タスクトレイに常駐し、指定した動作をスケジュールどおりに実行できるソフト

Multi Function Alarm

Multi Function Alarm

ダウンロード

対応OS:
Windows 95/98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1
バージョン:
1.77

スケジュールは日付、曜日、時間、毎時、分刻み、毎日などの指定をして、メッセージの表示、音声・動画ファイルの再生、スクリーンセーバーの変更、壁紙の変更、パソコンの終了・再起動などを行うことができます。作成したスケジュールはリストにて一覧表示が可能です。

提供元:

Multi Function Alarm の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(Mfa177.lzh)を解凍し、MFA.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

ユーザーレビュー

  • 2

    いいソフトだとおもうけど、起動するたびに、7の確認ウィンドウ…

    usericon DF(1)Windows 10

    いいソフトだとおもうけど、起動するたびに、7の確認ウィンドウ?
    OKをクリックし続けないと、使用できないので、ものすごく鬱陶しい。
    設定した内容が、ソフト終了すると、消えてしまって、また再度設定しないといけない
    煩わしさ、
    いいソフトとおもうけど、問題が多い

  • 5

    アプリを指定時間に起動したり、コマンドでTASKKILLを実…

    usericon hastaluego(2)Windows XP

    アプリを指定時間に起動したり、コマンドでTASKKILLを実行することにより指定時間に終了させることもできます。複数のアクションをスケジュールさせることにより定期的な単純作業を自動化させることができるかと思います。