フォルダー内のファイルやサブフォルダーの一覧情報を Excel / CSV などに書き出せるソフト

アイアン・エクスプローラ

アイアン・エクスプローラ

ダウンロード

ユーザーの評価:
3.00

評価数:1

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008/2012
記事更新日:
2016/10/19 - バージョン: 2.0.1.0

サブフォルダー内のファイルの表示・非表示に対応し、それぞれのファイル名、拡張子、サイズ、更新日時、フルパスを表示します。「一覧を保存」ボタンをクリックすると、表示内容を XLS(エクセル) / TXT / CSV / HTML に書き出すことができます。

提供元:

アイアン・エクスプローラ の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(IronExplorer_2-0-1-0.zip)を解凍し、IronExplorer.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

ユーザーレビュー

  • 3

    指定フォルダ配下のサブフォルダを含めて一覧表示できるので、 …

    usericon どらん(1)Windows XP

    指定フォルダ配下のサブフォルダを含めて一覧表示できるので、
    フォルダの階層が深くてどこに何があるかわからなくなった際に、
    ファイル一覧をリスト表示、かつ、マウス操作で開くことができるので便利です。

    が、「サブフォルダ以下全階層を表示中」を設定している状態で、
    「ファイルのみ」を選択してもサブフォルダ配下のファイルを一覧化してくれません。
    また、検索条件にワイルドカードが使えない様子。
    この辺りが改善されれば、もっと使えるソフトになると思います。