連番、大文字⇔小文字、全角⇔半角、置換など15種類のモードでファイル名/フォルダー名を一括変換できるソフト

お~瑠璃ね~む

お~瑠璃ね~む

ダウンロード

ユーザーの評価:
4.56

評価数:9

対応OS:
Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1

変更したファイル名を元に戻せるUnDo機能、外部のテキストエディタを利用した編集機能、11種類のモードを組み合わせたマクロ機能により、何度も同じ変更パターンに対応。また、ファイル名リストをCSVファイルとして書き出し、読み込むことで同一パターンのファイル名変更を繰り返し行うことができます。

提供元:
Beefway
● Unicode 対応 : ○

お~瑠璃ね~む の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、allrename.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

リネームする

  1. 初回起動時にソフト名の変更ができます。「「お~瑠璃ね~む」という名前がイヤな人はココをチェック」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックすると、ソフト名が「AllRename」に変更されます。この設定は初回起動時のみ選択できます。
  2. ツールバーの フォルダーを開く アイコンをクリックしてフォルダーを指定するか、ファイルまたはフォルダーをドラッグ&ドロップします。
  3. 読み込んだファイル名が一覧表示されます。ウィンドウ下に設置してあるボタンをクリックして編集する方法を選択します。

    ファイル・フォルダー名変更
    位置編集 … 指定した文字数の場所への挿入・置換ができます。同一パターンの文字の追加などに便利です。
    拡張子拡張子を変更・追加・削除できます。
    連番(123...) … 連番を付加できます。
    大(A)⇔小(a) … 大文字を小文字、小文字を大文字、先頭だけ大文字、語頭を大文字に変換できます。
    全角/半角 … カタカナ、英字、数字を全角/半角に変更します。
    8.3形式 … 8.3形式([拡張子以外1~8文字].[拡張子0~3文字])へ変更します。
    文字追加 … 指定位置に文字を追加します。
    文字削除 … 「へのショートカット」のような指定文字列の削除、指定位置の文字の削除をします。
    日時 … ファイル名を日時にしたり、ファイル名の前後に日時を付加できます。
    置換文字列の置換ができます。
    CSV等 … 本ソフトからCSVファイルへ書き出したファイル名リストを読み込んで利用できます。
    ランダム … ファイル名をランダムな文字列に変更できます。

    属性変更・その他
    タイムスタンプ … 作成日時や更新日時を変更できます。
    属性 … ファイルの属性(読み取り専用、隠しファイル、アーカイブ、システム)を変更できます。
    マクロ … 変更パターンを記録したり、記録したマクロを読み込んで同一パターンの変換を行うことができます。

  4. 画面右の「変更確認」ボタンをクリックすると、ファイル名一覧の”変更後”に変更後の名前がプレビュー表示されます。
    問題なければ「☆実行☆」ボタンをクリックすると、ファイル名変換を実行します。

UnDo

もし誤ってファイル名を変換してしまった場合でも安心の UnDo(アンドゥ=やり直し)機能がついています。
  1. 画面左の「変更UnDo」ボタンをクリックすると、1つ前に変換を行ったファイル名一覧が赤字で表示されます。
  2. 画面右の「★UnDo★」ボタンをクリックすると、ファイル名変換前のファイル名に戻すことができます。
    UnDo 機能を使って、最大で9つ前までファイル名の変更を元に戻すことができます。

フォルダー名変換

変更UnDo上のファイルアイコンをクリックするか、メニューバーの「モード」⇒「フォルダ名変更」をクリックすると、対象がファイルからフォルダーに変わります。
変換の要領はファイルとまったく同じです。

マクロ

マクロを使ってまったく同じパターンでの変換ができます。CSVファイルへファイルリストを書き出し、読み込みでも同一パターンの変換を何度でも再現できますが、マクロを利用すると、ファイル名が異なる場合であっても同じパターンの変換ができます。
マクロを使うには、まずマクロを登録します。

マクロの記録ボタン
  1. ツールバーの マクロの記録 アイコンをクリックします。
  2. 「■終了」ボタンが表示された小さな画面がポップアップしてマクロの記録が開始されるので、ファイル名の変更を行うと、「記録されました」と表示されます。複数のファイル名変更も記録できます。
  3. ファイル名変更が終わったら「■終了」ボタンをクリックし、マクロに名前を付けて「OK」ボタンをクリックします。これでマクロのパターンが登録されます。

マクロの編集
  1. メニューバーの「ファイル」⇒「マクロの編集」からマクロを登録・編集できます。
  2. 画面下の位置編集、拡張子、連番などのボタンをクリックして設定し、「↑追加↑」ボタンをクリックしてパターンを追加していきます。
  3. 追加できたら「名前を付けて保存」ボタンをクリックして、名前を設定して登録できます。

マクロの実行
  1. 画面下の「属性変更・その他」タブをクリックし、「マクロ」ボタンをクリックします。
  2. プルダウンの中から利用したいマクロ名を選択し、画面右の「☆実行☆」ボタンクリックでマクロを実行できます。「変更確認」ボタンをクリックして、変更後のファイル名がどのようになるかをプレビュー表示しておくと安心です。

ユーザーレビュー

  • 5

    写真の整理に使わせていただきました。日付、文字追加、連番など…

    usericon tree(1)Windows 10

    写真の整理に使わせていただきました。日付、文字追加、連番など便利な機能満載でした。ありがとうございました。

  • 5

    他ソフトを2つ程、試用してみたら直感的には使いにくい。 し…

    usericon らとー(1)Windows 8/8.1

    他ソフトを2つ程、試用してみたら直感的には使いにくい。
    しかし、このソフトは、凄く分かり易かったです。

  • 4

    ほかのアプリの外部ツールコマンドなどから複数選択したファイル…

    usericon アルベド(1)Windows 7

    ほかのアプリの外部ツールコマンドなどから複数選択したファイルを渡されたとき、
    フォルダ内の全ファイルが対象になってしまうことがなく、渡されたものだけが対象になってくれる。
    連番のゼロサプライは「0001から始まる」などで実現。「_01から始まる」とかもできる。
    上記二点を紹介文に書いといてくれれば迷わずこれに辿りつけたのに。 作者に敬意。

お~瑠璃ね~む に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 9 件)