Google カレンダーと同期できるシンプルなデスクトップカレンダー

LilyCalendar

LilyCalendar

ダウンロード

ユーザーの評価:
2.67

評価数:3

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10

Google カレンダーに登録された予定をデスクトップで確認できるガジェットです。自分のスケジュールをいちいち Google カレンダーを開かずに確認できるのが便利です。カレンダー上から予定の登録、編集を行い、Google カレンダーへ同期できます。19種類のスタイル(テーマ)から好みのデザインを選択し、カレンダーを複数配置させることもできます。

提供元:
※ フリー版では Google カレンダーとの同期は2時間ごとになります。

LilyCalendar の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「無料ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールできます。

使い方

初期設定

インストールが終わると初期設定のウィザードが開始されます。
  1. 「初期設定」画面が表示されます。「次へ」ボタンをクリックします。
  2. 「ライセンス設定」画面が表示されます。30日間無料試用できる「プレミアム版」、「ライト版」のどちらかを選択できます。ここでは「プレミアム版」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。
  3. 「スタイル設定」画面が表示されます。19種類の中からテーマを選択できます。後でも変更できるためここでは「Blue」のまま「次へ」ボタンをクリックします。
  4. 「プロキシサーバ設定」画面が表示されます。プロキシを使用する場合は設定した後、「次へ」ボタンをクリックします。
  5. 「Google アカウント設定」画面が表示されます。Google カレンダーに同期させたいアカウントのメールアドレス、パスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックします。
    「このアプリが次の許可をリクエストしています」と表示されるので「承諾する」ボタンをクリックします。
    「このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください」とコードが表示されるので、コピーして画面下部の「認証コード」の欄に貼り付けた後、「次へ」ボタンをクリックします。
  6. 「カレンダ設定」画面が表示されます。同期するカレンダーを選択して「次へ」ボタンをクリックします。
  7. 「完了」画面が表示されます。「完了」ボタンをクリックします。

基本的な使い方

デスクトップにカレンダーが表示されます。

予定を登録する
何も予定がない日にちをクリックすると、予定の入力がポップアップします。
「詳細入力」をクリックすると、予定の詳細を入力できます。

予定を閲覧/編集する
予定の入っている日にちをクリックすると、カレンダー左に予定がポップアップして表示されます。
予定の項目をクリックして既存の予定を編集したり、「予定を追加」をクリックして新規予定を追加したりできます。

表示する月を変更する
カレンダーの「曜日欄」にマウスカーソルを載せると、アイコンバーが表示されます。
左から、前の月を表示、次の月を表示、今月を表示、Google カレンダーを開く、Google カレンダーと同期する、カレンダーの位置を固定する、メニューを開く、です。

また、カレンダー左上の「月」部分で右クリックするか、タスクトレイの LilyCalendar アイコンを右クリックしてメニューを表示できます。
「表示月の変更」から、前の月、次の月、前の年、次の年を選択できます。

スタイルを変更する
表示するスタイル(テーマ)を変更できます。
メニューから「スタイル設定」をクリックして、「スタイル設定」ウィンドウを表示し、全19種類から選択できます。

カレンダーを複数表示する
カレンダーを複数表示できます。
メニューから「ウィンドウ」⇒「新しいウィンドウを開く」をクリックして、複数のカレンダー表示が可能です。

ユーザーレビュー

  • 2

    Win10だからか私の環境のせいか、最小化が変な表示になりま…

    usericon カプラテ(14)Windows 10

    Win10だからか私の環境のせいか、最小化が変な表示になります。
    タスクバーには現れないウインドウ(アプリ)で、”デスクトップの表示”から全てのウインドウを最小化すれば、カレンダーの上部一部だけが切り抜かれた長方形が変な位置に現れます。
    これをダブルクリックすれば定位置に元通り表示できますが気持ち悪い。
    また、Alt+TabでもLilyCalendarが一覧に表示されます。
    前面表示は出来ても最背面表示は出来ません。
    作者様のTwitterでも古い投稿ですが難しいようです。
    https://twitter.com/lilycalendar/status/99459499080941568
    私の希望としては、全て最小化しても消えずにカレンダーを壁紙に貼り付けしたいのですが、
    SamurizeやRainmeterでは日本の祝日対応やイベントのポップアップ表示などかなり労力が要りますので避けました。

    そこで「Show Desktop」という標準の”デスクトップの表示”に機能を追加したものを使ってみました。
    こちらは指定アプリの最小化除外設定ができるので、このLilyCalendarを登録したところWindows再起動の度にClassNameが変わるようで上手い事出来ませんでした。
    同時期に導入した「タスクトレイに天気予報 2」では上手い事出来ました。
    シャットダウンや再起動は使うことがなく、スリープ派の方には良いかも知れません。

    ただ表示のカスタマイズが素晴らしいのでしばらく使っています。
    フォントやサイズ,表示位置,文字や背景の各配色,透過度と自由度が高く、
    最初から入っているスタイルのテンプレートの1つをいじって、Win10に合うシンプルでメトロ風に自作出来ました。
    Googleカレンダーと連動なので
    本の発売日,映画公開日,誕生日,日本の祝日,天気予報などなど…
    iCal,WebCalから見つけて追加したイベントを、日付をポインタしただけでポップアップ表示できます。
    (今はこういうイベント確認はスマホアプリのジョルテを使う方が探しやすく良いかも知れませんが。)
    LilyCalendarのカレンダ設定からも、これら登録したイベントの個別表示オンオフが出来ます。
    無料版だからか、このポップアップ下部にサクラアップスからの広告が入ります。
    有料版では、予定の追加や予定リストという別ウインドウにそれを表示させておく事など出来ますが個人的に必要ないですね。
    最背面表示や常にデスクトップ表示が出来ない事、ウインドウとしての表示の気持ち悪さが残念です。

  • 5

    Googleカレンダーを使用して仕事を管理していますが、最低…

    usericon whitestone(2)Windows 10

    Googleカレンダーを使用して仕事を管理していますが、最低限の機能があるのでとても便利です。
    同期についても無料版は2時間おきですが、自分の場合は今日の予定を入れることはほとんどないのでまったく問題ないです。
    以前は「Chronus」を使用していたのですが、使い勝手が悪いのと、有料にしないと実際はほとんど使えない為こっちに切り替えました。
    満足!

  • 1

    googleと連携できると謳ってますが、逆にgoogleと連…

    usericon syntax(1)Windows 7

    googleと連携できると謳ってますが、逆にgoogleと連携をしないと初期設定画面を消すことが出来なくて煩わしいです(カレンダー機能自体は使えます。)とにかく設定ウィンドウが邪魔で、ウィジェットで画面をスッキリさせたいという本来の目的が果たせません。本末転倒のウィジェットです。
    普通にカレンダーとして使いたい人はインストールしないでください。
    googleアカウントと提携する前提で使用する人にとっては使いやすいんじゃないでしょうか。