デジカメ写真などの画像ファイルのExif情報を表示し、Google マップ上で位置表示できるソフト

Exif読取り君

Exif読取り君

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1

画像ファイルのExif情報をサムネイル画像付きで表示できるソフトです。GPS情報を含むフ場合は Google マップ上で位置情報を表示でき、Exif情報に保存されたサムネイル画像と現在の画像を並べて表示することも可能。Exif情報をすべて削除したり、TXT / CSV / HTML / DKV出力したりする機能も備えています。

提供元:

Exif読取り君 の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、ページ下部の「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、Exif読取り君.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

Exif情報を閲覧する
本ソフトを起動し、メイン画面にファイルをドラッグ&ドロップするか、メニューバーの「ファイル」⇒「開く」から画像ファイルを選択します。
ファイルのサムネイル、ファイル名、ファイルサイズ、作成日時、更新日時、アクセス日時、バイトオーダーが表示され、保存されているExif情報(TAG ID、タグ名称、データ)が各項目ごとに表示されます。

  • Exif情報の項目をクリックして選択し、データの項目をもう一度長めにクリックすると編集可能です。
    ※ 編集不可の項目もあり、その場合は編集できません。
  • Exif情報の項目をクリックして選択し、右クリックメニューの「選択項目をクリップボードへコピー」をクリックすると、選択している項目の TAG ID、タグ名称、データをコピーできます。
  • Exif情報の上で右クリックし、「地図上に位置表示」をクリックすると、GPS情報が指す場所を Google Maps 上で表示します。
    ※ GPS情報がある場合。
  • メニューバー「表示」⇒「ファイル一覧」からファイル一覧を表示させると、クリックして次々と画像ファイルを読み込むことができます。

Exif情報を削除する
メニューバーの「編集」⇒「Exif情報削除」をクリックすると、表示している画像のExif情報を削除します。
ファイルを上書きする形となるため、一度削除してしまうと元に戻すことができません。
不安な場合は削除前にバックアップを取っておくと安心です。

画像を閲覧する
メニューバーの「表示」⇒「画像表示」をクリックすると、サムネイル画像とメイン画像(オリジナル画像)を並べて表示できます。
メイン画像をクリックすると、フルスクリーン表示されます。
ダブルクリックするか、右クリックメニューの「ウィンドウを閉じる」をクリックすると元の画面に戻ります。
※ [Esc] キーまたは [Alt] + [F4] キーでも元に戻ります。

Exif情報をファイルに出力する
メニューバーの「ツール」⇒「ファイル出力」をクリックして、Exif情報をファイルに出力できます。

作成元ファイル
取り込みファイル(現在開いているファイル)、選択ファイル(任意のファイル)、フォルダー単位(任意のフォルダー)から選択します。
※ フォルダーを選択した場合、一つの画像ファイルに付き、一つのファイルが作成されます。
複数ファイルのExif情報を一つのファイルにまとめて出力するには、メニューバーの「ツール」⇒「まとめ出力」から出力できます。


出力ファイルの種類
テキストファイル、HTMLファイル、CSVファイル、DKVファイルから選択します。

Exif情報をファイルに出力する
メニューバーの「ツール」⇒「バッチ出力」から、指定フォルダーの撮影日時、ファイル変更日時、デジタルデータの作成日時を一括変更できます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?