owl さんのマイページ

レビュー 総合32 36 位 / 6,781人) / 2017年度1 7 位 / 57人
年齢 60代 性別
地域 生誕地は「大阪」>現在地は「関東」 職業 -
URL -
オフコン NEC-5200 を皮切りに、プライベートでは、Macintosh-SE / DynaBook-EZ / PC-98 / Win3.1 / 95 / 98 / iMac / XP / 8 > 8.1 > 10 > 8.1 と ipad の所有歴です。
四半世紀前の一時期、畑違いながらも「リレーショナルデータベース」でのプログラムを作成・運用する業務を特任し、イントラネットプロジェクトリーダーとして IT 標準化を担った経歴を有します。その知見から、プライベートでも MS-Access でのプログラムづくりに熱中し、Windows に資源を集中させることになりました。一貫して、オフラインで完結させてきましたが・・・、愛用していた XP 機の HDD が寿命を迎え、新規で購入するネガ/ポジフィルムスキャナーが、Win7+ 仕様だったため、止むを得ず、Dell で期間限定特価だった Win8 の Ultrabook を 2.8 万円で直販購入し、今に至っています。

仕様は、Windows 8.1 64-bit/Intel Core i3-3227U CPU @1.90GHz/4.00GB シングル-Channel DDR3 @ 798 MHz/465GB ST500LT012-1DG1 (RAID)/8GB SSD PM830 mSATA (RAID)/Generic PnP Monitor (1366x768@60Hz)/Intel HD Graphics 4000 (Dell)/TSSTcorp DVD+-RW SU-208BB/IDT High Definition Audio CODEC/HDMI 端子×1/USB3.0 スロット×5/SD/MMC-M5/Pro×1/AUX 端子×1 です。

しかし、当世では(機能を活用する上で)オンライン接続を避けられず、面倒な対策も生じています。
internet によって、「Global」と「Real-Time」の両立化が到来し、便利にはなりました。しかし、悪意もグローバル化し、厄介で深刻な状況です。
とりわけ “個人の権利の保護” に重大な関心を持っています。「その権利」を蔑ろにする Vendor の利用を制限しています。Internet-Explorer、Bing そして Chrome を利用していた際には、「Add 表示」と「Tracking」に悩まされ、また偽装表示(XSS)による「Malware 被害」を幾度も経験しました。この問題は「宿命」と思っていましたが・・・・・。

苦い経験を重ねた結果、mozilla の商品群(CyberFox intel 64 + DuckDuckGo Plus、Thunderbird & Enigmail)に特定化し、オープンソースのアプリケーションソフトウェアを主体に収斂させ、無用なものやリスクの顕在化するアプリや機能を徹底排除し、Wi-Fi 機能/Bluetooth/カメラ機能などのリスク要素を切断し、レジストリに手を加え、「KeePass」と「VeraCrypt」を多重構成した 6段階のログインシステムを自製し、Tor Browser 同様の多重 VPN ・・・、と Security & 快速性を重視したカスタマイズ化を図っています。
連れ合いが、国際的メジャー企業の現役の IT エンジニア(エキスパート)なので、彼女がハッキングできないようなシステム化を「Security 対策の指標」に、互いに切磋琢磨しています。そのため第三者には、ログインは疎か、操作も不可能な特異なノート PC に至っています。
因みにパーソナル・コンピュータでの日常用途は、①資産管理、② JPEG 画像管理、③交信・交流手段、④情報収集、⑤通販、決済機能です。
●通信管理(監視と制御)は、「Process Hacker 2」を常駐させ、モニタリング。
●Security-Soft は、Norton Internet Security/COMODO Internet Security/BitDefender AntiRansomware を多重常駐。サブ機能として、herdProtect/Malwarebytes Anti-Malware/SUPERAntiSpyware/chrome_cleanup_tool で、時折、スキャニングしています。
このシステム構成に変遷以降(2016/10/14.現時点までの 2年間余り)は、「不審な通信」も「Malware の侵入」もシャットアウト(完封)出来ており、「快適」と「安全」の両立を実証できています。

余談ですが、Win10 は、8月末までの 2ヶ月間余りをアップグレード特典で使用してみました。しかし・・・、Microsoft に対する信頼度(下記の「※主観」に相当)の疑念を深めることになり、結局、起動も応答性も圧倒的に「高速」で「カスタマイズの自由度」に優れる Win8.1 にクリーンインストールをし直しました。アップグレード履歴を抹消したので、8.1 で全うする覚悟です。(サポート終了後は、Linux への移行を念頭に置いていますが、昨今は、ハイテクものへの興味よりもアナログの魅力に関心が深まっているので、PC Life はフェードアウトしていくかもしれませんが・・・)

◆Review に当たって
「公正」を旨とし、具体的事実を簡潔明瞭に記述し、他者にとっても参考の一助になるよう努めます。しかし、テスターや其の類の専門家ではありません。あくまでも「実用の過程」でのインプレッション(印象と評価)にとどめます。そのため、厳密さの点では不十分かとは思われますが、「分相応」であるべきと(無責任な立場の者が、プロフェッショナル気取りで、「可否判断」領域に踏み込むべきではない)の一線を設けています。曖昧な表現があり得ますことをご了解願います。

◆評点について:“実用上の主観的な印象” による評価です。
※主観とは「プライバシー保護>サポート能力>実機能の真っ当度>使い勝手>その他」の観点です。
★5:満足>推奨したい!
★4:納得>お薦めできる
★3:可もなく不可もなし
★2:不満>推奨できない
★1:論外>注意喚起!
このため、★5と★1についての投稿が優先されます。

以上、ご挨拶まで
(記事更新日:2016/10/14)
平均評価
3.65
(3.65)
5つ星
9 (28.1%)
4つ星
2 (6.3%)
3つ星
0 (0.0%)
2つ星
3 (9.4%)
1つ星
3 (9.4%)
コメント
15 (46.9%)

owl さんのレビュー一覧

  • 5

    セキュリティソフトとして、十二分に信頼できる。 しかし「付…

    usericon Windows 8/8.1

    セキュリティソフトとして、十二分に信頼できる。
    しかし「付録」も凄い!
    単体でも傑出した作品が、抱き合わされており、まるで「宝箱」のようなアプリ。しかも無償!

    その一端を紹介
    「高度なタスク」>
    ①レスキューディスクの作成
    ②ファイルの送信
    ③システム動作の監視
    ④エンドポイントの削除
    ⑤タスクマネージャーの実行
    ⑥詳細設定を開く

    ③>「Comodo KillSwitch」が起動する(非常駐型/単独起動可/リソース量は、20MB±)
    コンピューターの詳細監視&分析と仔細な管理が可能になる。
    「タスクマネージャー」+「パフォーマンスモニター」+「Windows Performance Toolkit」を組み合わせた機能よりも高機能・高性能で、常用していた「ProcessHacker」に比肩。
    知見上、プロセス(タスク)マネージャーの決定版。

    ④>「Comodo Cleaning Essentials」が起動する(非常駐型/単独起動可)
    システム深部(隠しファイル、圧縮ファイル、レジストリキー、ルートキットなど)を徹底スキャンできる。
    完全スキャン実行時(所要3時間強)、リソース量 200MB±。終了時の(シャットダウンなどの)動作選択はできない。
    決して高速ではなく、リソース量も大きいが、スキャニング能力は申し分がない。
    その上、右上の「ツール」からは、③や「AutoAnalyzer」を呼び出せる。

    機能解説や使い方は、
    http://freesoft-100.com/review/comodo-cleaning-essentials.html
    http://www.gigafree.net/security/antivirus/comodocleaningessentials.html
    に、詳しい。

  • 5

    「PC」ライフは、敢えて「用途」を限定しているので、必要とす…

    usericon Windows 8/8.1

    「PC」ライフは、敢えて「用途」を限定しているので、必要とする「手段&機能」も限定的で、そのためのサードパーティアプリ は、取捨選択し、厳選し、数える程度に収斂しています。
    アプリの制御、フォルダー/ファイルへのアクセス、プログラムの実行などは、hide 化設定のタスクバー(へのピン留め)とショートカットキー、スタート(メニュー)から不足を感じたことがありませんでした。
    しかし、見識豊かな Gonbe さんが、このアプリ(ランチャー機能)を必需品と絶賛していたので、試してみることにしました。

    ◆試行して二日間ですが、確かに「有用性」を実感しました。
    ◇デスクトップ周りは「ごみ箱」ぐらいで、各アクセス先は「One Shot 化」しているので、機能向上は?でしたが、しかし、どのポジション/状況からでも「ランチャー」を起動できるので、大変重宝します。
    しかし従前からの手法が、すっかり身に付いているので、「パブロフの犬」如きに、ショートカットキーで操作してしまい・・・(笑)

    ★デスクトップを「Shortcut」だらけにして、カルタ取りのようにアクセスするよりも格段に、機能的です。至れり尽くせりの「機能」が満載されており、しかも十分に合理的です。リソース量も 0.1MB ほどで・・・、秀逸なアプリです。

