ファイアウォール機能を備えたネットワークをモニタリングツール

GlassWire

GlassWire
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

ユーザーの評価:
3.20

評価数:5

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10

ネットワークをモニタリングし、各アプリのトラフィックを監視できるモニタリングツール。リアルタイムの通信をアプリごと、トラフィックごとにグラフ表示可能。ファイアウォール機能により、個別のアプリをブロックすることもできます。また、アプリごとに通信しているホストの国/ドメイン/IPアドレスとその通信量を表示できるほか、初回ネットワーク接続時、アプリケーション情報変更時、DNSサーバー変更時などにアラートを表示します。

提供元:

GlassWire の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Download GlassWire Free」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(GlassWireSetup.exe)からインストールします。

使い方

日本語化手順

  1. 本ソフトを起動し、Menu をクリック、「Language」⇒「日本語」とクリックします。
  2. 「Restart application(アプリケーションの再起動」ウィンドウがポップアップします。
    「OK」ボタンをクリックすると、GlassWire が再起動し、表示言語が日本語化されます。

グラフ(Graph)

通信トラフィックをグラフ表示します。
左上の「全て」、「アプリ」、「トラフィック」をクリックして、表示を切り替えられます。
また、右上の「月」、「週」、「24時間」、「3時間」、「5分」をクリックして、表示時間を切り替えられます。

スクリーンショット
グラフの画面上にマウスカーソルを載せると、画面右上に カメラ アイコンが表示されます。
クリックすると、「GlassWireスナップウィンドウ」画面が表示されます。
画面下の「ディスクに保存」ボタンをクリックすると、PNG / JPG / JPEG / BMP 形式でPCに保存できます。

ファイアウォール(Firewall)

通信中のアプリケーションが一覧表示されます。
アプリケーション左に表示される ファイアウォール オフ アイコンをクリックすると、ファイアウォール オン アイコンへと色が変わり、そのアプリケーションのすべての通信をブロック・遮断します。

使用(Usage)

各アプリ、ホスト、トラフィックタイプごとの送信、受信のトラフィック状況を表示します。
アプリの項目をクリックすると、バンド幅、名前、パス、バージョン、出版元などを表示。
「ホスト」をクリックすることで、そのアプリケーションが通信しているホストを表示させることも可能です。

警告(Alerts)

各アプリケーションの初回ネットワーク接続、DNSサーバー設定の変更、アプリケーション情報の変更(アプリケーションのバージョンアップなど)などがあると、デスクトップ画面右下からポップアップ通知を行い、この「警告」タブにも表示されます。

ユーザーレビュー

  • 3

    動作も軽く、ネット転送量監視ソフトとしては優秀なのですが、 …

    usericon Newser(25)Windows 10

    動作も軽く、ネット転送量監視ソフトとしては優秀なのですが、
    やはりポップアップがないフリー版だとFWとしての利用にはいささか不安が。

  • コメント

    先日Ver.1.2.73になり、漸くベータ版から脱出したので…

    usericon Gonbe(699)Windows 10

    先日Ver.1.2.73になり、漸くベータ版から脱出したのですね。 数年かかっている。

  • コメント

    最近ついにベータ版から抜け出し、正式版がリリースされました(…

    usericon NaNaTaBa(164)Windows 10

    最近ついにベータ版から抜け出し、正式版がリリースされました(Ver.1.2.73)。
    まぁ元々ベータ版でかなり安定したので、正式版となってなにか大きな変更があるわけではないです。
    Windows10でも問題なく動作します。

GlassWire に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 9 件)