Windows システムのシェルエクステンションを一覧表示し、右クリックメニューの表示項目を編集できるソフト

ShellExView

ShellExView
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10

Windows システムのシェルエクステンションを一覧表示し、個別に機能を有効化/無効化できるソフトです。アイコンハンドラ、ドロップハンドラ、コピーフックハンドラ、コンテキストメニュー、サムネイル、シェルフォルダなどの種類からコンテキストメニューの項目を無効化することで、不要な右クリックメニュー項目を非表示にできます。右クリックメニューに表示したくない項目や、アンインストール後に右クリックメニューに余計なメニューが残ってしまっている項目などに役立ちます。

提供元:

ShellExView の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、ページ下部のダウンロードリンク( 32bit 版の場合は「Download ShellExView in Zip file」リンク、64bit 版の場合は「Download ShellExView for x64」リンク)をクリックしてダウンロードします。
    ※ お使いのOSが 32bit 版か 64bit 版かわからない場合、Windows バージョンの調べ方を参照してください。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(shexview.zip または shexview-x64.zip)を解凍し、shexview.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

日本語化手順

  1. フリーソフトの書架へアクセスし、「日本語化ファイル」下のリンククリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(shexview_japanese.zip)を解凍し、shexview.exe と同じ場所に解凍した shexview_lng.ini をコピーします。
  3. 本ソフトを起動すると日本語化されていることを確認できます。

不要な右クリックメニュー項目を非表示にする

右クリックメニューの不要項目を非表示にします。
※ この例では PDFCreator の「Convert with PDF Creator」の項目を非表示にしていきます。

  1. 本ソフトを起動すると、次の項目が表示されます。
    拡張名、状態、種類、説明、バージョン、製品名、会社名、マイコンピュータ、デスクトップ、コントロールパネル、マイネットワーク、ネットワーク絶対、リモートコンピュータ、ファイル名、CLSID、ファイル作成日時、CLSID 更新日時、Microsoft、ファイル拡張、ファイル属性、ファイル容量、.NET 拡張、デジタル署名、不足しているファイル

    上記のうち、「種類」をクリックして種類順にソートします。
  2. 種類に「コンテキストメニュー」が表示されているものの中から、PDFCreator が含まれている項目を右クリックし、「選択項目を無効にする」をクリックします。
  3. 選択項目を無効にすると、「無効」の項目が「はい」に切り替わり、項目全体がグレーで表示されます。
  4. 右クリックメニューから不要項目が表示されなくなっていることを確認できます。
    ※ 不要項目が非表示にならない場合、Windows を再起動することで非表示にできる場合があります。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?