    【ご参考までに】
    ◆右クリックメニューから
    ◇ヘルプ>「Howto」が懇切丁寧に、詳述されています。
    ◇ページ追加>新規の「ページ」を追加できます。
    ◇オプション>
    エッジ:周囲と四隅に、表示方法を任意設定できます。
    スキン:「Vista-style」に落ち着きました。
    デザイン2:ボタンやタブのデザイン変更ができ、「全ページ共通」から連動変更できます。

  • コメント

    > ttn さん:テスト版?の日本語ファイルで良ければ在りま…

    usericon Windows 8/8.1

    > ttn さん:テスト版?の日本語ファイルで良ければ在ります。
    https://github.com/JustOff/pale-moon-localization/releases.atom

    ◆ 27.0.0_RC14(released this Dec 19, 2016/Source: Pale Moon 27 Localization Project, support: forum) Japanese /complete(完成度)100%/Verify(実証状況)0%/ ja.xpi
    となっていましたが、「公式」forum でのもので、作成中の β 版のようです。

    ◆助言通り、日本語化が実現でき、懸念される不具合も認められませんでした。
    おそらく、年末年始頃には、正式版がリリースされそうですが・・・

    下記に、更新方法を紹介します。
    ① ja.xpiをダウンロードし> C:¥Program Files (x86)¥Pale Moon¥dictionaries にコピペ。
    ②「Pale Moon locale switcher」をダウンロードし> C:¥Users¥○○○○¥AppData¥Roaming¥Moonchild Productions¥Pale Moon¥Profiles¥○△□.default にコピペ。
    ③ブラウザ(Pale moon)を起動。
    ④左上の「Pale moon タブ」のプルダウンメニュー>「Open File」> ①の「ja.xpi」を選択・実行。
    ⑤同様に、「Open File」> ②の「Pale Moon locale switcher」を選択・実行。
    ⑥ブラウザを再起動すれば、「日本語版」が実現します。

    末尾ながら ttn さんに、感謝を申し上げます。

  • 2

    「Security」Soft は、Norton intern…

    usericon Windows 8/8.1

    「Security」Soft は、Norton internet Security/Comodo internet Security(無償版)/BitDefender Anti-Ransomware を「常駐」併用し、他に、Malwarebytes/herdProtect を「非常駐」の組み合わせです。
    常駐もので、ここ 2 年間を「完封」できているので、非常駐ものは「お蔵入り」状態です。
    しかし先日、「PC」を Refresh したく、不要な物などを一掃し、再構成し直しました。
    その際「Malwarebytes」が、最新版に更新されてしまい・・・、折角だからと「トライアル版」を試してみました。

    「マルチレイヤーで、究極の Security を実現」との謳い文句だが・・・
    常駐直後、「Rizone Memory Booster」がメモリーオーバーの警告を連発。
    リソースモニターは、400MB±/Malwarebytes を表示!
    大昔の「McAfee」を彷彿する大食いさで、唖然とした。

    因みに、Norton:14MB±/BitDefender:1MB±/Comodo:18MB± ほどのリソース量で終始しています。
    ☆今秋、Norton は(メジャーアップグレードで)格段に軽快になった。そのうえ「PC」Refresh 時に気付かされたが、システムの隅々まで張り巡らされていたこと(マルチレイヤー)も。

    ◆結論(私見)
    二日間ほど試行錯誤したが、無償版「非常駐」にダウングレードした。
    投稿状況からは「Avira」や「Avast」なども有償版は、スーパーヘビー級に変身するようで・・・?!。
    「Norton」の更新期限が迫っていたので、再検討をしていたが、『お高い!/重い!』と揶揄されている Norton が「主役の座」を譲ることはなかった。

  • 5

    マルチメディアプレイヤーは、軽快で、万能な「VLC Medi…

    usericon Windows 8/8.1

    マルチメディアプレイヤーは、軽快で、万能な「VLC Media Player」を常用しています。しかし、動画再生では「MPC-BE」も好んで使用しています。
    ◆「MPC-BE」は、マルチ再生が可能/外部デコーダ「ffdshow」の組み込みで、機能向上を図れる/高度なカスタマイズが可能/etc、が(対「VLC」の)優位点です。しかし、普通に使う分には、どうでも良いような「差」です(私見)。
    ◇「MPC-HC」と比較されますが、「HC」は開発・更新が終了しています。
    一方の「BE」は、「HC」をベースに/オープンソースプロジェクトで/開発・更新が継続中です。「Howto」に大差はありません。「価値観」と「嗜好」の問題です。

    ◆前投稿者 Gonbe さんの「見解」を共有します。

    【参考に】
    MPC-BE ://www.gigafree.net/media/MediaPlayer/MPC-BE.html
    使い方と設定方法について ://aviutl.info/mpc-hc/
    MPC-HC/BEからffdshowを使用する設定方法 ://aviutl.info/mpc-hc-ffdshow/
    ffdshowとは?インストールとダウンロード方法について ://aviutl.info/ffdshow/
    Toolbar images https://trac.mpc-hc.org/wiki/Toolbar_images
    ※(URLは、2件までの)制限事項により「http」を割愛しました。

  • コメント

    追記 ◆サイドバーは、「レガシー版」を選択すれば、実装可能…

    usericon Windows 8/8.1

    追記
    ◆サイドバーは、「レガシー版」を選択すれば、実装可能で、相応に機能します。
    ◇「All-in-One Sidebar」>「0.7.21.1-signed」https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/all-in-one-sidebar/versions/?page=1#version-0.7.21.1-signed
    ◇「OmniSidebar」>「1.4.7.1-signed」https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/omnisidebar/versions/?page=1#version-1.4.7.1-signed

  • コメント

    v27.0.3 がリリースされましたが、依然として「英語版」…

    usericon Windows 8/8.1

    v27.0.3 がリリースされましたが、依然として「英語版」のみです。
    しかし、v27 のメジャーアップデートは「中庸路線」を宣言し、不特定多数者向けに「ユーザー・エクスペリエンス」の見直しが図られ、
    ①「Menu」や「Option」内容などが、Firefox に準じた項目に改められました。
    ②「ECMAScript6」互換や、
    ③「Firefox 互換モード」(※)を実装したため、各サイトへの接続性の問題も解消されました。
    (※)サイトが要求する「UserAgent」を(「Pale Moon」改め)「Firefox」からと偽装化して送信する仕組み
    ④ビデオ再生問題の対策「Media Source Extensions」の実装も効果的のようです。

    ◆ Update(更新)の都度、操作性が改善され、安定性が向上し、「成熟感」の高まりを実感します。
    ◆前回、「Mozilla(Firefox) Add-ons Site」からの選択品「Thumbnail Zoom Plus」が互換不全で無効化され、レガシー版(v4.0 > v3.7)の選択を余儀なくされましたが、「新版(v27.0.3)」では、完全互換の修正が成されていました。
    ◆一方、Firefox 時代から愛用していた Themes(テーマ/スキン)の「FT DeepDark」は、互換不全(無効化)になってしまったので、止む無く、他を当たったところ・・・
    ◇「Pale Moon Add-ons Site」(Extension/Themes/More/Resources)からの「XMoon」https://addons.palemoon.org/themes/xmoon/ に落ち着きました。
    「Mac」風のデザインで、レイアウト/ボタン処理/色調もバランスが良く、美しく、気に入りました。お薦めします。

  • コメント

    前言の「訂正」があります。 訂正箇所> 【新版の Rev…

    usericon Windows 8/8.1

    前言の「訂正」があります。
    訂正箇所>
    【新版の Review 】
    ③アドオン SDK 拡張(JetPack 拡張)のサポートを打ち切ったため、SDK 拡張で互換させていた「Mozilla(Firefox)Add-ons」は、使用不能になった。> Copy Extensions to Clipboard/Decentraleyes/Random Agent Spoofer/Self-Destructing Cookies/Thumbnail Zoom Plus

    との記述中、「Thumbnail Zoom Plus」は、(SDK 拡張での互換)対象外でした。
    ◆再度、「無効化」されてしまったものを個別に検証するなかで、判明しました。
    ◇アドオンの更新機能を「全自動」にしているので、Pale Moon 27 へ更新された際、実装していたアドオンも連動して、Firefox「27+」互換に「Update」されました。
    ◇この結果、Thumbnail Zoom Plus が 3.7 > 4.0 となり、Pale Moon での互換不全になり、「無効化」されたことが原因です。レガシー版(Thumbnail Zoom Plus 3.7)を選択すれば、利用は可能です。
    ◇ Pale Moon 27 は、Firefox 27 に互換しますが、アドオンによっては、Firefox「24」以下の選択が必要になるようです。因みに、SDK 拡張(JetPack 拡張)を利用したアドオンは、レガシー版も存在しません。

  • コメント

    メジャーアップデート版「v27」がリリースされています。 …

    usericon Windows 8/8.1

    メジャーアップデート版「v27」がリリースされています。
    文字通り、大規模に「更新」がされており、(更新時には)注意が必要です。
    それらのすべてが、公式 HP で詳述されていますが・・・、
    『英字記述であり、FAQ も含めて通読することは、大変』とのユーザーが多数存在するようなので【主要な変更点】を抜粋し、後述します。

