ランサムウェア感染時にその感染を検知したり、ネットワークドライブを保護したりするためのソフト

秀丸ランサムガード

秀丸ランサムガード

ダウンロード

ユーザーの評価:
4.00

評価数:1

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003
記事更新日:
2016/10/19 - バージョン: 1.03

パソコン上で動作しているプログラム一覧を監視して、不審なプログラムが動作した場合にそれを通知すると同時にネットワークドライブを切断するソフトです。PCが万が一ランサムウェアに感染したとしても、ネットワークドライブ上のデータにまで被害が及ばないよう動作し、最小限度の被害で抑えることで、ネットワーク上の共有データ、バックアップファイルなどが暗号化されて使用不可となってしまう状態をガードします。
本ソフトは検知を行うもので、悪意のあるプログラムをブロックする機能は備えていません。ネットワークドライブへの被害拡大を防止を目的とした、他のセキュリティソフトとあわせて利用する補完的な役割を果たすソフトです。

提供元:

秀丸ランサムガード の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(hmransmg100_signed.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

インストールフォルダーの HmRansmG.exe から起動します。 ※ 32bit の場合「C:¥Program Files¥HmRansmG」、64bit の場合「C:¥Program Files (x86)¥HmRansmG」
※ Windows を再起動すると自動で起動し、タスクトレイにアイコン icon を表示します。


未知のプログラムを登録する
  1. 未知のプログラムを検知すると、デスクトップ画面右下に通知を表示します。
  2. 未知のプログラムが検知されたら、タスクトレイのアイコン icon をダブルクリックするか、右クリックメニュー「秀丸ランサムガード」をクリックします。
  3. メイン画面が表示されます。
    検出された「未知のプログラム/保護プログラム」が一覧表示されているので、「セーフリスト/保護リストに登録」ボタンをクリックします。
  4. 「プログラムの登録」画面が表示されます。
    下記のいずれかを選択します。
    セーフリストに登録 … プログラムが実行されても、ネットワークドライブを接続したままにするための、安全の確認されたプログラムのファイルまたはフォルダーを登録します。 ・保護リストに登録 … プログラムが実行された場合、ネットワークドライブを切断するための、プログラムのファイルまたはフォルダーを登録します。ランサムウェアの可能性があるソフトとして、念のためネットワークドライブを切断します。

ユーザーレビュー

  • 4

    ●2016/08/24 V1.01 にUP 設定の中に「未…

    usericon AIKICHI’SPAPA(1)Windows 10

    ●2016/08/24 V1.01 にUP
    設定の中に「未知のプログラムの履歴」ページを作って、過去に実行された未知のプログラムが参照できるようになったのが嬉しいです。