音声を録音したり、音楽ファイルを編集できる高機能サウンド編集ソフト

Audacity

Audacity

ダウンロード

ユーザーの評価:
4.43

レビューを見る(評価数:7 件)

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Mac OS X 10.6/10.7/10.8/10.9/10.10/10.11/10.12, Linux
バージョン:
2.1.3

マイクなどの外部接続機器による録音に対応し、録音した音声ファイルや OGG / MP3 / WAV ファイルに対して、波形を選択して切り取り、コピー、分割、ノイズ除去、ピッチの変更、などの多彩な編集、保存ができるのが魅力です。

提供元:

Audacity の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Audacity 2.1.3 installer」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版の場合はこちら、Linux 版の場合はこちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(audacity-win-2.1.3.exe)からインストールします。

使い方

本ソフトを起動すると「Audacity へようこそ!」画面が表示されます。
次回以降表示させたくない場合は、左下の「このメッセージを次回からは開始時に表示しない」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックして閉じます。

録音する

マイクを接続し、録音 ボタンをクリックすると録音できます。
停止 ボタンをクリックして停止、[Shift] キーを押しながら 録音 ボタンをクリックして追加録音ができます。

カットする

音楽ファイルを編集するには、まず音楽ファイルをドラッグ&ドロップします。
再生 ボタンをクリックして音楽を再生させたり、拡大縮小 ボタンをクリックして拡大や縮小させたりして、波形を見ながらマウスをドラッグして範囲を選択し、グレーとなっている部分を 切り取り ボタンをクリックして余分な無音部分等をカットできます。

対応フォーマット

入力・保存 : OGG / MP3 / WAV / AIFF / FLAC / MP2
※ FFmepg を導入すると、M4A / AC3 / AMR / WMA に保存できるようになります。

ユーザーレビュー

  • 4

    速度調整が前面にあり可変することが可能、学習するのに聞き逃す…

    usericon watarin(26)Windows 10

    速度調整が前面にあり可変することが可能、学習するのに聞き逃すことなく
    低速で再生できます、Windows10でも動作に支障ありませんでした。

  • コメント

    本来ならフォーラムの方へ投稿するべきかも知れませんが、今回は…

    usericon Gonbe(704)Windows 10

    本来ならフォーラムの方へ投稿するべきかも知れませんが、今回は本欄にて失礼します。
    Audacityの操作性等に不満がある場合、「Dark Audacity」の試用をお薦めします。
    それは、「MPC-HCとMPC-BEの関係」に似ていて、黒を基調としたモダンな外観です。
    各種メニューが使い易く再編成されているので、その点はAudacityより優れています。
    一時停止中でも編集作業が可能であり、録音ボタンが標準で追加録音として機能します。
    デフォルトでは、波形が固定されたままで波形上のカーソルのみが移動する仕様ですが、
    ヘッダの先頭(時間目盛の左端)にあるボタンで、「カーソルのピン止め」が出来ます。
    つまり、このボタンを押すたびに、カーソルが動くか波形が動くかが切り替わるのです。
    基本機能は本家Audacityと同一であり、VSTプラグイン対応なので拡張も楽しめます。
    日本語ファイルが含まれていないので、Audacityのものを流用する必要があります。
    Ver.2.1.3Xを使用中ですが、レベルメータやスペアナの目盛表示が無いのが難点です。

  • コメント

    本ソフトの操作性は「慣れ」の問題かも知れませんが、私は特に違…

    usericon Gonbe(704)Windows 10

    本ソフトの操作性は「慣れ」の問題かも知れませんが、私は特に違和感はありません。
    音声波形の拡大/縮小は、モード切替をすると良いのですが、面倒かも知れませんね。
    ソフト起動時は、「I」ボタン(選択ツール)が凹んだ状態になっていると思います。
    この状態(モード)で、虫眼鏡「+」と虫眼鏡「-」で波形の拡大/縮小が出来ます。
    波形の任意の位置を表示するには、波形表示を時間軸上でシフトする必要があります。
    そこで、「両端矢印」ボタン(タイムシフトツール)クリックにてモード変更します。
    シフトモードになれば、波形をドラッグして素早く目的の位置へ移動可能となります。
    なお、「虫眼鏡」ボタン(拡大ツール)は、指定範囲を拡大したい場合に使用します。
    私のPC環境ではフリーズしたことが無いので、その点については何とも申せません。

Audacity に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 16 件)