セキュリティソフトメーカーの動画ってどんなもの?

たまには違う趣向のものをということで、セキュリティソフトメーカーが YouTube にアップしている動画を集めてみました。
オーソドックスな動画、タイアップ・コラボ動画などそれぞれのメーカーの戦略に応じて様々な種類があります。

日本語で動画を制作しているメーカー


ノートン セキュリティ




世界シェアナンバーワン。世界でもっとも使われているセキュリティソフトです。
2017年度版はドラえもんとタイアップ。国内のシェアがかなり伸びそうです。
ちなみに過去には中川翔子さんともタイアップしたことがあります。


ウイルスバスター クラウド








国内シェアナンバーワン。
とにかく動画が多い。ユーザーに自社製品を理解してもらおう、親しみを持ってもらおうとする企業努力がうかがえます。
Android スマートフォン対応のウイルスバスター モバイルはハローキティとコラボし、通常バージョンとは別のキティちゃんバージョン「ウイルスバスター モバイル meets ハローキティ」が提供されています。

ホームページなど広告塔として山本美月さんを採用していますが、2016年10月17日現在では露出がかなり限定されています。
過去には仲間リサさんを採用し、テレビCMでもよく放送されていました。


カスペルスキー 2017



セキュリティソフトの中でもトップクラスのマルウェア、スパイウェア等の検出力を誇り、ランサムウェア対策、ネットバンキング等の利用を保護するネット決済保護機能などが用意されています。
能力は高いものの知名度的には今一つといった印象があります。
以前はAKB48とタイアップしたことがありましたが、1年間で終わってしまい、現在はタイアップしていません。
また、他社を圧倒する超絶長い名前(カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティ)でも知られていましたが、2017年度版より名称がノートン セキュリティのように短くなりました。

動画としては製品を的確に紹介しているものの、もっとも面白味がないかもしれません(それだけカタイ、真面目な仕事をしているというようにも受け取れます)。


ESET



一時期はカスペルスキー、Avira、ESETの三つ巴にもなっていたパワフルなセキュリティソフトです。
近年第三者機関による評価はやや落ちているのが気になる点ですが、実績は十分。
何より価格が安く、複数台を使えて3年間使えるというコスパが最高です。

動画は、ESETから国内販売契約をしているキヤノンITソリューションズによるもので、個人・SOHO向けの「ESETセキュリティソフト」のプロモーション動画はなく、企業向けの「ESET Endpoint Protection」が公開されています。


マカフィー リブセーフ





世界1億2500万人以上が利用しているセキュリティソフトです。
2011年に Intel 社が買収して子会社化、現在は Intel Security という名称が徐々に支配を広げています。
気になるのは Intel のテーマカラーが青、マカフィーのテーマカラーが赤という点。
徐々に青色の支配が増えていて最終的にマカフィーが青色になるのか、マカフィーの名称が消えて「インテル セキュリティ」となるのか、勝手に注目しています。

動画としてはオーソドックスな、学校のビデオ授業のような動画です。


KINGSOFT Internet Security 2015



フリーで利用できるセキュリティソフト。
無料で利用できる代わりに一定時間ごとにデスクトップ画面にポップアップ広告が表示されます。
昨年度(2015年)は新バージョン発表がなく、今年度(2016年)は新バージョンが発表されるかどうかちょこっと注目されます。

動画は音声なしの使い方動画です。


英語で動画を制作しているメーカー


コメントなしで動画のみ紹介します。
※ ABC順。

Avast



Avira



Bitdefender



Emsisoft



F-Secure



G DATA



Panda Security




まとめ


全体として面白味はないかなーと思いました。
動画を使ってバズらせよう!というところに注力していないなと感じます。

SNSでのバズを狙うより、失敗しない戦略をとっているとも言えそうです。