    【新版の Review 】
    ◆ 45 日前から(一年ぶりに)Pale Moon を使い始めました。
    その起動の「疾さ」、応答性の「俊敏さ」、リソースの「少なさ」、アドオンバーなどのタブの「便利さ」は、目を見張るものがあり、「基本」パフォーマンスの素晴らしさには、満足しています。
    ◇しかし、常用するなかで、マイナーな不満点:① XSS を検知すると強制機能停止を行なうため、再起動が必要になる。②応答中に何等かのアクションを行うと応答不能になりがち。も浮き上がりました。
    ◆一週間前、Update 通知がポップアップしたため、Release Notes を確認した上で、即時「更新」を行った。
    ◇「基本」パフォーマンスの素晴らしさは、不変で、マイナーな不満点がほぼ解決されていたので、十分納得できる仕上がりでした。が、既存ユーザーの一部には「戸惑うかもしれない変更点」があります。
    ①大規模な仕様変更のため、他言語パックが間に合っていない。
    ②新規のフォーマットに更新されるため「起動不能」になる。事前に「フォーラム FAQ」で対処法の確認が必要。
    ③アドオン SDK 拡張(JetPack 拡張)のサポートを打ち切ったため、SDK 拡張で互換させていた「Mozilla(Firefox)Add-ons」は、使用不能になった。> Copy Extensions to Clipboard/Decentraleyes/Random Agent Spoofer/Self-Destructing Cookies/Thumbnail Zoom Plus

    【特記事項】
    ◆ Pale Moon は、アドオンの制御機能やタブを多用する「パワーユーザー」をターゲットユーザーとして、企画された「専用仕様」です。汎用仕様の Firefox とは、性格が異なります。
    一部のユーザーからは Firefox や他の fork 版とのライバル(競合)視で見られているが、それらとの「対立関係」は一切無く、ユーザー層(多数者向けの「汎用企画」/少数者向けの「専用企画」)に応じた「補完関係」です。ユーザーのお好みで、選択する「ラインナップのひとつ」です。そのために、mozilla は fork(枝分かれ、派生)版の開発を奨励しています。
    ◆ Pale Moon forum について
    ◇「FAQ」(Frequently Asked Questions) https://forum.palemoon.org/faq.php
    ◇「Board rules」 https://forum.palemoon.org/app.php/rules?sid=990c5dfd8d9f371a87f39d283ab81d82


    【主要な変更点】
    Pale Moon:Release notes より(意訳)
    ◆ 27.0.1 (2016-11-28)
    これは、新しいマイルストーン(メジャーアップデート版)で確認された「問題」のバグ修正リリースです。
    ◆ 27.0.0 (2016-11-22)
    このリリースでは、バックエンドプラットフォームを全面的に書き換えました。結果として、拡張機能の多数に、互換性の「問題」に遭遇する可能性があります。

    新しい機能と更新された機能:
    ● Windows での DirectX 11 および Direct2d 1.1 をサポート。
    ● Goanna エンジンの 3.0 へのアップデート - 最新の Web 用のレイアウトとレンダリングに多くの変更が加えられました。
    ● Pale Moon は現在、HTTP/2 を完全にサポートしています。
    ● Ruby Annotations は、CSS で制御可能な HTML parser(HTML構文解析プログラム)の不可欠な部分です。
    ●多くのビデオ再生の問題を解決するために Media Source Extensions を実装した。これは、オプションで有効/無効にして設定することができます。現時点では、YouTube などのサービス(たとえば、ループ/スキップ時に音声が失われるなど)にいくつかの問題があるため、WebM で MSE を有効にしないことをお薦めします。
    ●いわゆる「断片化した」MP4 ファイルの読み取りと再生をサポートし、メディアの再生に関する問題を改善しました。
    ●プロキシサーバーへの SSL/TLS 接続をサポート。
    ●ダウンロード可能なフォントのための WOFF2 フォントフォーマットをサポート。
    ● JavaScript エンジンは、多くの画期的な ECMAScript6 の機能 (chief among them promises and generators)をサポートするように更新されました。これにより、過去数ヶ月にユーザーが遭遇し始めたウェブの互換性の問題の多くが解決されます(例:ウェブメールインターフェイス、スクリプト生成のため空白になるサイトが生じた)。
    ● Web コンテンツがキャッシュされる方法は、より効率的に変更されました。すぐにこれを利用したい場合は、キャッシュをクリアしてください。

    サポート/機能の削除:
    ● Windows XP のサポートを削除しました。まだ Win XP を使用している場合、唯一の選択肢は Pale Moon 26 を使用し続けることです。
    ●内部 PDF(プレ)ビューアを削除しました。このモジュールは維持されておらず、PDF 文書の半分を正しく表示できず、ブラウザに合理的に残すことができませんでした。別のリーダーを使用したり、PDF リーダープラグインをインストールしたりしてください。
    ● devtools の使用不可能なビルド。この時点から、Pale Moon のリリース版には含まれません。それらのツールが必要な場合は、それらはブラウザの拡張機能として利用できます。
    ●アクティブな XSS フィルターを削除しました。この機能は効果的ですが、不安定になりがちで、プラットフォームの更新のために書き直す必要があります。原作者がこのフィルター実装の一部を書き換えるかどうかによって、将来的には再実装の可能性があります。
    ● Mozilla / Gecko SDK が、アプリケーションとプラットフォームのコードの組み合わせとの互換性を失ったため、アドオン SDK 拡張(JetPack 拡張)のサポートを削除しました。

    セキュリティの要点:
    ● Firefox 50 までの関連するすべてのセキュリティ修正が、Mozilla から移植されました。可能な限り安全なブラウザを提供し続けます。
    ●重要な脆弱性を修正するために、いくつかのライブラリが最新バージョンに更新されています。
    ●ダウンロードしたファイル(Windows + NTFS)にゾーン情報(「インターネットからダウンロード」したファイルをマークする)を保存するかどうかを決定する新しいオプションとコントロールがあります。これはオプションで見つけることができます。

    その他の重要なメモ:
    ●最初にブラウザを v27 にアップグレードすると、ブラウザの新しいフォーマットにプロファイルが移行されます。これは、1回限りの変換ですが、残念ながらこの移行によっていくつかの問題が発生する可能性があります。詳細についてはフォーラム FAQ をご覧ください。
    ● Pale Moon27 は当初は英語でしか利用できません。 私たちは、多言語化のための言語パックを利用可能にすることに取り組んでいます。
    重要:多くの文字列が変更されているため、以前の言語パックを使用することはできません。互換性の無いパックを利用しようとすると、ブラウザが起動不能になる可能性があります。Pale Moon は、以前のバージョンの言語パックを自動的に無効にしますが、明示的にアドオン互換性チェックを無効にしていると、問題が発生する可能性があります。
    ●私たちは引き続き、以下を完全にサポートします:
    ○ NPAPI plugins
    ○ Extensions with binary/XPCOM components
    ○ XUL/Overlay and bootstrapped extensions
    ○テーマの完全互換
    ○署名されていない署名付きの作成者
    ○ Camellia 暗号化暗号(GCM モードでも)
    ○グラファイトフォントシェイプ
    ○ PaleMoon Sync 1.1(ただし、アドオンの同期はサポートされていません)
    ○従前同様に UI の完全なカスタマイズ


    【管理人様】
    >(freesoft100)本サイトには、
    一世代前の Firefox と同じインターフェースでブックマーク、履歴、アドオン、テーマ等、すべて同じようにインストール、追加して利用できます。
    海外製のソフトですが、日本語化して利用できます。
    との記述がありますが、実情は違います。「誤解」を招きかねないと思われます。
    ◆正しくは、
    Firefox から派生したブラウザです。一世代前の Firefox と同様なインターフェースで、ブックマーク、履歴、アドオン、テーマ等、同様にインストール、追加して利用できますが、プラットフォームの一部以外は、独自開発の仕様です。そのため、Firefox との完全互換性はありません。詳しくは、公式サイトでご確認下さい。
    海外製のソフトですが、日本語化して利用できます。

  • コメント

    Katukatu さん 真摯なるご指摘をありがとうござ…

    usericon Windows 8/8.1

    Katukatu さん

    真摯なるご指摘をありがとうございます。
    「関心をいただいているからこそ」と嬉しく思います。改めて「文責」の重みを感じます。
    問題点が、具体的に明示され、彼我の認識についてのギャップを理解できました。
    ご指摘の事項は、異論はありません。

    ところで、この「場」をお借りして、解説(弁解)をいたします。
    「ソフトウェアレビュー」の意義は、関係者などの恣意的なマーケティングを排した「信頼できる(できそうな)情報」が提供されていることが、期待されるべき「使命」との考えです。
    つまり『実ユーザーにおける「実情」を参考にしたい』との動機に応える観点ことが「本質」的なテーマです。
    そのため、
    ◆レビュー内容は、(当該アプリの)正しい認識に立ち、正当で、公正さの観点を欠いてはなりません。
    ◆しかもビギナーが理解できるように、分かり易く、具体的に記述すべきと。
    ◆主観や表現方法には、個性が絡むので、「適切」とのバランスを欠かさないようにと。

