サンドボックス化された仮想環境でソフトを安全に実行できるようにするソフト

Sandboxie

Sandboxie
  • 海外
  • 日本語○
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード

ユーザーの評価:
4.00

評価数:9

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10(32/64bit)

あらゆるアプリケーションを仮想的に確保した領域で安全に実行できます。そのため、万が一実行ファイル形式のウイルスやスパイウェアを実行してしまった場合でも、仮想化領域を削除してしまうことで、実環境上に影響を与える事はありません。また、Web ブラウザーを仮想上で実行することで、悪意のあるサイトからも PC を守ることができます。

提供元:
※ 本ソフトはシェアウェアですが、30日間無料で試用できます。試用期限経過後はアップグレードする旨の通知がされますが、機能制限はありません。

Sandboxie Isolation Demonstration(デモ動画)

Sandboxie の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、ページ中段の「Download from this site」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(SandboxieInstall.exe)からインストールできます。
    ※ 本ソフトはシェアウェアですが、30日間無料で試用できます。試用期限経過後はアップグレードする旨の通知がされますが、機能制限はありません。

使い方

初回起動

  1. インストール後、本ソフトを起動すると既にインストールされているソフトウェアを分析し、互換性を向上する構成設定を適用する「ソフトウェア 互換性」画面が表示されます。
  2. その後、「概要とチュートリアル」画面が表示され、本ソフトの機能の説明を見ることができます。
    チュートリアル画面は、メニューバーの「ヘルプ(H)」→「概要とチュートリアル(T)」で再度表示させることができます。

仮想環境で Web ブラウジング

Web ブラウザーをサンドボックス化して仮想環境で起動するには、デスクトップに作成された「サンドボックス化した Web ブラウザ」のショートカットから、規定のブラウザー(デフォルトブラウザー)をサンドボックス内の仮想環境で起動させることができます。

ちなみに、規定のブラウザー以外のブラウザーを仮想環境上で実行する手順は次の通りです。
  1. Web ブラウザーのショートカットを右クリックし、「サンドボックス化して実行(S)」をクリックします。
  2. 選択するサンドボックス(ここでは DefaultBox)を選択します。
    ※ 仮想上で起動しない場合は、「サンドボックスの外部で実行」を選択します。
  3. 通常通り Web ブラウザーが立ち上がったように見えますが、Web ブラウザーの外枠部分(上部のタイトルバー部分)にマウスカーソルを持っていくと、外枠に黄色の枠がついて、仮想環境上での実行ということがわかります。

ファイルのダウンロード
仮想環境で Web ブラウザーからファイルを保存すると、「直接リカバリ」画面が表示されます。
「直接リカバリ」により、直接仮想環境ではない環境(以下、実環境)へ保存できます。
  • 同じフォルダに回復 … 画面上部に表示されているパスに保存される
  • 回復するフォルダを選択 … 選択した任意の場所に保存される
「回復(R)」ボタンをクリックすると実環境に保存されますが、「閉じる」ボタンをクリックすると仮想環境内に保存されます。
仮想環境内に保存した場合は、本ソフトのメイン画面(Sandboxie コントロール)を開き、サンドボックスを右クリックして「クイックリカバリ(Q)」より実環境に保存できます。

新規サンドボックスの作成

サンドボックスを複数用意できます。
  1. 本ソフトのメイン画面(Sandboxie コントロール) を開き、メニューバーの「サンドボックス(B)」→「新規にサンドボックスを作成」を選択します。
  2. 新規サンドボックス作成画面が表示されるので、新規のボックス名を入力します。ボックス名には、英数字のみで32文字以下までの名前が使用できます。
  3. 「既存のサンドボックスの設定をコピー:」ドロップダウンで、既存の設定を、新規で作るボックスにそのまま適用できます。
  4. 「OK」ボタンをクリックすると、新規のサンドボックスが追加されます。

サンドボックスの削除

  1. 本ソフトのメイン画面(Sandboxie コントロール)を開き、削除するサンドボックスを右クリックします。
  2. 「サンドボックスの削除(V)」を選択すると、確認画面が表示されるので、「OK」ボタンを押すと削除されます。

サンドボックスの設定

本ソフトのメイン画面(Sandboxie コントロール)を開き、サンドボックスを右クリックして「サンドボックスの設定(S)」を選択すると「設定」画面が表示されます。
主な設定内容は以下の通りです。
  • 表示 … 仮想上で実行しているプログラムの表示方法について設定します。サンドボックス化された枠色の設定や、ウィンドウタイトル上への [#] インジケータの追加有無等を設定できます。
    ※ サンドボックス化されたウィンドウタイトルの最初と最後に [#] インジケータが付加される設定。
  • 回復 … クイックリカバリの監視対象とするフォルダーや、直接リカバリ対象とする拡張子を設定できます。
  • 削除 … 仮想環境の自動削除の設定や、データ削除時のコマンドを指定できます。
  • プログラムグループ … プログラムを特定の単位でまとめて名前をつけることができます。
  • プログラムの開始 … 強制的に仮想環境で動かすフォルダーやプログラムを指定できます。
  • プログラムの終了 … プロセスが残ってしまった場合に強制停止の対象とするプログラムの選択や、リーダープログラムを設定できます。
  • ファイルマイグレーション … 仮想環境上での実行時のファイル容量に制限を設けることができます。ここで設定した容量以上のファイルをやり取りする場合、警告メッセージが表示されます。
  • 制限 … インターネットアクセスや、各権限の設定を行うことができます。
  • リソースアクセス … 仮想環境上からレジストリ等へのアクセスを制限できます。
  • アプリケーション … 仮想環境上でデフォルトで開くプログラム等を指定できます。
  • ユーザアカウント … 本ソフトを使用するWindowsユーザーを制限できます。

ユーザーレビュー

  • コメント

    そうでしたか…完全な対策ではないのですね。 うちのFIRE…

    usericon ウィッチ(6)Windows 10

    そうでしたか…完全な対策ではないのですね。
    うちのFIREFOX 47.0.1ですとカタカナも変換できるようで、気がつきませんでした。(現在 SANDBOXIE上から打ってます。)
    ちなみにうちの10は64bitです。
    レノボthinkcentra i3 4GB
    しばらく様子見ます。

  • コメント

    その回避策は以前からしていますが その方法では完全に日本語…

    usericon Tepodon(4)Windows 10

    その回避策は以前からしていますが
    その方法では完全に日本語入力はサポートされません。
    カタカナなど入力する時に変換出来ない時が結構あり
    例えばおーぶと入力してもオーブとは変換されませず
    何一つ候補が出なくなります(日本語入力が働いていない)

    ウェブ観覧には問題ないですが入力は実質windows10では不便を生じられます。
    それを考慮してもwindows10環境ではマイナスつけたいくらいです。
    無論windows7環境なら☆5付けると思います。

  • コメント

    window10で日本語入力が落ちる症状の回避策を載せている…

    usericon ウィッチ(6)Windows 10

    window10で日本語入力が落ちる症状の回避策を載せているサイトをみつけました。
    やってみたところ正常に動作できるようになりました。

    マルウェアなんでも雑談掲示板
    http://ore-sama123.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=5367431

    >当初、Windows10 64bitのSandboxieブラウザでMS-IME日本語入力をしようとすると、FirefoxもChromeどちらも落ちましたが対処できました。

    以下のところ。

Sandboxie に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 14 件)