スタートメニューをクラシックスタイルにできるソフト

Classic Shell

Classic Shell
  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

ユーザーの評価:
3.00

評価数:11

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Windows Server 2008/2012/2016
記事更新日:
2016/07/31 - バージョン: 4.3.0

Windows クラシックなスタートメニューの他、Windows XP や Windows Vista/7 スタイルの表示にも対応しています。また、スキンやスタートメニュー内容のカスタマイズができるほか、エクスプローラーに「上へ」ボタンなどの追加、IEのクラシック機能を追加した表示も可能です。

提供元:
日本語化パッチ:
ネットセキュリティブログ

Classic Shell の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download Now!」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(ClassicShellSetup_4_3_0.exe)からインストールします。

使い方

スタートメニュー スタイル

スタートボタンをクリックすると、設定画面が表示されます。
スタートメニュースタイル(Windows Classic 風 / Windows XP 風 / Windowx Vista/7 風)、スタートボタンを設定できます。

「Windows 7 style」を選択し「OK」ボタンをクリックすると、スタートメニューが Windows 7 に近いスタートメニューに変更されます。
※ スタートメニュー一番上の「スタート メニュー (Windows)」をクリックすると、従来のスタートメニューが表示されます。

日本語化手順

  1. ネットセキュリティブログへアクセスし、「「Classic shell」の日本語化ファイル」リンクをクリックして日本語化パッチをダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(classic_shell_ja.zip)を解凍し、ja-JP.dll をインストールフォルダーにコピーします。
    ※ C:¥Program Files¥Classic Shell
  3. スタートボタンを右クリックし、「設定」をクリックします。
  4. 「設定」画面が表示されます。
    画面上部の「Show all settings」にチェックを入れます。
  5. タブの表示数が増えるので、「Language」タブをクリックします。
  6. 「Language」タブの画面が表示されます。
    「ja-JP - 日本語」をクリックして選択し、「OK」ボタンをクリックします。
  7. 「You need to restart the menu for the new settings to take effect...(新しい設定を適用するには Classic Shell の再起動が必要です...)」メッセージが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
  8. スタートボタンを右クリックし、「終了」をクリックします。
  9. インストールフォルダーの ClassicStartMenu.exe から本ソフトを起動すると、日本語化されていることを確認できます。

スタートボタンクリック時の動作を設定する

「設定」画面の「コントロール」タブから、スタートボタンの動作(何もしない、クラシックスタートメニューの表示、通常の Windows スタートメニューの表示)のいずれかを設定できます。
  • スタートボタンをマウスで左クリックした際の動作
  • スタートボタン上で [シフト+左クリック] を押した際の動作
  • Windows キーを押した際の動作
  • [シフト+ Windows キー] を押した際の動作
  • マウスのミドルキー(中央ボタン)を押した際の動作
  • スタートボタンにマウスカーソルを置いた際の動作

スキン

「設定」画面の「スキン」タブから Classic Skin / Full Glass / Metro / Smoked Glass / Windows 8 / Windows Aero / Windows Basic / Winodows XP Luna からスキンを選択できます。

ユーザーレビュー

  • 1

    環境: Windows 10 Home 64bit C…

    usericon bvg77777777dtt(35)Windows 10

    環境: Windows 10 Home 64bit

    Classic Shell 4.3.0 をインストールすると、不具合が発生したため、すぐに Classic Shell 4.2.5 に戻しました。 具体的には、TTClock が起動しなくなりました。 以下のエラーが表示されます。
    ----------------------------------------
    TTClock
    タスクトレー時計に他のプログラムが常駐しているため TTClock を開始することができません。
    [OK]
    ----------------------------------------

    同様の不具合は、Windows 10 Anniversary Update をインストールしても発生します。 推測ですが、「類似ソフトウェアの TClock、及びその派生ソフトウェアも、Classic Shell 4.3.0、Windows 10 Anniversary Update、により動作しなくなる」 と想定されます。

    いかが原因のようです。
    [Windows 10 Anniversary Update ではタスクトレイの時計部分が通知アイコンと一体化されるので、従来のtclock(派生版)では時計が改造出来きません。]
    http://www.gonib.net/shirokichi2_blog_so-net_ne/

    私は今後、Classic Shell 4.2.5 を使用し続けます。 絶対にアップデートしません。 アップデート確認機能も停止しました。

  • 2

    win10 64bitですが、shell自体のほうは素晴らし…

    usericon ウィッチ(6)Windows 10

    win10 64bitですが、shell自体のほうは素晴らしいんですけど、explorerの方のカスタマイズが全く反映しないです。

    リペアしても”エクスプローラがリペアに必要なファイルを占有しているから停止してリペアします”みたいな文を出して作業はしてるみたいですけど、いくつ提示される方法のいずれを試しても結果的に何も起きずに元のままです。

    惜しいけど、ちょっと気持ちも悪いので別の正常に動きそうなソフトにしたいところで、今いろいろ探して検討してるところです。

  • 4

    長年win8時台から利用していますが、特に不具合無くwin1…

    usericon bigfm21(38)Windows 10

    長年win8時台から利用していますが、特に不具合無くwin10でも活用しています。逆にこのスタートが無いと、戸惑ってしまう事もあるこの頃です。

Classic Shell に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 14 件)