3種類の暗号化アルゴリズムが用意された使い勝手の良いファイル暗号化ツール

ED

ED

ダウンロード

ユーザーの評価:
3.33

評価数:6

対応OS:
Windows 95/98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
記事更新日:
2016/08/11 - バージョン: 4.0

ドラッグ&ドロップで簡単にファイルを暗号化することができます。またオプションの設定により、ファイル名を BMP などの画像ファイルの拡張子に偽装したり、セキュリティレベルの変更、アルゴリズム(Twofish / Rijnael / GOST28147-89)の変更ができます。

提供元:
● 暗号化したファイルの拡張子 : enc

ED の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(ed40.zip)を解凍し、E_D.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

暗号化する

  1. メイン画面左側の「E」の部分をクリックしてファイルを選択するか、「E」の部分にファイルをドラッグ&ドロップします。
  2. 「ファイルの暗号化」ウィンドウが表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。<<02>>
  3. 暗号化に使用するパスワードを入力します。
    ヒントの入力も可能です。
  4. 「全てのファイル/フォルダを正常に処理しました。」ウィンドウが表示されます。<<04>>
    指定したファイルは暗号化され、元のファイル名に「.enc」の拡張子が付与されます。

復号化する

  1. メイン画面右側の「D」の部分をクリックしてファイルを選択するか、「D」の部分にファイルをドラッグ&ドロップします。
  2. 「ファイルの復号」ウィンドウが表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。
  3. パスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。
  4. 「全てのファイル/フォルダを正常に処理しました。」ウィンドウが表示されます。
    指定したファイルは復号化され、元のファイル名に戻ります。

オプション

メイン画面の「OPTION」をクリックして、オプションを表示できます。

  • ファイル選択時にサブフォルダも含める
  • 暗号化後に元ファイルを抹消する
  • 復号後に元ファイルを抹消する
  • メイン画面を常に前面に表示する
  • 使用中は前回のパスワードをメモリから消去しない
  • 前回入力したパスワードのヒントを記憶する

抹消ゴミ箱
ファイルをドラッグ&ドロップすると、復元できないように削除できます。

暗号化したファイルの設定
暗号化時の拡張子を指定できます。
  • 元の名前+標準拡張子(.enc)
  • 元の名前+.bmp(任意に変更可能)
  • ランダム名+.bmp(任意に変更可能)

セキュリティレベル・アルゴリズムの変更
セキュリティレベルを4段階、アルゴリズムを Twofish / Rijnael / GOST28147-89 のいずれかから選択できます。

ユーザーレビュー

  • 4

    シンプルで扱いやすく、非常にいいソフトだと思います。 ただ…

    usericon gesu(7)Windows 10

    シンプルで扱いやすく、非常にいいソフトだと思います。
    ただ、ファイルのサイズが大きくなると、処理速度が遅くなり、また、フォルダの暗号化ができないのが残念です。

  • 1

    やっぱあかん・・・ 遅すぎる!!!!!! ダウンロードは…

    usericon kouki1208dora(32)Windows 7

    やっぱあかん・・・
    遅すぎる!!!!!!
    ダウンロードはやめたほうが・・・

  • 3

    暗号化のレベルはすごく良すぎる(笑) でも、大きなサイズに…

    usericon kouki1208dora(32)Windows 7

    暗号化のレベルはすごく良すぎる(笑)
    でも、大きなサイズになってくると遅くなるなぁ

ED に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 7 件)