Web制作やアプリ開発などのコーディングで役立つ、強力な編集機能が魅力の”恋に落ちるテキストエディタ”

Sublime Text

Sublime Text
  • 海外
  • 日本語△
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

対応OS:
Windows(32/64bit), Mac OS X 10.7以降, Linux

レイアウト分割による複数ファイルの同時編集、画像のプレビュー表示、複数ファイル検索(Grep検索)、範囲選択するだけで素早く検索できる「Quick Find」など様々な機能が用意されていますが、複数個所を選択して同時編集できる「Expand Selection to Word」が便利な特徴の一つです。複数個所を同時に選択して、同時編集できます。
Sublime Text では、パッケージを追加して機能をどんどん追加していけます。例えば、エディタ上からサーバーへのファイル転送や同期ができる「Sublime SFTP」、HTML入力のスニペット入力が非常に簡単になる「Emmet」などを利用できます。パッケージは2014年4月段階で2,000以上も公開されています。
他にも、Windows / Mac / Linux のクロスプラットフォームに対応していたり、PHP や C# などの言語ごとに表示設定を変更したり、テーマを変更して好みの背景色、文字色に設定したりなど、使いやすい機能が詰まっているだけでなく、パッケージを追加して自分好みにカスタマイズしていけるのが魅力です。

提供元:
※ 本ソフトはシェアウェアですが、体験版は何回かに1回保存時に購入ダイアログがでるものの、制限なく利用できます。
※ ここで紹介している機能は、バージョン3 以降のものです。

Sublime Text の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、Windows 32bit の場合は「Windows」リンク、64bit の場合は「Windows 64bit」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ お使いのOSが 32bit か 64bit かわからない場合は、Windows バージョンの調べ方を参照してください。
    ※ USBメモリーで利用できるポータブル版を利用する場合は、「portable version」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールできます。

使い方

パッケージを追加する

パッケージを追加するには、Package Control を利用して Sublime Text 上からインストールする方法が主流です。
Package Control をインストールする
  1. Package Control の インストールページへアクセスし、以下のように掲載されているコードをコピーします。
    import urllib.request,os,hashlib; h = '7183a2d3e96f11eeadd761d777e62404' + 'e330c659d4bb41d3bdf022e94cab3cd0'; pf = 'Package Control.sublime-package'; ipp = sublime.installed_packages_path(); urllib.request.install_opener( urllib.request.build_opener( urllib.request.ProxyHandler()) ); by = urllib.request.urlopen( 'http://sublime.wbond.net/' + pf.replace(' ', '%20')).read(); dh = hashlib.sha256(by).hexdigest(); print('Error validating download (got %s instead of %s), please try manual install' % (dh, h)) if dh != h else open(os.path.join( ipp, pf), 'wb' ).write(by)
    ※ コードは変更されている可能性があります。必ず、Package Control の インストールページからコピーしてください。
  2. Sublime Text を開き、[Ctrl] + [@] キーまたはメニューの「View」⇒「Show Console」をクリックします。
  3. 画面下部に「コンソール」が表示されるので、そこに先ほどコピーしたコードを貼り付けて [Enter] キーを押します。
  4. Package Control がインストールされます。再びメニューの「View」⇒「Hide Console」をクリックしてコンソールを非表示にできます。

パッケージ「EMMET」をインストールする
ここで HTML/CSS を簡単に入力できるようにするパッケージ「EMMET」をインストールします。
  1. [Ctrl] + [Shift] + [P] キー、またはメニューの「Tools」⇒「Command Palette」をクリックします。
  2. コマンドパレットが表示されます。「Package Control: Install Package」をクリックします。
  3. コマンドパレットのような画面が表示されます。ここからパッケージをダウンロード、インストールできます。「emmet」と入力して表示される「EMMET」をクリックします。
  4. インストールが完了すると、「Package Control」メッセージが表示されます。
※ 上記手順でパッケージを追加していけます。

