ホットキー一つで操作中の画面を偽装した画面に差し替えることができるソフト

BossComing

BossComing

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
記事更新日:
2016/10/06 - バージョン: 2.0.0.0

ホットキー [Ctrl] + [Q] キーを押すと、別のタイミングで撮影したデスクトップ画面を表示できるソフトです。他の人にPCを見られそうになった際に、隠したいウィンドウやすべてのウィンドウを隠すといった非表示系の操作ではなく、見せたいウィンドウなどが並んでいる理想的な画面(の画像)に差し替える操作をします。もちろん画像なので操作できません。マウスカーソルは動き、クリックすると元の画面に戻ります。[PrtSc] ボタンを押して取得したキャプチャーにいつでも変更でき、ホットキーも [Alt]、[Shift] や他のキーを利用した組み合わせに変更可能です。

提供元:

BossComing の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードした自己解凍形式ファイル(bscm2000.exe)からインストールします。

使い方

偽装画面に差し替える

  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
  2. 「実行」ボタンをクリックすると、本ソフトを起動する前の画面の画像に差し替わります。
  3. この「画像」をクリックすると元の画面に戻ります。

偽装画面用の画像を設定する

クリップボードの画像または画像ファイルを指定できます。
本ソフトを起動し、メニューバーの「ファイル」から設定できます。
  • 画像ファイルを開く
  • クリップボードから画像を貼り付ける
  • 画像ファイルを保存

オプション

メニューバーの「表示」⇒「動作設定」から動作設定画面を表示します。
  • ホットキー
    デフォルトでは [Ctrl] + [Q] キーですが、[Alt]、[Shift]、その他のキーの組み合わせが可能。
  • フェードインの速度
    画像にさし変わる際のフェードイン効果を、スライダーを動かすことで 1ms ~ 1000ms の間で設定可能。
  • 読み込む画像指定
    本ソフト起動時に表示する画像を指定できます。
  • 最小化したときタスクバーにも表示しておく
    本ソフト最小化時にはタスクトレイにしか表示されませんが、タスクバーにも表示するようにします。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?