    「mozilla」の製品群は、総じて、カスタマイズされて「Only One の仕様」に変貌します。そのため、その「設定された内容のバックアップ」は非常に重要です。
    (Pale Moon)付随機能の「Pale Moon profile backup tool」は、そのための必須アイテムであり、この場での「紹介」をすべきと考えました。
    ①(Pale Moon 付随機能であり、)サードパーティ製アプリの紹介手法「ソフトウェアの推薦」は、不適当です。
    ②「フォーラム」は、新設されたばかりで、現状は、ごく限られた(エキスパート系)ユーザーの利用に留まっており、「役不足」です。
    ③公私の都合上からも「freesoft 100」への関わり方は、時折、接点を持てる程度で、「フォーラム」での応答は出来かねます。
    ④誰もが閲覧する「場」>「ソフトウェアレビュー」
    との認識の下での「振る舞い」でした。
    適切さ、効果度などの観点と「健全性」の両立に、留意します。
    いずれ、フォーラムにも関わりたい。との思いです。

  • コメント

    ★訂正が有ります★ ① Firefox や forke…

    usericon Windows 8/8.1

    ★訂正が有ります★

    ① Firefox や forked-Firefox(PaleMoon、CyberFox、etc)の場合には、addon「FEBE」でのバックアップ手段が、簡単で、使い勝手に優れているので、推奨します。
    と記述しましたが、「FEBE」のレガシー版が削除されてしまったため、Pale Moon のバックアップは不能です。

    「Pale Moon」のバックアップについては、http://freesoft-100.com/review/user/6569.html で追加「詳述」しました。ご参考下さい。

  • コメント

    【 Pale Moon「Profile」のバックアップについ…

    usericon Windows 8/8.1

    【 Pale Moon「Profile」のバックアップについて】
    ブラウザ Pale Moon 専用の「Profile」backup ツール「Pale Moon profile backup tool」を紹介します。

    【このツールの要旨】
    ①カスタマイズした(設定、Add-ons)内容を、手動で、バックアップしますが、もしもの場合に、このツールによって、簡単に、カスタマイズしたブラウザ(Pale Moon)の完全復元が可能になります。
    ②このアプリは、起動に、10秒ほどを要します。
    ③このツールの起動時には、ブラウザ(Pale Moon)が完全に終了されている必要があります。

    ◆ download の方法と使い方について
    ◇ Pale Moon 公式サイト> Tools > Profile backup tool(https://www.palemoon.org/backuptool.shtml)
    ◇ download をした「pmbackup.exe」から起動させます(ショーカットの作成などをしておくと効率的です)
    ◇「Pale Moon profile backup tool」の表示内容と設定
    「Options...」>□ Compress backups(バックアップを圧縮)/■ Password protect backups(バックアップをパスワード保護)/□ Overwrite backups(バックアップを上書き)/□ Show command Window の「任意設定項目」からお好みで、選択します。
    「Set backup path...」>ファイル名とファイルの所在地(path)
    「Backups:」>「作成したバックアップファイル」が一覧表示されるので、Restore(復元)したいファイルを指定し、「Restore」を Click(押下)する。

    「Backup」>バックアップファイルの作成
    「Restore」>復元
    「Exit」>アプリの終了


    【附則】~以下は、公式 HP からの「意訳」です~
    このツールを使用すれば、ペールムーンのプロファイルを簡単にバックアップできます。
    シンプルなツールで、高度な機能はありませんが、ペールムーンでカスタマイズした内容をバックアップするための迅速で、簡単な方法を提供します。

    いくつかの重要な制限があるので、このツールは、すべての人の要求に応えられない可能性があります:
    このツールは、ペール・ムーンのデフォルト(既定)のプロファイルの場所で機能します(カスタムプロファイルでは機能しない)
    このツールは、ポータブルバージョンでは動作しません(その反面、単にそのフォルダをコピーすることは可能です)

    このアプリは、標準的なインストールの知識を持っている人を主な対象にしています。異邦人であったり、Windows の十分な知識を持っていない人などの汎用性または可撓性であることは考慮外です。よって、ファイルシステムのプロファイルバックアップは、手動操作になります。現在のバージョンは、圧縮による基本的なオプションがありますが、任意の種類の暗号化やパスワード保護を提供していませんので、あなた自身が安全な場所にバックアップをする必要があります。

    このツールの詳細については、以下のフォーラムのスレッドをチェックしてください
    http://forum.palemoon.org/viewtopic.php?f=25&t=758

    注:バックアップの作成時/プロファイルの復元の際には、ペール・ムーンを閉じてください。バックアップが不完全であったり、データの破損が発生したり、エラーが生じる可能性があり得ます。

    このツールは、MIT ライセンスの下でオープンソースとして公開されています(github.com/MoonchildProductions/pmbackup/blob/master/LICENSE)

  • 5

    Gonbe さんの「SoftPerfect Network …

    usericon Windows 8/8.1

    Gonbe さんの「SoftPerfect Network Scanner」Review に興味を覚え、それぞれを試してみました。
    Security 対策上、Wi-Fi や Bluetooth、カメラ機能などを切断し、レジストリなども編集してしまっているので、必要性の乏しい「機能」ですが、実情を確認する上でも「有意義」さを実感できました。

    「SoftPerfect WiFi Guard」は、スキル(技量)を問わない簡単さながら、しかし十分な「お役立ちアプリ」です。
    「PC」ライフでの “必携アプリ” として、推奨します。※ Windows-OS 版(無料)と Mac-OS 版(有償)が提供されています。

  • コメント

    >PhotoFiltre 6.5.3 、PhotoFiltr…

    usericon Windows 8/8.1

    >PhotoFiltre 6.5.3 、PhotoFiltre 7.2.1 共に同サイトの適正なlanguage fileを当ててもメニュー等が中途半端に文字化けしてしまいます。

    この投稿が目に入り、提供元サイトのダウンロードページ(http://photofiltre.free.fr/download_en.htm)をチェックしてみました。
    日本語パッチ版は「Japanese / Japonais
    Translated by X-WORKS (font MS UI Gothic) / September 2005 / 42 Kb」となっており、2005年9月を最後に、更新が止まっています。
    このため、「文字化け」が生じているようです。

    一般的に、他言語化のパッチ版は、協力者(ボランティア)が担当しています。
    その協力者の多くは、当該アプリを気に入り、(日本での)普及に尽力したいとの思いから「作者への協力」を申し出、「GitHub」を介して、パッチ版を提供する。という方法で担います。
    アプリ本体が更新される度に、「言語パッチ版」の対応(作成)が必要になるので、この役割(協力者)を担うことは相応の負担を覚悟しなければなりません。

    恐らく、協力者に何等かの事情があって、対応不能になってしまっているのでしょう。この事態に対し、作者には、何等の責任はありません。
    解決手段は、この協力担当者に働き掛けるか、他の誰かが「協力者」として手を挙げる(作者に申し出る)しか前途はありません。
    このアプリの愛用者が、そのパッチ版作成の肩代わりに挑戦されることが解決の近道です。

    蛇足ですが、フリーソフトの多くは、彼らの「無償」の労力で成立しています。
    「彼らの涙ぐましくも意欲的な仕事ぶりに対し、深い敬意を払って欲しい」と切に願います。

  • コメント

    脱字があったので、加筆訂正し「部分再掲」します。 【4】A…

    usericon Windows 8/8.1

    脱字があったので、加筆訂正し「部分再掲」します。
    【4】Add-onsについて
    「Mozilla(Firefox) Add-ons Site」から利用可能なものが多数有るが、動作や機能確認が検証済みの「Pale Moon Add-ons Site」(Extension/Themes/More/Resources)から選択した方が良い。その上で、不足と感じるものや「Mozilla(Firefox) Add-ons」でお気に入りだったものを選択候補にすることをお薦めします。
    ◆先ず「Known Incompatible Add-ons」https://addons.palemoon.org/resources/incompatible/ を通読して下さい。 PENDING(保留中)/WORKAROUNDS(代用品)/FIXED(修正版)/FORKED(派生版)/PSEUDO-STATIC’D(近似品)/WONTFIX(利用不可)がリストアップされています。
    ◆「Mozilla(Firefox) Add-ons」は、Version29 以降の仕様変更に伴い、旧仕様に互換している「Pale Moon」では、使用不可のものが生じています。しかし「レガシー版」が存在するのもあるので、バージョン情報>すべてのバージョン履歴を見る>> を確認してみましょう。レガシー版には、脆弱性の懸念があるので、注意が必要です。
    ◇「Mozilla(Firefox) Add-ons」からレガシー版で実装したもの(ご参考まで)
    Decentraleyes/FinderBar Tweak/Google search link fix/Pearl Crescent Page Saver/QuickJava/Random Agent Spoofer/Redirector/Self-Destructing Cookies/SettingSanity/Stay-Open Menu/Thumbnail Zoom Plus/Update Scanner/URL Tooltip/Session Manager/Video DownloadHelper/ツリー型タブ/ブックマークを新しいタブで開く (Open Bookmarks in New Tab)/マルチプルタブハンドラ

  • 5

    評点は、フルスコアの「100点」満点です! 日本におけ…

    usericon Windows 8/8.1

    評点は、フルスコアの「100点」満点です!

