正規表現によるキーワードのカラー強調表示ができるテキストエディタ

K2Editor

K2Editor

ダウンロード

ユーザーの評価:
4.00

評価数:1

対応OS:
Windows 98/2000/XP

10種類以上の多彩な色分け・強調表示が可能です。日本語整形機能として、半角語の前後にスペースの補完や句読点トリガを用いた自動整形を標準で搭載。ファイルタイプ(HTML / C / Delphi / MAIL / Perl / Ruby / BAT / ini / JavaScript / VBScript)ごとのフォント、外観(ウィンドウサイズ、ルーラー表示・非表示など)、色(文字色、背景色、強調色など)、バックアップファイルの自動作成有無なども設定可能。
また、GREP検索、キーマクロ(マクロの記録・実行や外部マクロの実行)、アンドゥ・リドゥ、常駐機能による素早い起動・履歴の保存、クリッカブルURL、文字コード(SJIS / JIS / EUC / UNICODE(LE,BE) / UTF-8 / UTF-8N / UTF-7)の自動認識などの豊富な機能を備えたテキストエディタです。

提供元:

K2Editor の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(k2e10509.lzh)を解凍し、K2Editor.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

ユーザーレビュー

  • コメント

    1. 改行がほとんど無い html通常文字検索で 死亡 …

    usericon 55じいさん(1)Windows XP

    1. 改行がほとんど無い html通常文字検索で 死亡

    2. 上記ファイルで 折り返し無し設定で 死亡

    正規表現検索したかったのに 残念な結果です。

  • 4

    他のエディタでは中々対応していない、(.TXT)ファイルの色…

    usericon エディタマニア(14)Windows Vista

    他のエディタでは中々対応していない、(.TXT)ファイルの色分けが出来ますので、これが慣れると大変便利です。正規表現を使った置換は言うまでも無く便利で、マクロを作成して使えば、HTMLファイルの作成などは、テンプレートの作成も可能です。下手なHTMLエディタは不要です。「キーマクロ登録が20個まで」という機能ですが、これがもっと増えてくれれば、もっと便利になってくるでしょう。外部ツールを最初の段階で登録して使用できる機能がないので、★4つという採点です。