フォルダー構造をツリー表示し、CSV / テキスト / HTML / Excel 出力できるソフト

StructureT-Maker

StructureT-Maker

ダウンロード

対応OS:
Windows 95/98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
2.0.0(2010/06/06)

ドラッグ&ドロップでファイルやフォルダーを追加していき、ファイル一覧表を作成できます。あらかじめ取込フィルタをセットしておけば、不要なファイルフォーマットを除いた必要なファイル構造のみのリスト作成が可能です。

提供元:
Marial Fox

StructureT-Maker の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(StructureT-Maker.zip)を解凍し、StructureT-Maker.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。
    ※ 動作に必要なソフト : .NET Framework 2.0以上

使い方

ファイルリストを作成する

  1. StructureT-Maker を起動するとメイン画面が表示されます。
    ファイルやフォルダーをドラッグ&ドロップします。
  2. ポップアップメニューが表示されます。
    最初は下記のどちらを選択しても構いません。

    選択中のフォルダー以下に一覧を作成
    既にツリービュー表示されている場合、選択しているフォルダー以下にファイルやフォルダーを追加します。
    新たに一覧を追加(通常)
    既にツリービュー表示されている場合、最上位にファイルやフォルダーが追加されます。
  3. 取り込まれたファイル・フォルダーのツリービューが表示されます。
    プラスアイコンやマイナスアイコンのクリック、またはフォルダー名をダブルクリックすると、ツリーを展開したり畳んだりできます。
  4. 画面右下の「ツリーを出力する」ボタンをクリックしてファイル一覧のリストを出力できます。
    出力するフォーマットは画面右上の「HTMLで出力」が選択されているプルダウンから変更できます。
    CSV、テキスト、HTML、Excel のいずれかから選択できます。
    「フォルダー構造をコピー」を選択すると、フォルダー階層構造が作成されます。

フィルタ

フィルタ機能も備えており、ファイル・フォルダー取り込み前に画面右の「取込フィルタ」の「使用する」にチェックを入れ、「SET」ボタンをクリックして取り込み対象の拡張子を設定できます。

ツリーの拡大表示

画面中央下部の「ツリーを拡大表示」ボタンをクリックすると、フォルダーツリーを拡大表示できます。
また、「表示中のツリーを画像として保存する」ボタンをクリックすると、フォルダーツリーのイメージ画像をJPEG / BMP / PNG / GIF で保存できます。

ユーザーレビュー

  • 4

    読み込みフォルダ内に.xlsファイルがあると、必ず取り込み不…

    usericon mouja01(1)Windows 8/8.1

    読み込みフォルダ内に.xlsファイルがあると、必ず取り込み不能というエラーが出る。

  • 5

    すばらしい!こういうの探してました。

    usericon イイネ(1)Windows 8/8.1

    すばらしい!こういうの探してました。

  • 5

    使いやすい リンクがとてもいい Excelで編集しやすい…

    usericon さいこー(1)Windows 7

    使いやすい
    リンクがとてもいい
    Excelで編集しやすい
    どれを取っても、すばらしい