Windows の環境変数を編集しやすくする専用エディターツール

Rapid Environment Editor

Rapid Environment Editor
  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1

Windows の環境変数を素早く確認・編集できるエディターソフトです。読み取り専用(編集不可)の環境変数の表示、セミコロンで区切られた変数をツリー状に表示、変数に誤りがある場合はアイコンでエラーを表示するなど、環境変数の編集をより便利にしてくれます。Zipファイルをダウンロードすることで、インストール不要で利用することも可能です。

提供元:

Rapid Environment Editor の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download RapidEE_setup.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(RapidEE_setup.exe)からインストールできます。
    ※ 提供元サイトにて、「Download RapidEE.zip」リンクをクリックしてダウンロードすることで、インストール不要で利用することも可能です。

使い方

日本語化手順

本ソフトの画面上部ツールバーにある「Language」プルダウンをクリックし、「English」から「Japanese」に変更すると日本語表記になります。

ユーザー環境変数を追加・編集する

ユーザー環境変数を追加するには、画面右の「ユーザー変数」の一覧の任意の場所をクリックし、ツールバーの 新しい変数を追加します をクリックするか、メニューバーの「編集」⇒「変数の追加」をクリックして追加できます。

また、ツールバーの 削除 から変数の削除、値を現在の変数に追加します から値の追加などができます。

システム環境変数を追加・編集する

システム環境変数への書き込み、編集を実行するには、管理者として実行する必要があります。
ツールバーの 管理者として実行 をクリックするか、メニューバーの「ファイル」⇒「管理者として実行」をクリックします。
編集方法は、ユーザー環境変数と同様です。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?