ディスクの不良セクタの検出、ベンチマーク、S.M.A.R.T. 情報による故障を予測できるソフト

FromHDDtoSSD

FromHDDtoSSD

ダウンロード

ユーザーの評価:
3.00

評価数:1

対応OS:
Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1(32/64bit)

不良セクタ、将来不良化すると判断できるセクタを検出する「不良セクタシミュレーション」、S.M.A.R.T. を監視してドライブの故障を予測する「S.M.A.R.T.ビュー」、ストレージの故障を予測する「ストレージ故障予測」機能を備えたHDDスキャンツールです。「アドバンストデータ復旧」機能より、デジカメ画像等の JPEG ファイルを復元する機能も用意されています。

提供元:
※ JPEG以外のデータ復旧は有料の機能となります。

FromHDDtoSSD の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「このソフトを今すぐダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、セットアップファイルからインストールします。
    提供元サイトではインストール不要版も配布されています。

使い方

本ソフトを起動すると、メイン画面が表示されます。
完全スキャン、詳細スキャン、ストレージ故障予測を利用できます。

完全スキャン
ディスクのスキャンを行い、セクタのエラーを検出します。
選択したディスクの完全スキャンを行うため、時間がかかります。

詳細スキャン
最初に動作モードを設定した後、詳細スキャンを実行できます。
  1. メニューバーの「完全・詳細スキャン設定」⇒「設定ダイアログを開く」をクリックします。
  2. 「完全・詳細スキャン設定」画面が表示されます。
    「完全・詳細スキャン 動作モード」を次の項目から選択し、「OK」ボタンをクリックします。
    ・初期不良調査(HDD/SSD):高速リニアスキャン
    ・不良セクタ予測(HDD):不良セクタシミュレーション
    ・不良セクタ修復(HDD/SSD):不良セクタレストレーション
    ・データ復旧:シグネチャ直接書出 一般 JPEG
    ・データ復旧:シグネチャ直接書出 デジタルカメラ JPEG
    ・データ復旧:シグネチャ直接書出 オフィスファイル
    ・データ復旧:物理解析 ヘッドレストレーション+SSD
    ・データ復旧:論理解析 アドバンストデータ復旧

ストレージ故障予測
ストレージを監視し、故障予測スキャンを自動で行います。

※ その他詳細については、提供元サイトのヘルプページを参照してください。

ユーザーレビュー

  • 3

    起動時自動実行がなく、都度機能呼び出しを要するソフト。 H…

    usericon Newser(25)Windows 8/8.1

    起動時自動実行がなく、都度機能呼び出しを要するソフト。
    HPやヘルプを見た限り、NASなどヘビーユーザ向けの機能を有しており、
    HDDの監視ソフト・復旧ソフトというよりは
    セキュリティソフトのようなHDDチェックソフトとして利用する形になるかと思われます。

    せめてストレージ故障予測モードをWindows起動時実行できるようになれば評価は変わると思います。