デジカメのような連番形式で自動保存されているファイル名を一括して変更するのに最適なソフトウェア

カエ太郎

カエ太郎

ダウンロード

ユーザーの評価:
4.00

評価数:1

対応OS:
Windows 95/2000/XP/Vista/7/8/8.1

指定した場所のファイル名を検索し、検出されたファイルに対してファイル名を「大文字」、「小文字」、「頭1文字のみ大文字」の変換、1~999の連番の付与、フォルダー名の変換、拡張子の変換、日付/時間のタイムスタンプの変換、指定した固定文字の変換・置換、読み取り専用・隠しファイルなどの属性の変換などを行うことができます。
アンドゥ機能により、変換したファイル名を元に戻すことにも対応しています。

提供元:
● Unicode 対応 : ×

カエ太郎 の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(kaetarou.lzh)を解凍し、Kaetarou.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

「検索」タブ

本ソフトを起動すると、「検索」タブが表示されます。 名前、探す場所を入力し、「検索開始」ボタンをクリックします。

「変名」タブ

検索が終わると検索対象のファイルが画面下部にリストされ、「変名」タブが表示されます。

「変名 詳細設定」にチェックを入れ、リネーム方法を選択します。
  • 1) 固定文字1
  • 2) 元ファイル名
  • 3) 固定文字2
  • 4) 連番
  • 5) フォルダー
  • 6) .(ピリオド)
  • 7) 拡張子
  • 8) 日付/時間
  • 9) 文字置換え
「例」にファイル名を適当に入れると、変換後のプレビューを右側に表示できます。

「変換開始」ボタンをクリックすると、「変名確認」ウィンドウが表示されます。
  • 変名のみ … リネームのみ
  • 変名 + ファイルコピー … リネームして、指定フォルダーへコピー
  • 変名 + ファイル移動 … リネームして、指定フォルダーへ移動

「開始」ボタンをクリックすると、リネームを行います。

「日時」タブ

リストのファイルに対して、作成日時、更新日時のタイムスタンプを変更できます。

「属性」タブ

リストのファイルに対して、属性(読み取り専用 / アーカイブ / 隠しファイル / システムファイル)を設定できます。

ユーザーレビュー

  • 4

    カエ太郎1.5を使用。 とりあえず、タイムスタンプの変更を…

    usericon とし(1)Windows 7

    カエ太郎1.5を使用。
    とりあえず、タイムスタンプの変更をメインに使用している。
    Windows7 Home premium 32bitでちゃんと動作している。
    検索も使いやすく、重宝している。
    一括変名も使いやすそう。
    なによりもインストール不要なポータブルソフトであることが気に入っている。