    日本における世評では『 Firefox の更新から取り残された「旧式」ブラウザで、脆弱性に問題が有り・・・』との烙印が押されているようだが、とんでもない!
    Firefox「最新版 49.0.1」はおろか、CyberFox、Opera、Chrome、Edge の主要などれよりも “圧倒的なほどに優れていた!”
    これが、2 週間に亘る「平行比較の見解」です。
    早速、カスタマイズを進め、フルセットアップを完了させ、メインブラウザにしました。愛用していた「CyberFox」は、サブに格下げしました。

    【1】前書き
    この「アプリ」のコメントを投稿した手前、久し振りに、利用してみることにしました。併せて、Firefox、Opera も( Edge は、Win10 時での体験を踏まえて)。
    「Moonchild Productions」公式サイトの HP は、「青白い月」のデザインから「月夜の狼」に変わっており、戸惑いを覚えたが・・・、旺盛な運営ぶりの反映?と言えなくもない。
    それぞれ、一年ぶりのご無沙汰なので、HP を通読し直し、インストールを実行した。
    当時の最終使用版( 2015.9月上旬時)は、25.7.0だった。

    【2】Pale Moon「最新版 26.5.0」について
    ◆ Information >「Release Notes」を通読してみると、26.0.0(2016-01-26)で、メジャーアップデート「使い勝手/高速性能/Security 対策の一新」が成されたことが記述されていた(https://www.palemoon.org/releasenotes.shtml)
    ◆ Download > Pale Moon >選択肢が、Windows×32bit 版/×64bit 版/Portable 版/Atom/WinXP 版/Linux 版/Android 版と拡充されていた。しかし、Windows 仕様での推奨は「32bit 版」(サードパーティ製アプリの現状は、64bit 完全互換品が不十分)
    ◆ Download > Pale Moon language packs >「Zing! locale switcher」が紹介されていた。この add-on(拡張機能)を実装すれば、日本語などへの他言語化の手間から開放されます。

    【3】インプレッション(印象と感想)
    ①起動(完了)が、速い!> Firefox(90秒)/CyberFox(76秒)/Pale Moon(25秒!):add-ons を同一条件にし、ストップウオッチ計測。「Comodo Secure DNS」を使用し、多重「VPN」の構成にしているため、接続と応答性にネガティブ要因が存在するが、にも関わらず「25秒」には驚嘆した。
    ②ブラウジングが、滑らかで、ストレスフリー。まるで羽のように軽い!
    ③ Add-ons(拡張機能)は、Add-ons>Add-ons site(Extension/Themes/More/Resources)充実しており、不足がない。
    ④更新(脆弱性パッチ、バグ修正、コミュニティサイトからのフィードバック)頻度が、超まめ!
    26.5.0 (2016-09-28)
    26.4.1 (2016-09-12)
    26.4.0 (2016-08-17)
    26.3.3 (2016-07-01)
    26.3.2 (2016-06-27)
    26.3.1 (2016-06-25)
    26.3.0 (2016-06-21)
    26.2.2 (2016-05-10)
    26.2.1 (2016-04-08)
    26.2.0 (2016-04-05)
    26.1.1 (2016-02-24)
    26.1.0 (2016-02-16)
    26.0.3 (2016-02-05)
    26.0.2 (2016-02-03)
    26.0.1 (unreleased)Internal development/test version.
    26.0.0 (2016-01-26)
    25.8.1 (2015-11-28)
    25.8.0 (2015-11-17)
    25.7.3 (2015-10-14)
    25.7.2 (2015-10-02)
    25.7.1 (2015-09-28)
    25.7.0 (2015-08-26)
    25.6.0 (2015-07-27)
    25.5.0 (2015-06-10)
    以下、省略。「更新」内容は>Release Notesで、詳述されています。

    【4】Add-onsについて
    「Mozilla(Firefox) Add-ons Site」から利用可能なものが多数有るが、動作や機能確認が検証済みの「Pale Moon Add-ons Site」(Extension/Themes/More/Resources)から選択した方が良い。その上で、不足と感じるものや「Mozilla(Firefox) Add-ons」でお気に入りだったものを選択候補にすることをお薦めします。
    ◆先ず「Known Incompatible Add-ons」https://addons.palemoon.org/resources/incompatible/ を通読して下さい。 PENDING(保留中)/WORKAROUNDS(代用品)/FIXED(修正版)/FORKED(派生版)/PSEUDO-STATIC’D(近似品)/WONTFIX(利用不可)
    ◆「Mozilla(Firefox) Add-ons」は、Version29 以降の仕様変更に伴い、旧仕様に互換しているPale Moonでは、使用不可のものが生じています。しかし「レガシー版」が存在するのもあるので、バージョン情報>すべてのバージョン履歴を見る>> を確認してみましょう。レガシー版には、脆弱性の懸念があるので、注意が必要です。
    ◇「Mozilla(Firefox) Add-ons」からレガシー版で実装したもの(ご参考まで)
    Decentraleyes/FinderBar Tweak/Google search link fix/Pearl Crescent Page Saver/QuickJava/Random Agent Spoofer/Redirector/Self-Destructing Cookies/SettingSanity/Stay-Open Menu/Thumbnail Zoom Plus/Update Scanner/URL Tooltip/Session Manager/Video DownloadHelper/ツリー型タブブックマークを新しいタブで開く (Open Bookmarks in New Tab)/マルチプルタブハンドラ


    【附則】~以下は、公式 HP からの抜粋(意訳)です~
    ペールムーンは、効率と使いやすさに焦点を当て、(開発中の他のオペレーティングシステムとの)Microsoft Windows および Linux 用にオープンソースで開発された「Goanna」ベースの Web ブラウザです。

    ペールムーンは、慎重に選択された機能とブラウザのスピード(※)を改善するための最適化、リソースの使用、安定性とユーザー体験を、Firefox/ Mozilla のソースコードから fork(派生)された完全に独自の、独立して開発されたソースから構築されたブラウザです。完全なカスタマイズと拡張機能とテーマの成長のコレクションを提供し、本当にあなた自身のブラウザを作るために。
    ※巷間、人気の「ベンチマーク」は、テスト手法次第で生み出されるマジックです。「ペールムーン」は、ベンチマークスコアの高得点を目指していません。それらのテストでは、特定(限定的)のサブセットに大きな焦点を当てており、全体的なブラウザのスムーズさ、CPU 使用率、効率的なネットワーキングおよびプログラム全体の最適化の考察はされていません。ベンチマークによって「ブラウザの速さや優劣」を判断すべきではありません。

    ◇ Main features(主な特徴):
        ●最近のプロセッサ向けに最適化
        ●独自に最適化されたレイアウトエンジン(Goanna)
        ●セーフ:成熟したMozillaコードからフォークし、定期更新
        ●セキュア:追加のセキュリティ機能とセキュリティ対応の開発
        ●ユーザーフレンドリーな、活発なコミュニティでサポートされています
        ●おなじみの、効率的な、完全にカスタマイズ可能なインターフェイス
        ●テーマのすべてのサポート:任意の要素のデザインをすべて自由に
        ●「簡単に」を命題に、一新した軽量なテーマ(スキン)
        ●スムーズでスピーディーなページ描画とスクリプト処理
        ●強化した安定性:ブラウザクラッシュの少なさを実感できます
        ●Firefox の拡張機能の多くを互換
        ●ペールムーン専用の拡張機能を充実させていく
        ● HTML5 と CSS3 のための広範な成長支援
        ●構成オプションと多くのカスタマイズ性

  • 4

    長文になってしまったので、「三部構成」で Review をさ…

    usericon Windows 8/8.1

    長文になってしまったので、「三部構成」で Review をさせていただきます。

    【第一部】
    Mozilla がオープンソースで公開している汎用ブラウザ「Firefox」を、エキスパートユーザー(熟練者)向けにリビルド(再構築)した「ハイパフォーマンスブラウザ」です。
    2012 年、オーストラリアで設立された「8pecxstudios」が開発し、フリーソフトとして、公開しています。
    Update(更新)は、Firefox に連動しています。しかし他言語のパッチ版は、各国の協力者(ボランティア)が作成しているので、数日遅れになりがちです。

    ①「CyberFox」設計コンセプトについて
    ● Firefox ブラウザを高速化し、安定性も追求する。
    ●パーソナライズ性(カスタマイズの自由度)を追求する。

    ②「Firefox」との相違点(特長)について
    ●プロセッサベースに最適化をした仕様(intel/Amd/Linux の計 7タイプ)
    ●エキスパートユーザーにとって、必要性の欠ける機能を削除し、軽量化を追求。
    ●カスタマイズし易くするための機能を充実。
    ●システム軽量化の一環で、ファイル容量を肥大化させる言語辞書を「US 米語」に限定。※他言語化は、対応する言語パッチ(zip)を任意でインストールする。
    ●高速性能と安定性の追求を目的に、ソースコードをブラッシュアップ(効率化)。
    ●「Firefox」とは異なる独自のプロファイルシステム。


