ドライブやフォルダーをキーにした AES 暗号化に対応したファイル/フォルダー暗号化ソフト

チョイ鍵PLUS!

チョイ鍵PLUS!

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows 98/Me/2000/XP/Vista/7

オーソドックスなパスワード設定による暗号化にも対応し、ファイルのタイムスタンプを変更する機能も備えています。

提供元:
● 暗号化したファイルの拡張子 : exk, ezw, ezf

チョイ鍵PLUS! の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードした自己解凍ファイル(ezkeyplus220.exe)をダブルクリックして解凍し、解凍されたフォルダー(ezkeyplus2)内の ezkeyplus2.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

このソフトはチョイ鍵!(暗号化)、圧縮!、時間操作!(ファイル情報変更)ができるソフトです。

チョイ鍵!(暗号化)
    ソフトを起動し、「チョイ鍵モード」が選択されているプルダウンから暗号化方法を選択します。
    • 鍵ドライブあり … ドライブのシリアル番号を元にしたキーを利用してAES暗号化する方法。そのため、暗号化したパソコン以外では復号化できません。暗号化したファイルの拡張子は exk。
    • パスワードあり … パスワードを設定して暗号化するオーソドックスな方法。暗号化したファイルの拡張子は ezw。
    • 鍵ファイルあり …ファイルをキーとしてAES暗号化する方法。ファイルを紛失、削除してしまうと復号化できなくなります。 暗号化したファイルの拡張子は ezf。

    暗号化方法を選択したら、ファイルをドラッグ&ドロップするか「参照」ボタンをクリックしてファイルやフォルダーを選択します。
    ※ フォルダーはドラッグ&ドロップできません。

    鍵ドライブあり の場合
    1. 「鍵ドライブを指定!」ウィンドウが表示されます。ドライブを選択して「OK」ボタンをクリックします。
    2. 「フォルダーの参照」ウィンドウが表示されます。暗号化したファイルの出力先を選択して「OK」ボタンをクリックします。
    3. 「チョイ鍵したよ!」とポップアップされるので「OK」ボタンをクリックします。すると、指定した出力先に「(ファイル名).ezk」という暗号化ファイルが作成されます。

    パスワードあり の場合
    1. 「パスワード入力」ウィンドウが表示されます。パスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。
    2. 「確認」ウィンドウが表示されます。パスワードを再入力して「OK」ボタンをクリックします。
    3. 「フォルダーの参照」ウィンドウが表示されます。暗号化したファイルの出力先を選択して「OK」ボタンをクリックします。
    4. 「チョイ鍵したよ!」とポップアップされるので「OK」ボタンをクリックします。すると、指定した出力先に「(ファイル名).ezk」という暗号化ファイルが作成されます。

    鍵ファイルあり の場合
    1. 「鍵ファイル選択モードで起動します!」とポップアップされるので「OK」ボタンをクリックします。
    2. 「開く」ウィンドウが表示されます。キーとするファイルを指定して「開く」ボタンをクリックします。
    3. 「フォルダーの参照」ウィンドウが表示されます。暗号化したファイルの出力先を選択して「OK」ボタンをクリックします。
    4. 「チョイ鍵したよ!」とポップアップされるので「OK」ボタンをクリックします。すると、指定した出力先に「(ファイル名).ezk」という暗号化ファイルが作成されます。

    復号化
    1. 復号化には別のソフトを起動します。keyopener3.4.exe をダブルクリックして起動します。
    2. 「開く」ウィンドウが表示されます。復号化したいファイルを指定して「開く」ボタンをクリックします。
    3. 「フォルダーの参照」ウィンドウが表示されます。復号化したファイルの出力先を選択して「OK」ボタンをクリックします。
    4. コマンドプロンプトが表示されます。
      ・「鍵ドライブあり の場合」、「鍵ドライブを選択してください」と表示されるので、ドライブを入力(Cドライブなら [C] と入力)して [Enter] キーを押します。
      ・「パスワードあり の場合」、「パスワードを入力してください」と表示されるので、パスワードを入力して [Enter] キーを押します。
      ・「鍵ファイルあり の場合」、「開く」ウィンドウが表示されます。キーとするファイルを指定して「開く」ボタンをクリックします。
    5. 「完了しました」と表示された後、「元ファイルを削除しますか?(はい=y,いいえ=n)」と表示されます。暗号化ファイルを削除する場合は、[Y] と入力して [Enter] キーを押します。
    6. 「作業を続けますか?(はい=y,いいえ=n)」と表示されます。復号化を終了する場合は、[N] と入力して [Enter] キーを押します。

    圧縮!
    YZ1圧縮、ZIP圧縮、CAB圧縮ができます。この機能の利用には、統合アーカイバプロジェクトよりDLLファイル(YZ1.dll、7-zip32.dll、cab32.dll)のダウンロードが必要です。

    時間操作!(ファイル情報変更)
    ファイルのタイムスタンプを変更できます。
    1. 「編集モード」が選択されているプルダウンから作成日時変更、更新日時変更、最終アクセス日時のいずれかを選択します。
    2. 「日時設定」ウィンドウが表示されます。2000/01/01 01:01:01 の形式で変更したい日時を入力します。例えば2008年8月23日14時22分13秒に変更したい場合は、2008/08/23 14:22:13 と入力して「決定」ボタンをクリックします。
    3. 「変更したよ!」とポップアップされるので「OK」ボタンをクリックします。すると、ファイルのタイムスタンプが変更されているのが確認できます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?