指定時間になった時、バッテリー残量30%以下になった時などの条件を設定して、シャットダウン、音楽再生、メッセージのポップアップ通知などができるソフト

Apowersoft Windowsシャットダウンタイマー

Apowersoft Windowsシャットダウンタイマー

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1, Windows Server 2008
記事更新日:
2016/08/23 - バージョン: 3.0.0

トリガーとなる条件を指定して、タスク設定できるソフトです。例えば毎朝9時の始業時間に音楽を再生する、アイドル状態になったらモニターの電源を切る、CPUの使用率が80%を超えるようになったらメッセージをポップアップしてお知らせする、など設定できます。PC の持っているパワーを活用し、より便利に、より快適に利用できるようにするタイマーソフトです。

提供元:

Windowsシャットダウンタイマーの使い方ガイド

Apowersoft Windowsシャットダウンタイマー の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「無料ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(windows-shutdown-assistant.exe)からインストールします。

使い方

本ソフトをインストールすると、Windows シャットダウンタイマーのメイン画面とノート画面が表示されます。

Windows シャットダウンタイマー

トリガーを選択し、タスクを選択した後、「タスクリストに追加」ボタンをクリックしてタスクを追加し、「開始」ボタンをクリックしてセット完了、という流れです。
トリガー
タスクを実行するトリガーとなる条件を設定します。
  • 今から 30 分後 … 指定分数後
  • 2014/06/06 06:06:06 で … 指定日時
  • 毎日 9:00:00 で … 毎日繰り返し指定
  • 9:00:00 から 30 分ごとにタスクを繰り返します
  • システムが 30 分のアイドル状態になった場合
  • CPUの使用率が 30 ほど 80 % より高くなった場合
  • 電源状態が 電源がオフになった場合 で、そして電池残量が 30 %残った場合

タスク
実行するタスクを設定します。
  • ログオフ
  • 再起動
  • シャットダウン
  • 休止状態
  • コンピュータをロック
  • モニターの電源を切る
  • スクリーンセーバーを実行
  • ファイル又はプログラムを実行
  • プログラム又はサービスを停止
  • ウェブページを開く
  • メッセージボックスをポップアップ

同時に次のタスクも実行できます。
  • ごみ箱を空にする
  • IEキャッシュ/履歴/Cookiesを消去
  • 最近のファイル履歴を消去
  • 一時ファイルを削除


トリガーとタスクを設定したら、「タスクリストに追加」ボタンをクリックして、設定したタスクを登録します。

その後、ウィンドウ右下の「開始」ボタンをクリックすると、タイマー設定完了です。

ノート(付箋)

”ノート”は、いくつも用意できる付箋のようなものです。
最前面表示され、覚えておきたいメモを登録しておけます。

  • ノートに入力した文字は、右クリックメニューから文字色、文字背景色、文字スタイル、文字サイズなどを変更でき、ウィンドウの透明度や背景色もへの苦できます。
  • ノートはデスクトップ画面の上端に移動させ、くっつくようにすると、マウスカーソルをノート以外のところに移動させた際に、デスクトップ上端に隠れます。
  • 「Windowsシャットダウンタイマー」ウィンドウの「ノートを作成」をクリックするか、タスクトレイアイコンの右クリックメニューの「ノートを作成」をクリックして、ノートを作成できます。
  • ノートは複数作成できます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?