インストールプログラム、ドライバやサービス、Windowsアップデートをチェックできるソフトウェア管理ソフト

Comodo Programs Manager

Comodo Programs Manager
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
5.00

評価数:2

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008

プログラムのアンインストール、ドライバやサービスの削除、Windows機能の停止、Windowsアップデートの状態を管理できます。
アンインストール時に残されてしまった不要ファイルやレジストリエントリの削除、インストール済みプログラムからインストーラの作成、アンインストール実行前にバックアップを取ってソフト削除前の状態に復元できる機能など備えています。

提供元:

COMODO Programs Manager のプロモーション動画(英語)

Comodo Programs Manager の使い方

ダウンロード

  1. 窓の杜へアクセスし、「窓の杜からダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。
    ※ インストールの最初に言語選択画面が表示されます。残念ながら日本語には対応していないので、英語(English)を選択します。
    ※ インストール最後に Windows の再起動が必要になります。いますぐ再起動したくない場合は、「Reboot now」のチェックを外して「Finish」ボタンをクリックします。

使い方

デスクトップショートカットから起動できます。Summary(概要)画面が表示されます。

インストール済みソフトをアンインストールする

  1. 画面左の「Programs」をクリック。
  2. リスト表示されたプログラムのうち、削除したい項目をクリックして選択状態にします。
  3. 画面右にソフトの概要、詳細が表示されます。「Standard Uninstall」ボタンをクリック。ソフトのアンインストーラによってアンインストールできます。
    Comodo Programs Manager インストール後にインストールしたプログラムについては、「Standard Uninstall」の代わりに「Complete Uninstall」が利用できます。「Complete Uninstall」は、アンインストーラによるアンインストール後に残されたファイル、レジストリを検出して削除できます。

インストーラの作成

Comodo Programs Manager インストール後にインストールしたプログラムであれば、インストーラを作成することもできます。
プログラム一覧からソフトを選択し、画面右の「Maker Installer」ボタンをクリックして作成できます。

アンインストール前に復元

アンインストールしてしまったソフトを元に戻したい、と言った場合に利用できる機能です。
  1. 画面上部の「Settins」をクリック。
  2. 「Backup before uninstall」の項目にチェックを入れ、「Apply」ボタンをクリック。
  3. これで誤ってアンインストールしてしまったソフトを、アンインストール前の状態に戻せるようになります。
    この設定をした後アンインストールしてしまったソフトは、プログラム一覧画面上部の「Restore Backup」をクリック。
  4. ソフト名をクリックして「Restore」ボタンをクリックすると復元できます。

対応言語

英語、エストニア語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、ポーランド語、ルーマニア語、ロシア語、ウクライナ語

ユーザーレビュー

  • 5

    非常に頼りになるアンインストーラー。 10bit-Unin…

    usericon ぬるぬるお(1)Windows 7

    非常に頼りになるアンインストーラー。
    10bit-Uninstallerと組み合わせて使っています。
    10bitで消しきれないレジストリも発見してくれて、除去してくれます。
    深い階層の物も削除してくれているのだなと、使用時にわかります。
    また使用後、動作が不安定になるという様な事も、
    私が使用してきた限りはありません。
    惜しむらくは、開発がWin7で止まっているという事で、
    win8やwin10には対応していない事ですね。
    8以降搭載機種にインストールしようとすると、対応していませんとしっかりと弾いてくれます。
    こういった所にも、むしろ逆に誠実さを感じ、安心感を覚えます。
    良く解っているなあと思います。
    あともう一点、日本語対応してくれたら、もう言う事無し。 満点です。

  • 5

    comodo PMを一旦アンインストールし、まず、PUPをイ…

    usericon crara6(5)Windows 7

    comodo PMを一旦アンインストールし、まず、PUPをインストールへ。その後、CPMをインストールし、PUPのアンインストールをすると、monitoringをしていなかったわけだから、当然のことですが、逐一、インストールプログラムを目視し、PUPプログラムを個別にアンインストールすることになります。

    今、PUP感染が大流行中という事情を考えれば、CPMをインストールしておき、monitoringさせ、万が一、PUPの混入を許してしまった場合であっても、CPMの強制的アンインストール機能を使い、根こそぎアンインストールをする、という方法論が、素人さんuserには、現状、一番効果的な方法ではないか?と考えますね。

    しかし、CPMといえど100%のアンインストールは不可能であることも確認しております。JWordが、その代表例。IEの基本設定を改竄しておりSearch hookが書き換えられているため、CPMでアンインストール後も、IEを起動する度に、JWordが表示されてしまう。

    解決策は、ベテランなら

    OTL.exe
    FRST.exeを使い、レジストリ検索を行いfixスクリプト作成して、解決する。



    素人さんuserの場合は、レジストリeditorを起動し、jwordと検索入力して、丁寧に削除作業をするしか、他に解決法はないのが現状。

    CPMといえど、取りこぼしは、あります。が、同業他社のアンインストーラーと比較しても、削除する力は、CPMがダントツの威力、破壊力だと見ています。

    昨今のPUP感染に関して、削除toolとしても非常に効果的です。

  • 5

    同業他社のwiseやgeekも良いアンインストーラーですが、…

    usericon crara6(5)Windows 7

    同業他社のwiseやgeekも良いアンインストーラーですが、さらにその上を行くのがCPMだと感じますよ。CPMインストール後に、PCにインストールされるプログラムをCPMはMonitorしており、同梱されたPUPはCPMがMonitorしており結果として、アンインストールする場合、そのPUPを芋づる式にCPMを使ってアンインストールできる。そして、アンインストールの能力も、非常に高いものがある。ただし、reg clean proをインストールしCPMでどの程度アンインストールできるか、検証したところ、ほぼ削除できており非常に優秀も、reg clean proのタスクスケジューラ登録などは、CPMは削除できていなかった。よって、webでCPMのことを「100%アンインストールできるツール」であると紹介している場合は、それは、厳密には間違いであると指摘しておく。

    でも、非常に強力なアンインストーラーですよ。素晴らしいと思います。