EMMET の使い方
EMMET をインストールすると、以下のようにタグを簡単入力できるようになります。
「⇒」の左の文字を入力してタブキーを押すと、「⇒」の右の文字に変換されます。
HTMLファイル
  • html>body ⇒ <html><body></body></html>
  • header>ul>li.sub$$*4^div.test ⇒ <<55>
CSSファイル
  • w100 ⇒ width:100px;
  • p10 ⇒ padding:10px;

テーマを変更する

デフォルトでは黒基調のテーマ(Monokai)ですが、メニューの「Preferences」⇒「Color Scheme」から他のテーマに変更できます。

他のテーマをインストールする
Sublime Text ユーザーが作成したテーマをインストールすることで、デフォルトで用意された以外のテーマを利用できます。
  1. [Ctrl] + [Shift] + [P] キー、またはメニューの「Tools」⇒「Command Palette」をクリックします。
  2. コマンドパレットが表示されるので、「Package Control: Install Package」をクリックします。
  3. コマンドパレットのような画面が表示されるので、「theme」と入力すると、「Theme - Afterglow」、「Theme - Argonaut」と言ったテーマがずらりと並びます。この中から任意のものをクリックしてインストールします。ここでは「Theme - Flatland」をクリックします。
  4. テーマがインストールされたら、メニューの「Preferences」⇒「Settings - User」をクリックします。
  5. 次のコードを入力して保存すると、Flatland テーマが適用されます。
    {
    "theme": "Flatland Dark.sublime-theme",
    "color_scheme": "Packages/Theme - Flatland/Flatland Dark.tmTheme"
    }

    さらに次のように1行を追加すると、タブの角丸がフラットになります。
    {
    "theme": "Flatland Dark.sublime-theme",
    "color_scheme": "Packages/Theme - Flatland/Flatland Dark.tmTheme",
    "flatland_square_tabs": true
    }

基本的な機能

Sublime Text では、便利な編集機能が標準で備えられています。
選択範囲を拡張する(Expand Selection to Word)
選択した文字列と同じ文字列を選択できる機能です。例えば、1つのファイル内に”html”という文字列が複数あった場合、1つの”html”を範囲選択して [Ctrl] + [D] キーを押すと、その次の”html”も選択されます。つまり、2つの”html”という文字列が選択状態となります。
この状態で、”abc”と入力した場合、選択されている2つの”html”が同時編集され、ともに”abc”に置き換わります。

複数個所を同時編集する
任意の箇所を [Ctrl] キーを押しながらクリックすると、複数の箇所にキャレットを置くことができます。その状態で”abc”と入力すると、キャレットのある位置に”abc”を入力するなどの編集が可能です。

プロジェクト
Sublime Text にフォルダーごとドラッグ&ドロップすることで、プロジェクトとして利用できます。
サイドバーにファイル構造がツリー状に表示され、サイドバー上から開きたいファイルを素早く開くことが可能です。

便利なパッケージ

2,000以上のパッケージが公開されていますが、便利なパッケージをいくつかご紹介します。
  • BracketHighlighter … 対になっているタグをハイライトしてくれる
  • Emmet … HTMLスニペットをショートコードで素早く入力できる
  • Emmet Css Snippets … CSSスニペットをショートコードで素早く入力できる
  • IMESupport … 日本語入力時にデスクトップ左上に表示されてしまう入力文字列を、入力してる場所に表示するよう修正できる(※Windowsのみ)
  • Japanize … 日本語化できる(※一部非対応)
  • SFTP … SFTP転送/同期を行える
  • SideBarEnhancements … サイドバーの右クリックメニューを拡張できる
  • Sublime Linter … 文法チェック
  • Tag … 閉じタグを自動補完してくれる
  • TrailingSpaces … 不要な半角スペースをハイライトしてくれる

ショートカットキー

Sublime Text は、ショートカットキーを覚えることで、飛躍的に便利になります。
ここではショートカットキーの一部をご紹介します。
※ Mac では [Ctrl] キーを [Command] キーに置き換えて実行できます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?