ローカル・サーバーのファイル比較を行い、改ざんされていないかを自動チェックできるツール

AntiGumblar

AntiGumblar
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows 2000/XP/Vista/7, Windows Server 2003/2008

どれだけしっかり対策を立てていても、ガンブラーウィルスに100%感染しないという保証はありません。万が一感染してしまった場合でも、早期に気付き、いち早く復旧できるようにしなければなりません。
ガンブラーウィルスは企業や個人のホームページ、Webサイトを改ざんし、Webサイトを閲覧したユーザに対してウイルス感染の危険性をもたらす悪質なコンピュータウィルスです。ガンブラーウイルス感染の流れは、次のとおり。
1.Webサイトを更新するなど、接続するパソコンが感染する。
2.FTP接続する際のホスト名、ID、パスワードなどが盗まれ、ホームページの改ざんが行われる。
本ソフトはローカルに保存しているファイルとサーバー上のファイルの比較を行うソフトです。最大3サイトまで定期的に点検を行い、ファイル内容に違いがないかをチェックします。ローカル側とサーバー側のファイル内容が違う場合は、アイコンを表示したり、メールでお知らせされるので、ガンブラーウイルス被害の早期発見に役立ちます。
体験版は、1サイトまで、メール通知機能なし、検査除外フォルダーの設定、定期チェックの機能などの機能制限があります。

提供元:

AntiGumblar の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトの体験版ダウンロードページへアクセスし、「上記内容に同意します」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(antigumblar_pre.zip)を解凍し、セットアップファイル(AntiGumblar (体験版).msi)からインストールできます。

使い方

改ざんされていないかチェックする

  1. 「スタート」⇒「すべてのプログラム」⇒「AntiGumblar(体験版)」⇒「AntiGumblar(体験版)」をクリックして起動します。
  2. 検査したいサイトについての情報を入力します。サーバー名(ホスト名)、ユーザ名、パスワード、ホストのフォルダー(リモートのディレクトリ)、参照元(ローカルのフォルダー)を設定します。
  3. 「条件設定」ボタンをクリックすると、詳細設定ができます。FTP接続時のPASSIVEモードの使用有無、ポート番号、ログ出力有無、検査対象外の拡張子指定ができます。
  4. 設定が終わったら、「検査開始」ボタンをクリックして検査します。検査が終わると検査結果をポップアップしてお知らせします。
    画面上ではファイル名リストが表示され、左側に次のアイコンで異常の有無を表示します。
    が異常なしの正常なファイル、 がローカルには存在しない(超過)ファイル、がファイル内容不一致(改ざん)を表します。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?