DVDドライブとして読み込み、実行することができます。
 

Alcohol 52% Free Edition のダウンロード

Alcohol 52% Free Edition(アルコール 52% フリー エディション)は海外製のソフトです。しかし日本語に対応しているため、問題なく利用することができます。下記URLよりダウンロードできます。
http://www.alcohol-soft.com/

download をクリックします。

開いたページの地球儀アイコンをクリックし、Alcohol 52%のフリー版をダウンロードします。

【Alcohol 52%(アルコール)のインストール】


ダウンロードしたexeファイル(Alcohol52_FE_xxxxx.exe)を実行すると、インストールを開始します。インストール途中でブラウザに組み込んで利用するアルコールツールバーをインストールするか聞かれるので、不要な場合はチェックを外すようにしましょう。


Alcohol 52% Free Edition の使い方・詳細

<イメージファイルの作成>


インストールが終わったら、Alcohol 52% を起動してみましょう。CD/DVDからイメージファイルを作成するには、「メイン」グループにある「イメージ作成ウィザード」をクリックします。

ウィザードに従ってドライブを選択し、「進む」をクリックします。

作成するイメージ名を入力し、「開始」をクリックします。

イメージファイル作成中のインジケーター。データの書き出しが100%になれば完了です。

<イメージファイルの利用>


イメージファイルの中身を利用したい場合は、イメージファイルをマウントする必要があります。イメージファイルのアイコンを選択して、右クリック。「ドライブにマウント」をクリックします。

マウントするとステータスが「アンマウント-準備中」から「マウント-準備完了」へと変更されます。マウントすることによって仮想CD/DVDとして利用することができるので、あとは通常の CD / DVD と同様に利用できます。


ソフトウェア情報


● Alcohol 52% Free Edition 作者サイト : http://www.alcohol-soft.com/
スクリーンショット
Alcohol 52% Free Edition の評価・レビュー
Alcohol 52% Free Edition のダウンロード・使い方
● 対応OS : Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008
● 提供元 : Alcohol Software