動画・音声の転送やファイル転送、暗号化通信にも対応する軽量リモートデスクトップソフト

Brynhildr

Brynhildr

ダウンロード

ユーザーの評価:
5.00

評価数:1

対応OS:
Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008/2012
記事更新日:
2016/08/08 - バージョン: 2.1.1

ファイルサイズが合計1MBに満たない軽量なリモートデスクトップソフトです。インストールが不要で、1つの実行ファイルがサーバーとクライアントの両方のモードになるシンプルさが特長。軽量でありながら、動画・音声を高速で転送、サーバーとクライアントの双方向でファイル転送が可能、通信を Blowfish アルゴリズムで暗号化するという実力派です。

提供元:

Brynhildr の使い方

ダウンロード

  1. 窓の杜へアクセスし、「窓の杜からダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(brynhildr208.zip)を解凍し、brynhildr.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

操作される側(サーバー側)を設定する

  1. 本ソフトを起動し、「Mode」を「Server」に設定します。
  2. パスワード
    クライアント側からの接続にパスワードを要求する場合は、「Password」を設定します。

    ログイン画面の表示
    クライアント側に、サーバーPCのログイン画面を表示させたい場合は、「Service」を「Entry」にします。
    ※ 管理者権限で実行していない場合、「Service」のドロップダウンに「Entry」が表示されません。

    上記以外の項目は、デフォルトのままでかまいません。
    「OK」ボタンをクリックします。
  3. 「Windowsセキュリティの重要な警告」が表示された場合は、「名前」に「Brynhildr - RemoteDesktop」と表示され、「プライベートネットワーク」だけにチェックが入っていることを確認して、「アクセスを許可する」ボタンをクリックします。
  4. Brynhildr が接続待ち状態になり、タスクトレイに Brynhildr のアイコン icon が表示されます。
    OSにより、Brynhildr の接続待機ウィンドウが表示されている場合があります。
    「OK」ボタンをクリックすると、接続待機ウィンドウは閉じます。
    タスクトレイicon をクリックすると、接続待機ウィンドウを再表示できます。
    ※ Brynhildr の「Not Open Port」というメッセージが表示された場合は、起動メニューウインドウの「Port」を、デフォルトの「55500」から変更し、再度「OK」ボタンをクリックしてください。

操作する側(クライアント側)からサーバー側へ接続する

  1. 本ソフトを起動し、「Mode」を「Client」に設定します。
  2. サーバー側のIPアドレスを教えてもらい、「IP」にサーバー側のIPアドレスを入力します。
  3. サーバー側で「Port」をデフォルトの「55500」から変更した場合は、同じポート番号を「Port」に入力します。
  4. サーバー側でパスワードを設定した場合は、同じパスワードを「Password」に入力します。
    ※ 上記以外の項目は、デフォルトのままでかまいません。
  5. 「OK」ボタンをクリックすると、サーバー側のデスクトップが、ウィンドウに表示されます。

リモートデスクトップを等倍表示する

サーバー側のデスクトップの表示倍率がウィンドウに合わせて変化します。
この設定で粗く表示されて見づらい場合は、以下の操作でリモートデスクトップを等倍表示できます。
  1. リモートデスクトップウィンドウのタイトルバー左端のアイコンをクリックするか、タイトルバーを右クリックします。
  2. 表示されたメニューの「WindowScroll」をクリックしてチェックを入れます。

ファイルの転送(クライアント側からサーバー側)

  1. リモートデスクトップウィンドウのタイトルバー左端のアイコンをクリックするか、タイトルバーを右クリックします。
  2. メニューの「SendFile」をクリックし、「Select Send File」ダイアログでファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。
    サーバー側の「brynhildr.exe」ファイルと同じ場所に「recv」フォルダーが自動的に作成され、その中にクライアント側からのファイルが転送されます。
    ※ タスクトレイの icon を右クリックし、「Received Files」を選択すると、「recv」フォルダーが開きます。
    ※ リモートデスクトップウィンドウに、ファイルをドラッグ&ドロップしても転送できます。

ファイルの転送(サーバー側からクライアント側)

  1. タスクトレイの icon を右クリックし、「SendFile」をクリックします。
  2. 「Select Send File」ダイアログでファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。
  3. クライアントPCの「brynhildr.exe」ファイルと同じ場所に「recv」フォルダーが自動的に作成され、その中にサーバーからファイルが転送されます。
    ※ リモートデスクトップウィンドウのタイトルバー左端のアイコンをクリックし、「Received Files」を選択すると、「recv」フォルダーが開きます。
    ※ 接続待機ウィンドウに、ファイルをドラッグ&ドロップしても転送できます。

ユーザーレビュー

  • 5

    とにかくスピードが早いです。 基地局から離れ過ぎの我が家は…

    usericon TOTO(1)Windows 7

    とにかくスピードが早いです。
    基地局から離れ過ぎの我が家は0.2Mbpsくらいが最大で、それでも早いというのがこのソフトのいいところです。更に軽量化もされていて、350KBくらいしかサイズがありません
    純国産というのも魅力的です。