AIM、ICQ など複数のプロトコルと互換性を持つ複数アカウント対応のメッセンジャーツール

Miranda IM

Miranda IM
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1(32/64bit)

マルチアカウント対応で同時に複数アカウントでログインできるほか、インスタントメッセージの履歴機能、アイコン・サウンド・無視設定、ファイル転送や表示の微調整など設定画面からカスタマイズ可能。さらにプラグインの追加で機能を追加することができます。

提供元:
● 対応メッセンジャー : AIM, Gadu-Gadu, ICQ, IRC, JABBER, MSN, YAHOO
※ インストール時に「Portable Installation」を選択すると、USBメモリーにインストール可能です。

Miranda IM の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページにアクセスし、リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。

使い方

日本語化手順

  1. Miranda IM 日本語化へアクセスし、日本語言語ファイルをダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(langpack_japan-v12711.zip)を解凍し、日本語言語ファイル(langpack_japan.txt)を Miranda IM のインストールフォルダーにコピーします。
    ※ デフォルトのインストールフォルダーは「C:¥Program Files¥Miranda IM」

基本的な使い方

  1. デスクトップショートカットから起動できます。起動すると新規プロファイル作成画面が表示されます。
    これはデータ保存用に使うものです。プロファイルのテキストボックスに任意の名前を入力し、「作成」ボタンをクリックします。
  2. 「アカウント」画面が表示されます。
    ここで使いたいインスタントメッセンジャーアカウントを登録します。
    画面左下の緑色のプラスボタンをクリックします。
  3. 「新規アカウントを作成する」画面が表示されます。「アカウント名を入力」に表示名(Miranda用の内部的な表示名で相手には通知されません)、「プロトコルタイプを選択」で AIM / GG / ICQ / IRC / JABBER / MSN / YAHOO のいずれかを選択、「内部アカウント名を指定(任意)」は空欄で構いません。
    入力したら「OK」ボタンをクリックします。
  4. すると「アカウント」画面の左側に、いま作成したアカウントが追加されるので、それをクリックして選択します。
  5. 画面右側に「アカウント情報」入力欄が表示されます。
    IDとパスワードを入力します。
    ※ 複数アカウントを追加する場合は、上記作業を繰り返します。
  6. 登録が終わったら「OK」ボタンをクリックします。
  7. タスクトレイのアイコンをクリックして、Miranda IM のメインウィンドウを表示させます。
  8. ウィンドウ左下のアイコンをクリックし、オンライン / 離席中 / 取り込み中 / 不可視 などのいずれかを選択するとログインできます。
    ※ ログインエラーが出る場合はID、またはパスワードを誤っている場合があります。メニューの「Mirandaアイコン」⇒「アカウント」からID、パスワードを確認してみてください。
  9. チャットをしたい場合は表示された相手のアイコンをダブルクリックすると、メッセージを送れます。

※ USBメモリー対応 : Miranda IM Portable

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?