    【第二部】
    ③ Firefox や CyberFox、PaleMoon のユーザーレビューを拝見して
    “誤解や無理解、偏見に基づくコメントが散見され”、極めて残念で、不快感も覚えます。
    これらの Review が、“選択肢の判断材料の一助” にされていることを鑑みれば、“記述内容に誠実さ” が求められます。
    先ず、「基本機能」を理解した上で、投稿をすべきです。
    ◇公式サイト:Firefox(https://www.mozilla.jp/)/CyberFox(https://cyberfox.8pecxstudios.com/)/PaleMoon(www.palemoon.org/)
    ◇公式Twitter(twitter.com/mozillajp)
    ◇ Wikipedia(ja.wikipedia.org/wiki/Mozilla_Firefox)などは、通読し、理解を深めるべきだろう。

    ④ Firefox は『世界中の誰もが、簡単に、楽しく使える』ことを主眼とした「汎用仕様」です。
    対して、fork(枝分かれ、派生)版は、ユーザーターゲットを絞り込み、彼らの嗜好に最適化させた「専用仕様」です。
    CyberFox も PaleMoon もビギナー(初級者)利用を想定していません。
    ◇比喩ですが、「AT の市販車」(Firefox)に対し、「MT のホモロゲーションモデル」(CyberFox、PaleMoon)と言えます。
    CyberFox や PaleMoon は、必要とされるスキル(技能)で、カスタマイズを行えるのであれば、その潜在能力を遺憾なく発揮させることが可能です。一例(CyberFox):メニュー>オプション>カスタマイズ/about:config/Customize CyberFox などで変幻自在です。


    【第三部】
    ⑤「addon」について
    パワーユーザーには、
    ○「Java」制御機能 >「QuickJava」
    ○タブやタスクバー、アドオンバーの hide(表示/非表示)機能 >「Beyond Australis」
    ○大量のタブを階層化表示機能 >「ツリー型タブ」
    ○タブ履歴管理機能 >「Tab History Menu fix」
    をお薦めします。

    《付記》
    ●ブラウザは、Internet Explorer>Chrome>Opera>Firefox>PaleMoon と変遷しましたが、昨秋、CyberFox を使い始めてからは、これ一本になりました。
    ●タブは、大概 60 以上(200 になる時も)開いてのブラウジングになりますが、(コンテンツに応じて、動作環境は変動しますが)機能してくれます。念のために、Rizonesoft 社製の「Memory Booster」と「Firemin」を常駐させています。
    ● addon は、現在 82(※)アイテムを実装し、テーマは「FT DeepDark」を選択。
    ●「カスタマイズの自由度」と設計コンセプト通りの「パフォーマンス」を実感しており、感心しています。
    ●「Security対策」や「AdBlock」の類(※)は、「リソース」を必要とし、ブラウザの安定性に影響を及ぼすので、取捨選択し、厳選すべきでしょう。
    因みに実装している(※)は「QuickJava/Disconnect/Google Disconnect/Google search link fix/Clean Links/URL Tooltip/CipherFox/Decentraleyes/WorldIP/AdBlocker Ultimate/Fox Web Security/DuckDuckGo Plus/HTTPS Everywhere/Privacy Badger/NoScript/RequestPolicy/Cookie Monster/Flash Control/Do Not Save Password」が取捨選択の結果です。

    以上、ご参考まで

  • コメント

    補足解説を加えます。 「PaleMoon」の最新版は、26…

    usericon Windows 8/8.1

    補足解説を加えます。
    「PaleMoon」の最新版は、26.5.0 です。これは Firefox 26.5.0 がベースになっています。version ナンバーを共有しているので、判別は容易です。
    一方の「Firefox」最新版は、49.0.1 です。

    PaleMoon の開発元「Moonchild Productions」は、Firefox.29 以降の仕様を否定しているので、現在の仕様が「最終の安定版」になっています。

    Firefox.29 以前は、「タブブラウザ」の異称で親しまれていました。ブラウザの上下に「タブ」や「タスクバー」が表示されていたスタイルです。
    旧来からのユーザーやタブを多用するパワーユーザーなどは、現行スタイルに不満を持つ者が少なくありません。このデザイン上の相違が、26 で停止した理由です。

    元より「PaleMoon」は、パワーユーザー好みの「贅肉を削ぎ落とした素のブラウザに、ユーザー各自の好みで、config や addon などでカスタマイズし、仕上げていく」ものとして企画された商品なので、型落ちによる諸問題は取るに足らない範疇ですが、深刻な脆弱性などについては修正パッチ版が Update されます。

    「PaleMoon」は、Firefox との同時使用が可能なので、PaleMoon をサブにしながら、カスタマイズの面白さを楽しむことも一興かと思われます。

  • 4

    mokyu2 さんの Review を拝見しての Reply…

    usericon Windows 8/8.1

    mokyu2 さんの Review を拝見しての Reply です。

    以前は「Pale Moon」を「Firefox」と併用していました。
    しかし、「CyberFox」を使い始めてからは、これ一本ですが・・・。
    けれども「Pale Moon」の存在は否定しません。

    「Pale Moon」絡みで、投稿されたものを一読してみたところ「Firefox の分家」との表現がされていますが、実態は「別物」です。

    「Pale Moon」は、オランダ在住の M.C.Straver が、友人たちと協力して、オープンソースの「Firefox」をカスタマイズし、彼らが設立した「Moonchild Productions」が公開した製品名です。レンダリングエンジンは独自開発のもので、addon も同様です。けれども Firefox をベースにしているので、ベースになった Version に対応している「Firefox の addon」を使用することは可能です。

    如何せん、Firefox をベースにしているため、型落ちに由来する脆弱性などの問題が生じます。
    しかし「Pale Moon」は、汎用製品の Firefox とは違って、パワーユーザー好みに改造されたもので、彼らからは依然、根強い支持を受けています。

    ダウンロードされたままの状態は、素のブラウザであり、about:config から操作することを前提に制作されています。一般向けではありませんが、決して欠陥品ではありません。
    因みに「Firefox Sync」との互換性はありません。「Pale Moon Sync」という独自の同期システムです。
    “開発陣の名誉のために” 申し添えさせていただきました。

  • コメント

    ルーシェさん良かったですね! OS のアップグレード時には…

    usericon Windows 8/8.1

    ルーシェさん良かったですね!
    OS のアップグレード時には、ドライバの更新が必要になるので、さぞ、お悩みになったことでしょう。
    しかし今後は、このアプリを過信せずに(PC との適合性に注意を払い)用心されることをお薦めします。
    3 年前に利用した際には、PC との適合性を無視した “単なるドライバの最新版” が関連付けられていました。改善されたのならば良いのですが・・・
    以後、IObit 製品には関わらないことにしているので、現状の正当性は不明です。しかし知見上、『警戒を怠らないように』と忠告を申し上げます。

  • コメント

    このアプリは「IObit 社」の製品です。 ここの製品は、…

    usericon Windows 8/8.1

    このアプリは「IObit 社」の製品です。
    ここの製品は、3年前に使用経験があります。当時、使用していた AVAST が度々と Malware を侵入させ、その対策にと(当時、評判だった)IObit 社の「Advanced SystemCare-Pro」を購入しました。その有償版のバンドルソフトの一つでした。

    それらのバンドルされたアプリ群(Advanced SystemCare-Pro/IObit Malware Fighter PRO/Driver Booster PRO/Protected Folder/Start Menu 8)のいずれも信頼性が欠けており、肝心の「Malware-Fighter PRO」は、検知能力は無きに等しく、除去も出来ずで、論外でした。

    クレームを申し立て、返金は成されたが・・・、
    “世評は眉唾もの” を身にしみて思い知らされた。
    「IObit 製品は、詐欺アプリ」だったとの見解である。
    以後、IObit 製品には関わらないことにしているので、現状の正当性は不明です。しかし知見上、警戒すべきではないかと忠告を申し上げます。

  • コメント

    このアプリは、高機能でありながらも大変シンプルに仕上がってお…

    usericon Windows 8/8.1

    このアプリは、高機能でありながらも大変シンプルに仕上がっており、直感的に利用できますが、「日本語」非対応なので、具体的な解説を付記しておきます。
    ※対訳は、文意に即した表現に改めています。

    【概要】
    このサイトの「スクリーンショットを見る」について
    http://freesoft-100.com/screen/secunia-psi.html

    Secunia PSI のスクリーンショット
    <1> インストール時の(Secunia PSI の)アップデート設定
    ●Update programs automatically(recommended):自動更新(推奨)
    ○Download update automatically, but let me choose whether to update:自動ダウンロード、しかし更新は手動を選択する。
    ○Check for updates but let me choose whether to download and update(not recommended):Updateの確認は、自らが行い、判断する(非推奨)
    <2> スプラッシュ
    <3> スキャン前
    <4> スキャン中
    <5> スキャン結果 - 自動アップデート中
    <6> ビックリマーク付きのものをクリックして言語設定 > プルダウンメニューから「Japanese」を選択する。
    <7> History(履歴) > Update status の項が Success になっていれば「完了」です。


    【機能上の個別解説】
    Program name / # / installed version / Secure version / Criticality / Status
    プログラム名/ # /インストールされているバージョン/安全な/判定/現状

    Criticality:End of life(最終版で寿命)
    Status:Up-to-date(最新です)/ Click to update(クリックして更新を実行する)

