更新日:2012年08月07日

Wise Disk Cleaner とは

Wise Disk Cleaner はパソコン内に溜まった不要ファイルのクリーンアップを行い、最適化するディスククリーナーです。大きなアイコン、簡潔な操作方法が魅力です。パソコンを使い続けるうちに溜まってしまった不要なテンポラリファイル(一時ファイル)、ログファイル、バックアップファイル、インデックスファイルなどを削除し、パソコンの軽量化、ひいてはWindows マシンの高速化が期待できます。

※ 検出された不要ファイルを削除することによって、いままで使っていた検索履歴が削除されてしまったり、使っていたバックアップファイルが削除されてしまったり、何かしら不便になってしまうこともあります。ファイルを削除する際にはどんなファイルが削除されるのかを確認するようにしましょう。
 

Wise Disk Cleaner のダウンロード

Wise Disk Cleaner(ワイズ・ディスク・クリーナー)は海外製のソフトですが、標準で日本語で利用することができます。

Wise Disk Cleaner は下記URLよりダウンロードできます。
http://www.wisecleaner.com/wisediskcleanerfree.html

下図赤枠の「Start Free Download Now!」ボタンをクリックしてダウンロードします。

USBメモリーで持ち運べるポータブル版は、下記URLよりダウンロードできます。
http://www.wisecleaner.com/download.html

下図赤枠の「Portable Version」リンクをクリックしてダウンロードします。

【インストール】


ダウンロードしたセットアップファイルを実行すると、インストールを開始します。Welcome 画面です。Nextをクリックします。

利用規約です。「I accept the agreement」をクリックして選択し、Nextをクリックします。

Wise Cleanerからのお知らせメールが届きます。これも英語版なので不要な場合はそのままNextをクリックします。

インストールフォルダを選択します。変更ない場合はそのままNextをクリックします。

スタートメニューへの登録場所を選択します。変更ない場合はそのままNextをクリックします。

「Create a desktop icon(デスクトップにアイコンを設置する)」かどうか選択できます。変更しない場合はそのままNextをクリックします。

インストール内容の確認画面です。Installをクリックします。

Wise Disk Cleaner のインストール中です。

Informationです。Nextをクリックします。

Wise Disk Cleaner のインストール完了です。続けてWise Registry Cleanerをインストールしない場合は「Download Wise Registry Cleaner now」のチェックを外してFinishをクリックします。


Wise Disk Cleaner の使い方

<日本語化方法>


Version 7 より、標準で日本語化されるようになりました。

下記URLへアクセスし、日本語化パッチをダウンロードします。
http://tiltstr.seesaa.net/article/130294343.html

ダウンロードした圧縮ファイル(wize6.zip)を解凍し、wdc フォルダ内の「Japanese.ini」をインストールフォルダ内のLanguageフォルダにコピーします
※ デフォルトのインストールフォルダパスは「C:¥Program Files¥Wise Disk Cleaner¥Languages」

1.Wise Disk Cleaner を起動し、画面右上の「Settings」をクリック。
2.表示されたSettings 画面にて、Default Language から「Japanese」を選択して「OK」ボタンをクリック。
3.Wise Disk Cleaner を一度終了し、再び起動させると、日本語で利用できるようになります。


<使い方>


起動すると、汎用クリーナ、拡張クリーナ、システムの軽量化の3つのタブが表示されます。

汎用クリーナ


不要ファイルと痕跡(使用履歴)を削除できる項目です。
サムネイルのキャッシュ、システムのログファイル、無効なショートカットブラウザのキャッシュなどの「不要ファイル」、エクスプローラの履歴、Windows検索履歴、最近使用した文書、最近閲覧した動画などの「痕跡」を削除できます。

「スキャン開始」ボタンをクリックすることで、チェックの入っている項目のスキャンを行います。

項目をダブルクリックすることで、どのようなファイルやエントリが検出されたのかを確認できます。検出された不要ファイル、痕跡を「クリーニング開始」ボタンをクリックして削除できます。チェックを外すとクリーンアップの対象から外せます。

拡張クリーナ


拡張子やファイル名を指定して不要ファイルを検出、削除できる項目です。*.dmp(ダンプファイル)、thumbs.db(サムネイルファイル)、*.tmp / *.temp(テンポラリファイル)、*.old / *.sik / *.bak / *.wbk(バックアップファイル)、*log.txt / *.log(ログファイル)などを検出します。「スキャン開始」ボタンで検出し、項目にチェックを入れ「クリーニング開始」ボタンをクリックして削除できます。

システムの軽量化


Windowsにデフォルトでインストールされているサンプルピクチャ、サンプルビデオ、サンプルミュージック、サンプルメディア、Windowsの壁紙、使われていないインストーラなどを削除できます。項目にチェックを入れ、「軽量化」ボタンをクリックで削除できます。

その他機能


「復元」をクリックすると、Windowsに備えられているシステムの復元機能を利用できます。
「設定」をクリックして表示される設定画面です。除外ディレクトリの指定、スケジューラ設定による定期的なスケジュールスキャンが可能です。

ソフトウェア情報
● 作者サイト : http://www.wisecleaner.com/
スクリーンショット
Wise Disk Cleaner の評価・レビュー
Wise Disk Cleaner のダウンロード・使い方
● 対応OS : Windows 2000/XP/2003/Vista/2008/7/8(32/64bit)
● 提供元 : ZhiQing Soft Ltd.
 
セキュリティソフト

ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフト、ファイアウォールソフト、ファイル暗号化ソフト、ID・パスワード管理ソフト…

パソコンを便利にするフリーソフト
Webサービス

辞書検索、オンラインウイルススキャン、オンラインアルバム、ストリーミング、動画共有サイト…

コミュニティ

フリーメール、メッセンジャー、オンラインゲーム、mixi活用ソフト、ブログ…

USBメモリー活用ツール

USBメモリー停止ソフト、USBメモリーファイル復元ソフト、ポータブルオフィスソフト、ポータブルブラウザ、ポータブルメールソフト…

Google提供サービス一覧

Google検索を使いこなそう!、Googleの検索コマンドや裏技など、Google Earthで世界旅行!…

フリーソフト、無料サービス特集

フリーソフト100が注目したソフトや無料サービスをピックアップした特集記事…

ホームページ作成支援

サーバー、掲示板、メールフォーム、アクセスカウンター、ホームページ素材、テンプレート素材…

SEO・アクセスアップ

SEOツール、サイト診断、相互リンク管理、ブログアクセスアップ…

ページトップに戻る

更新日:2012年08月07日