ユーザーエージェントを偽装し、iPhone / iPad / Android での表示を確認できる Chrome 拡張機能

User-Agent Switcher for Chrome

User-Agent Switcher for Chrome
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
1.00

評価数:1

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1

ユーザーエージェントを変更し、Chrome 以外のブラウザー、デバイスでアクセスしているように見せられる拡張機能です。対応しているのは Chrome / Internet Explorer 6/7/8/9/10 / iOS (iPhone / iPad) / Android / Windows Phone / Firefox (Windows / Mac) / Opera / Safari (Mac) です。オプションからユーザーエージェントの追加、編集、削除が可能です。

提供元:

User-Agent Switcher for Chrome の使い方

ダウンロード

ChromeChrome ウェブストアへアクセスし、「CHROME に追加」ボタンをクリックしてインストールします。

使い方

本拡張機能を追加すると、Chrome の画面右上に Chrome UA Spoofer アイコンが追加されます。
アイコンをクリックすると、プルダウンメニューが表示され、次の中からデバイス、またはブラウザーを選択できます。

  • ユーザーエージェントを利用してスマートフォンページやタブレットページへ切り替えているウェブサイトであれば、iOS / Android を選択すると表示が切り替わります。
  • Internet Explorer のバージョンを切り替えてウェブサイトの表示チェックが可能です。
  • 元の表示に戻すには、Chrome を選択します。

ユーザーレビュー

  • 1

    この機能拡張を入れてiPhoneにしてgoogle検索すると…

    usericon したらば35(1)Windows 7

    この機能拡張を入れてiPhoneにしてgoogle検索するとフィッシングサイトへ必ず飛ばされます。