ルートキットやワームなどに感染してしまったPCに対して、オフラインで起…

Microsoft Standalone System Sweeper

Microsoft Standalone System Sweeper
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows XP/Vista/7(32/64bit)

ルートキットやワームなどに感染してしまったPCに対して、オフラインで起動してスキャン・駆除できるソフトウェア。CD/DVD、またはUSBメモリにデータをコピーし、Windows起動時にスキャン&駆除処理を行います。

提供元:
Microsoft Corporation.

Microsoft Standalone System Sweeper の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download the 32-bit version」ボタン、または「Download the 64-bit version」をクリックしてダウンロードします。
    ※ 32bit、64bit のどちらかわからない場合はWindowsのバージョンの調べ方を参照してください。
  2. ダウンロードした実行ファイル(mssstool32.exe、またはmssstool64.exe)をダブルクリックします。
  3. 「Welcome」画面が表示され、下記の2点が必要と表示されます。
    ・インターネットに接続していること。
    ・空のCD/DVD、または250MBの空き領域のあるUSBメモリを用意すること。
  4. 「Select media」画面が表示されるので、下記のいずれかを選択して「Next」ボタンをクリックします。
    ・空のCD、または空のDVDを使う。
    ・パスワード保護されていないUSBメモリを使う。
    ISOファイルを作成する(上級者向け)。
  5. ブータブルディスクを作成します。作成完了したら「Finish」ボタンをクリックします。

使い方

  1. 作成したCD/DVD、USBメモリを挿入し、Windowsを起動します。その際にCD/DVD、またはUSBメモリを最初に読み込むようにBIOSの設定を変更しておくことが必要です。
  2. CD/DVD、USBメモリを読み込みます。次のように表示されていきます。
    ・Windows is loading files...
    ・Starting Windows
    ・Standalone System Sweeper
  3. Microsoft Standalone System Sweeper が自動で起動します。「Start full scan」ボタンをクリックすると、ウイルススキャンを開始します。環境にもよりますが、フルスキャンは非常に時間がかかります。フルスキャン以外にもツールバー上の「Scan」ボタン横の▼ボタンをクリックしてクイックスキャンやカスタムスキャンの選択が可能です。
  4. スキャンが完了した場合、画面右上の×ボタンをクリックして画面を閉じると、Windows を再起動します。