常に内容を暗号化保護できるテキストエディター

SafePad

SafePad
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.3(2014/06/20)

大切な内容、第三者に見られたくない情報を保存できるパスワード保護機能付きのテキストエディターです。編集した内容を保存すると、パスワードを設定して内容の漏洩をブロックします。パスワードは2つ設定して2重にすることもでき、AES(Advanced Encryption Standard)方式で暗号化されるので安全です。
本ソフトを利用すると保存時に自動で暗号化保護されるため、常に暗号化したい、うっかり暗号化し忘れることがなくなる、ことがメリットとして挙げられます。
海外製で日本語に対応していませんが、そこまで複雑な機能が用意されていないこともあり、比較的扱いやすいソフトです。

提供元:
Stephen Haunts
※ 救済措置がないため、パスワードを忘れると内容を閲覧できないので注意が必要です。

SafePad の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(SafePad 1.3.zip)を解凍し、SafePad.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

保存する
  1. 本ソフトを起動すると、エディター画面が表示されます。
    内容を編集し、次のいずれかの方法で保存します。
    ・ツールバーの Save をクリックする
    ・メニューバーの「File」⇒「Save」をクリックする
    ・[Ctrl] + [S] キーを押す
  2. 「Stage 1: Please enter your document passwords」ウィンドウが表示されます。
    「Password One」のテキストボックスにパスワードを入れます。
    入力する度にパスワードの強度が Very Weak(とても弱い) / Weak(弱い) / Medium(中くらい) / Strong(強い)と表示されます。
    パスワードを2つ設定する場合は「Password Two (Optional)」にもパスワードを入力して「Ok」ボタンをクリックします。
  3. 「Stage 2: Please confirm your document passwords」ウィンドウが表示されます。
    「Password One」のテキストボックスにパスワードを入れます。 パスワードを2つ設定した場合は「Password Two (Optional)」にもパスワードを入力して「Ok」ボタンをクリックします。
  4. 「名前を付けて保存」ダイアログが表示されるので、任意の場所に保存します。

閲覧する
次の方法で保存したファイルを閲覧できます。
  • 本ソフトを起動し、ツールバーの Open Document をクリックする
  • 本ソフトを起動し、メニューバーの「File」⇒「Load」をクリックする
  • 本ソフトを起動し、[Ctrl] + [O] キーを押す
  • 本ソフトのアイコンにファイルをドラッグ&ドロップする

「Stage 1: Please enter your document passwords」ウィンドウが表示されるので、パスワードを入力して「Ok」ボタンをクリックすると内容を閲覧できます。

URLをハイパーリンクにする

次の手順でテキスト中のURLをリンクにできます。
  1. メニューバーの「File」⇒「Properties」をクリックします。
  2. 「Application Properties(アプリケーション プロパティ)」画面が表示されます。
    「Detect URLs in the document(ドキュメント内のURLを検出する)」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

テーマを変更する

メニューバーの「Theme(テーマ)」から背景色、文字色を変更できます。
  • Normal
    通常モードにする(テーマを元に戻したい場合)
  • Invisible Mode
    不可視モードにする(背景白、文字色白)
  • Low Contrast (Dark)
    暗い背景にする
  • Low Contrast (Light)
    少し暗い背景にする
  • Custom Background Color
    背景色を選択する
  • Custome Foreground Color
    文字色を選択する

ツールバーのレイアウトを変更する

ツールバーはドラッグして自在に配置できます。
あらかじめメニューバーの「Window」⇒「Save Toolbar Layout」をクリックしてレイアウトを保存しておくと、元に戻したくなった場合にメニューバーの「Window」⇒「Load Toolbar Layout」から元に戻すことができます。

パスワードを作成する

メニューバーの「Tools」⇒「Generate Password」をクリックすると「Password Generator」画面が表示されます。
  • 「Generate」ボタンをクリックすると、英大文字、英小文字、数字、記号を含むパスワードが自動的に作成されます。
  • スライダーを動かすと、8~64文字までのパスワード生成に対応。
  • 「Single Case」にチェックを入れると、英大文字を除外され、英小文字、数字、記号を含むパスワードが作成されます。
  • 「Insert」ボタンをクリックするか「Password Generator」を閉じると、エディター部分にパスワードが貼り付けられます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?