USBメモリーのフォーマット、USBメモリー起動ディスクを作成できるソフト

Rufus

Rufus

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
2.16(2017/07/31)

USBメモリーから起動可能な ”起動ディスク” を作成するためのライティングソフトです。既に起動ディスク用のISOイメージが用意してある場合は、USBメモリーを接続し、起動ディスクイメージを選択して「スタート」ボタンをクリックするだけという簡単操作で起動ディスクを作成可能。その他、FreeDOS、DDイメージ、Syslinux、ReactOS、Grub、Grub4DOS などのブートディスクの作成にも対応しており、USBメモリーのフォーマットもできます。

提供元:

Rufus の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Rufus 2.16」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした rufus-2.16.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

ISOイメージファイルから起動ディスクを作成する

  1. あらかじめ ESET SysRescue LiveAvira Rescue System のようなISOイメージを用意しておきます。
  2. PCにUSBメモリーを接続します。
  3. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    「ブートディスクを作る」右のプルダウンをクリックして「ISOイメージ」を選択します。
  4. 「ISOイメージ」を選択したプルダウン右の イメージを選択するためにクリックしてください をクリックして、用意しておいたISOイメージを選択します。
  5. 「スタート」ボタンをクリックすると、ライディングを行います。

USBメモリーをフォーマットする

  1. PCにUSBメモリーを接続します。
  2. 「クイックフォーマット」にチェックを入れ、「ブートディスクを作る」のチェックを外します。
  3. 「スタート」ボタンをクリックするとフォーマットを行います。

対応しているブートディスクの種類

  • FreeDOS
  • ISOイメージ
  • DDイメージ
  • Syslinux
  • ReactOS
  • Grub
  • Grub4DOS
  • UEFI:NTFS
※ FreeDOS はファイルシステム「FAT32」の場合のみ。
※ パーティション構成を「MBR BIOSまたはUEFIコンピュータ用のパーティション構成」から「MBR UEFIコンピュータようのパーティション構成」または「GPI UEFIコンピュータ用のパーティション構成」に変更した場合、ISOイメージ、DDイメージ、UEFI:NTSFのみ選択可能。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?