    Scan again(再スキャン)

    History >検索した履歴

    Settings(設定):□>☒での設定をお薦めします。
    ☒ Detailed view(詳細モード画面を表示する)
    ☒ Start on boot(PC起動時にスキャンする)
    ☒ PSI automatic upgrade(Personal Software Inspector 自動アップグレード)
    Update handling(更新処理)▶ Update(recommended)/ Download,let me update:ダウンロードのみで、更新は手動/ Notify(not recommended):通知のみ(非推奨)
    Scan individual drives(個々のドライブをスキャン)▶ ☒ Scan drive C:

    Add program >
    万が一、スキャン漏れのプログラム(アプリ)があったならば、「Add program >」をクリックすることで、「報告」のためのポップアップ画面が開きます。

  • コメント

    もう少し、解説を加えます。 ドライバは、必ずしも最新のもの…

    usericon Windows 8/8.1

    もう少し、解説を加えます。
    ドライバは、必ずしも最新のものに更新をする必要性がありません。
    特に、旧式の PC などを使用している場合には、安易な更新は、危険です。
    ドライバは、PC 側でのサポート(互換性)も必須事項です。ドライバの更新版が見つかった場合には、PC がサポートをしているかを確認した上で、実行しなければ、デバイスが損傷し、正常に動作しなくなる危険性があります。
    一般論では、ドライバの更新の必要性は、OS をアップグレード(Win 7 → 10、など)する際に、問題になる程度です。その場合でも PC がサポートをしていない場合には、OS のアップグレードを断念せざるを得ません。このことによって生じた障害は、免責事項扱い(過失によるトラブル)で、保証適用外になります。
    ドライバの更新は、PC メーカーに問い合わせ(HP 他)たうえで判断すべきです。

    (無用で、危険性の伴う)ドライバの更新に振り回されず、脆弱性問題に直結する「アプリケーションソフトウェアの更新」状況に関心を払うべきです。
    「Secunia PSI」を推奨します。

    ◆Secunia PSI については、「klimの独り言」
    http://d.hatena.ne.jp/klim0824/20130616/secunia
    が参考になります。

  • 5

    2年前から使用していますが、宣伝文句通りに、PC 内の確実な…

    usericon Windows 8/8.1

    2年前から使用していますが、宣伝文句通りに、PC 内の確実な脆弱性(Update)チェックができます。
    多言語化がされたアプリですが、日本語には対応していません。しかし、特別な操作を必要とせず、チェックの判定結果が「アイコン」&「バージョン」で表示されるので、難しさはなく、「Programs that need updating」に該当した「アイコン」をクリックするだけで、公式サイトに飛ぶ仕組みなので、間違いは生じません。
    IObit の Driver Booster Free とは、雲泥の「お役立ちアプリ」です。

    ただし、既知の不具合が認められます。
    「klim の独り言」のブログ http://d.hatena.ne.jp/klim0824/20130616/secunia
    に詳述されていたので、下記に「抜粋引用」致しました。

    PC内にインストールされたソフトの脆弱性を検出してくれるSecunia PSIというソフトを普段から使用している。ソフトのアップデートを自動でお知らせしてくれるのでとても便利だ。
    しかし、数日前からタスクバーでの通知領域アイコンや脆弱性の検出通知機能は動いているものの、Secunia PSIを起動させようとすると以下の画面が出るだけで動かない状態になってしまった。
    そこで対処法を探してみたところ、公式サイトのFAQにてあっさりと解決。

    公式サイトのFAQ(直訳)
    Secunia PSIを正確に機能させるには、Secuniaのサーバーへ繋げる必要があります。もしSecunia PSIのスキャニングが完了しなかったり、検出されたプラグラムを読み込まなかったり表示しなかったりした場合、以下の方法をお試し下さい。

    1.「コントロールパネル」を開く
    2.「インターネット オプション」を開いて、「セキュリティ」と書かれたタブを開く。(ここでの説明はコンパネの表示方法が「大きいアイコン」「小さいアイコン」の場合。デフォルトのWindows Vista/7のように、コンパネの表示方法が「カテゴリ」になっている場合、「ネットワークとインターネット」をクリックしてから「インターネット オプション」を選択する。)
    3.「セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。」の中から「インターネット」をクリックし、「レベルのカスタマイズ」を選択する。
    4.「スクリプト」と書かれた項の中にある「アクティブ スクリプト」を探す。(中央よりやや上付近にある。)
    5.「アクティブ スクリプト」を「有効にする」。
    6.「 OK 」をクリックする。
    7.「セキュリティ」と書かれたタブに戻り、そして「セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。」の中から「信頼済みサイト」をクリックし、信頼済みサイトの横にある「サイト」をクリック。
    8.このWebサイトをゾーンに追加する」の下にある入力欄に https://*.secunia.com と入力し、「追加」をクリックする。(公式サイトのFAQに張られてあるこのリンクには、末尾にピリオドが含まれてしまっているので、コピペする際は注意!なお、原文の引用も含め、本記事に含まれるこのリンクにはピリオド等の余分な文字は含まないようにしておいたので、直接コピペするだけで構わない。)
    9.「 閉じる 」をクリックして、「セキュリティ」と書かれたタブの下にある「 OK 」をクリックして閉じる。
    10.Secunia PSIを再起動させて、スキャンを試みる。

  • 5

    莫大にあるデータや画像の検索を効率化するためのアプリを探して…

    usericon Windows 8/8.1

    莫大にあるデータや画像の検索を効率化するためのアプリを探していた際に辿り着いたのが、「Everything」と「FileMany」です。
    とりわけ「Everything」は、他の Reviewer も絶賛している通り、多彩な対象物を瞬時に検索抽出ができ、驚嘆ものです。

    アプリは、エグゼファイル仕様で、(多言語版 x64)ファイルサイズが 1000KB 足らずなので、システムへの負荷はゼロ同然。
    特筆すべき長所だらけで、不満点が見当たらない「検索アプリの決定版」です。

    「k本的に無料ソフト・フリーソフト」の解説
    http://www.gigafree.net/utility/desksearch/everything.html
    が詳しい。

  • 2

    hamachi さんの Review に同意します。 韓国…

    usericon Windows 8/8.1

    hamachi さんの Review に同意します。
    韓国や中国産ソフトは、ハイリスキーです。
    「オープンソース」ものを本命にすべきです。

    Audio 世代なので、原音再生に熱中した過去があり、莫大な投資に明け暮れ、いつしか、本末転倒のオーディアマニア化していました。所詮、再生機である。“妥協点を見失ってはいけない” が教訓です。
    「VLC Player」で満足しています。

  • 1

    BitDefender(ルーマニア)は、欧米で、絶大な評価を…

    usericon Windows 8/8.1

    BitDefender(ルーマニア)は、欧米で、絶大な評価を受けています。このことは、Electronic Frontier Foundation や Mozilla Discourse、GitHub などのコミュニティーでも話題にされ、明らかです。
    しかし、IObit を推奨するコメントは皆無です。

    実際、3年前に「Professional版」を使用したことがありますが、検知能力は無きに等しく、除去も出来ずで、論外でした。クレームを申し立て、返金は成されたが・・・、
    “世評は眉唾もの” を身にしみて思い知らされました。
    「IObit 製品は、詐欺アプリ」だったとの見解である。

    BitDefender の知名度を利用しただけの「怪しげなアプリ」と警戒すべき。
    「君子危うきに近寄らず」である。

  • 1

    Gonbe さん、mountain cat さんなどの「否定…

    usericon Windows 8/8.1

    Gonbe さん、mountain cat さんなどの「否定的 Review」に準じます。
    3年前に使用経験があります。当時、使用していた AVAST が度々と Malware を侵入させ、その対策にと(当時、評判だった)IObit-Professional を購入しました。その有償版のバンドルソフトの一つでした。

    動作も表示も華々しく、一見、頼もしげだったが、その実、的外れの内容が多々あり、狼少年(イソップ寓話)のような迷惑アプリでした。
    他のバンドルアプリも同様で、信頼性が欠けていました。
    肝心の Malware-Fighter は、検知能力は無きに等しく、除去も出来ずで、論外でした。

    クレームを申し立て、返金は成されたが・・・、
    “世評は眉唾もの” を身にしみて思い知らされた。
    「IObit 製品は、詐欺アプリ」だったとの見解である。

  • 1

    このソフトをインストールし、PC 不調を招いた経験があります…

    usericon Windows 8/8.1

    このソフトをインストールし、PC 不調を招いた経験があります。その経験上、コメントさせていただきます。
    バックアップユーティリティの機能上、イベントログなどの収集が必要になります。しかし「システムログにイベントを書き込む」と「デバッグ情報の書き込み」を切断した場合、そこにアクセスが出来ないため、迷走し、ハングアップを誘引します。

    海外の ITエキスパートたちの常識は『バックアップユーティリティやファイル履歴を使用してはいけない。PC 利用履歴の全てが記録されている。バックドアが仕組まれれば、簡単に個人情報の全てを収集できる。NSA(アメリカ国家安全保障局) 、Microsoft や Google もこの機能を逆手に取って、秘密裏に実行している。その問題点を踏まえて、判断すべきだ』です。この観点は、日本では欠如しているようですが・・・。
    実際、スノーデン氏による「暴露事件」は記憶に新しい。
    この問題を学びたく、Electronic Frontier Foundation(米)の会員になり、問題と対策を得てきました。「システムログにイベントを書き込む」と「デバッグ情報の書き込み」の切断は、その一環です。当然ながら「ファイル履歴」は機能不全になります。

    そもそもバックアップユーティリティは、データを圧縮するため、復元時に問題が生じやすく、画像(jpeg)は劣化します。
    「安全」と「確実」の観点での最良の選択は、“隔離された外付けの HDD へのコピペ” に尽きます。

  • 5

    すっきり!! デフラグ > Defraggler > Sma…

    usericon Windows 8/8.1

    すっきり!! デフラグ > Defraggler > Smart Defrag > Norton Utilities 16 と変遷し、一年前からは「UltraDefrag」を愛用しています。

    ◆2007年、多国籍チームを結成(UltraDefrag Development Team)し、オープンソース(GNU General Public License version 2.0 (GPLv2))で、開発されているフリーソフトです。
    運営上、不正のリスクが無く、安心できます。
    ◆多言語(日本語)対応が成されており、面倒な事も皆無です。


    「最適化」では、
    一般的な「断片ファイルのデフラグ」以外に、
    「迅速に最適化する(高速最適化)」
    「完全に最適化する(完全最適化)」
    「MFTの最適化する」
    を選択することができ、デフラグし>ファイルを連続化させ>ディスクの先頭から(既定順/任意順)再配置させる。という理想的なパフォーマンス改善効果を期待できます。

    「完全最適化」は、それなりの所要時間になりますが、オフラインにし、セキュリティソフトを無効化(または、UltraDefrag を除外設定)すれば、所要時間を大幅に短縮できます。

    「アクション」「設定」でのその他機能や選択肢が充実しており、不足を感じません。
    デフラグ(断片化解消)と最適化(再配置)の能力は、ピカイチです。
    知見上、「UltraDefrag」が“ベストワン” です。


    【参考】
    「UltraDefrag」について「k本的に無料ソフト・フリーソフト」の解説
    http://www.gigafree.net/system/defrag/ultradefrag.html
    が参考になります。

  • 5

    Firefox や Thunderbird の addon …

    usericon Windows 8/8.1

    Firefox や Thunderbird の addon 開発者と交流する中で、彼らから推奨された「組み合わせ」
    ① DNS を「Comodo Secure DNS」に変更し、
    ②「Norton Internet Security」(有償)
    ③「COMODO Internet Security」(無料)
    ④「Bitdefender Anti-Ransomware」(無料)
    を併用し始めて、まもなく一年間を迎えます。

    「アクションセンター」は、競合警告を発しますが、何等の問題は生じず、共存できます。
    McAfee(有償)> AVAST > IOBit(有償)> Norton(有償)と変遷しましたが、昨今の複雑化する悪意に対しての多重防御の観点からの選択です。

    COMODO Internet Security には、「自動サンドボックス」機能が備わり、「HIPS」(動作の監視/オブジェクトに対する変更の監視/オブジェクトに対するダイレクトアクセスの監視)機能が特筆される優れものです。
    任意設定できる「HIPS ルール」を基準に「ブロック/許可」機能が働くので、リスキーなファルダーやファイル、レジストリキーの編集を監視できます。

    アンチウイルス機能での「ファイルスキャン」(調査したいファイルをスキャンオブジェクトにコピペするだけです)、「仮想デスクトップ」、etc とリスク対策は充実しています。

    不明な侵入を確実に検知してくれます。
    未知の freesoft をインストールする際にも安心が担保されます。
    AVAST、IOBit を使用時には、度々と Malware の侵入を許し、PC の初期化(リセット)をしなければならないほどの深刻な被害を受けたこともありましたが、現状の「組み合わせ」に移行してからは、“セキュアの確保”と“軽快な環境”の両立が実現できています。信頼に足り得ます。


    【追伸】
    「COMODO Internet Security」の機能については、「k本的に無料ソフト・フリーソフト」での解説
    http://www.gigafree.net/security/firewall/comodofirewallpro-2.html
    が参考になります。

  • 2

    【警告】この開発者(http://mozbackup.jas…

    usericon Windows 8/8.1

    【警告】この開発者(http://mozbackup.jasnapaka.com/)からは、
    MozBackup is not being developed anymore. There are known issues and there is no time on my side to fix all issues and develop new features. Use MozBackup only on your risk. Thanks for understanding. Source code is available on GitHub. との英文が明記されています。
    和訳:MozBackup は、開発更新を放棄しています。既知の問題を抱えてますが、すべての問題を修正し、新しい機能開発するための余力がありません。リスクを承知の上で使用して下さい。ご理解願います。ソースコードは、GitHubで公開しています。

    ① Firefox や forked-Firefox(PaelMoon、CyberFox、etc)の場合には、addon「FEBE」でのバックアップ手段が、簡単で、使い勝手に優れているので、推奨します。

    ②Mozillaの公式サイトでは、プロファイルでのバックアップ方法を解説しています。
    ~Firefox や forked-Firefox(PaelMoon、CyberFox、etc)、Thunderbird は Profile からバックアップと復元が出来ます~
    C:¥Users¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥Mozilla¥Firefox¥Profiles¥
    C:¥Users¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥8pecxstudios¥Cyberfox¥Profiles¥
    C:¥Users¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥Thunderbird¥Profiles¥


    【具体的な手順】~以下は、Thunderbird を例示しますが、Firefox も同様です~
    ◆プロファイルのバックアップ
    ◇プロファイルをバックアップするには、予め Thunderbird を終了しておき、プロファイルフォルダをバックアップ先 (外部ディスクなど) へコピーします。
    1.Thunderbird を終了してください。
    2.前述のプロファイルフォルダを開いてください。
    3.プロファイルフォルダの一つ上の階層を開きます: %APPDATA%¥Thunderbird¥Profiles¥
    4.プロファイルフォルダ (xxxxxxxx.default フォルダ) を右クリックし、コピー を選択します。
    5.バックアップ先のフォルダ (USB メモリや空の CD-RW ディスクなど) を右クリックし、貼り付け を選択します。

    ◆バックアップしたプロファイルの復元
    1.Thunderbird を終了してください。
    2.既存のプロファイルフォルダとバックアップのプロファイルフォルダが同じ名前の場合は、単にこれらを置き換えるだけで完了です。Thunderbird を起動して正しく復元されているか確認してください。
    重要: この場合は、プロファイルフォルダの名前が、任意の 8 文字も含めて完全に一致していなければなりません。フォルダ名が異なる場合、または別の場所に復元する場合は、下記の手順に従ってください。

    ◆別の場所に復元する
    ◇プロファイルフォルダの名前が一致しない場合、またはプロファイルを別の場所に復元、移動したい場合は、次の手順に従ってください:
    1.Thunderbird を完全に終了してください。
    2.Thunderbird のプロファイルマネージャを開き、 新しいプロファイル目的の場所に作成 してください。作成したら、プロファイルマネージャを終了します。
    補足: Thunderbird を新しいコンピュータにインストールしたばかりの場合は、プロファイルマネージャから新しいプロファイルを作成する代わりに、Thunderbird の初回起動時に作成されるデフォルトのプロファイルが使用できます。
    3.バックアップしたプロファイルの場所 (USB メモリや外部ディスクなど) を開いてください。
    4.バックアップのプロファイルフォルダ (xxxxxxxx.default) を開きます。
    5.abook.mab ファイル、prefs.js ファイル、Mail フォルダなど、フォルダ内のすべての コンテンツ をコピーしてください。
    6.上記の新しいプロファイルフォルダを開いてください。Thunderbird が開いている場合は閉じておいてください。
    7.コピーしたバックアップのコンテンツを、新しいプロファイルフォルダ内に貼り付け、同じ名前のファイルは上書きしてください。
    8.Thunderbird を起動し、正しく復元されているか確認してください。

    ◆プロファイルの移動
    ◇プロファイルフォルダを別の場所へ移動することができます。また、Thunderbird に指示することで、別の場所のプロファイルを使用することができます。
    1.Thunderbird を終了します。
    2.プロファイルフォルダを目的の場所へ移動してください。(バックアップしたプロファイルから戻したい場合、この手順は不要です。復元先の現在のプロファイルフォルダの場所を覚えておいてください。)
    3.profiles.ini ファイルをテキストエディタで開いてください。このファイルは Application Data フォルダの Thunderbird フォルダ内にあります:
    ○ Windows の場合: %AppData%¥Thunderbird¥.
    4.profiles.ini ファイルの中で、先ほど移動したプロファイルのエントリを探し、Path= で始まる行を新しい場所に書き換えてください。
    5.重要: 相対パスから絶対パスへ書き換えた場合は、スラッシュの向きを変更する必要があります。例えば Windows では、絶対パスは ¥ (バックスラッシュ) 記号を使います。相対パスの場合は / 記号を使います。次に、IsRelative=1 を IsRelative=0 に書き換えてください。
    6.profiles.ini ファイルを保存し、Thunderbird を再起動します。