ウィザード形式で Windows の問題を修復・最適化できるソフト

Windows Repair (All In One)

Windows Repair (All In One)
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
3.33

評価数:3

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10

ウィザードに従って進めていくことで、ディスクエラーのスキャン、システムファイルのスキャン、レジストリのバックアップ・システムの復元ポイントの作成を行い、最後にレジストリ、システムファイル、WMI、Windowsファイアウォール、Internet Explorer、一時ファイル、Windowsサイドバー/ガジェットなど各機能の修復・削除を実施できます。

提供元:

Windows Repair (All In One) の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルをダブルクリックしてインストールします。

使い方

ウィザード形式で Windows のクリーンアップを行えます。
デスクトップショートカットからソフトを起動できます。
ソフトを起動すると、「Welcome」タブが表示されます。「Next」ボタンをクリックします。

Step 1 感染からのクリーンアップ

「Step 1」タブが表示されます。
ウイルスやマルウェア等の感染をクリーンアップするオプション項目です。セキュリティソフトが入っていれば問題ありません。「Next」ボタンをクリックします。

Step 2 ファイルシステムのエラーチェック

「Step 2」タブが表示されます。
「チェックディスク」を実行してファイルシステムのエラーをチェックできます。
「Do It」ボタンをクリックすると、システムの再起動が必要な旨のメッセージが表示されます。「はい」ボタンをクリックすると、Windows を再起動してチェックディスクを行います。

Step 3 システムファイルのスキャン

チェックディスクが終わって Windows が再起動したら、再び Windows Repair を起動して Step 3 タブをクリックします。
「システムファイルチェッカー」によってシステムファイルのスキャンを行います。チェックが終わったら「Next」ボタンをクリックします。

Step 4 レジストリのバックアップとシステムの復元ポイントの作成

「Step 4」タブが表示されます。
レジストリのバックアップとシステムの復元ポイントの作成を行います。
画面左の「System Restore」下の「Create」ボタンをクリックしてシステムの復元ポイントを作成、画面右の「Registry Backup」下の「Backup」ボタンをクリックしてレジストリのバックアップを作成します。「Next」ボタンをクリックします。

Step 5 修復の開始

「Start Repairs」タブが表示されます。

  1. 「Start」ボタンをクリックします。
  2. 別ウィンドウが開き、修復項目が一覧で表示されます。「Start」ボタンをクリックして修復を開始します。
    下記の修復・削除を行います。
    レジストリのパーミッション、ファイルのパーミッション、システムファイル、WMI、Windows ファイアウォール、Internet Explorer、MDAC/MS Jet、ホストファイル、アイコン、WinsockとDNSキャッシュ、一時ファイルの削除、プロキシ設定、非システムファイル、Windows アップデート、動作しない/見つからないCD/DVD、ボリュームシャドウコピー、Widows サイドバー/ガジェット、スタートアップのWindowsサービス、MSI、Windows Snipping Tool、ファイルの関連付け


※ USBメモリー対応 : Windows Repair (All In One) Portable

ユーザーレビュー

  • 4

    ↓ウイルスではないですよ、これと同じ名前のウイルスソフトある…

    usericon ジサク(1)Windows 7

    ↓ウイルスではないですよ、これと同じ名前のウイルスソフトあるので間違えるのは
    仕方ないですが、、、

    機能と性能ですが修復系のソフトだと一番効果があります。(Window7のみ検証)
    ただしインターフェイスが微妙に分かりづらいのと英語オンリーなので下手に弄ると危ないので
    とっつきにくいですがレジストリとWindowのバックアップ手軽にできますので、GIGAZINEや紹介サイトはあるので試す価値は有ります。

    ※最新版ですが、レスキューマークのボタン押せば修復できるよう簡素。
    あと簡単にセーフモードに入れる用なってます。

  • 1

    windows repair 駆除なんてのもあるけど…

    usericon これウイルスちゃうん?(1)Windows 7

    windows repair 駆除なんてのもあるけど

  • 5

    某有名サイトの記事を見て使い始めました、Potable版です…

    usericon べんてん(27)Windows XP

    某有名サイトの記事を見て使い始めました、Potable版です。
    公式サイトの縦に8つ並んでいるうちの、下3つがPotable版です。
    Windowsに元々備わっている機能をひとまとめにし、クリックしていくだけで簡単に実行できるようにしたもののようです。
    運営さんには申し訳ないのですが、使い方に関しては以前見た記事のほうがわかりやすいです、画像つきなので。
    英語分からないし...Gigazineなんですけどね。
    ただ、現行バージョンが1.8.0なのですが、自分はまだ1.7.2と1.7.5しか使ってません。
    ここのを見る限り、同じように見えるのですが、1.7.5から1.8.0にバージョンアップした時に、
    zipのサイズが約2MBから3MBに増えてるので、使い方が変わってるかもしれません。
    Gigazineの記事では12分で修復終了とあるのですが、うちのはこれを使う前にに散々トラブっていたせいか、
    15GB程度と大した容量もないのに、全部やったら3時間以上かかりました。
    それもネットに繋いでなかったからだったか、ファイアウォールの項目あたりがすっ飛ばされたのに。
    余程状態が悪かったのでしょう、使用後は各動作がかなり速くなりました。
    最もつい最近完全に自分のミスでやらかしてしまい、電源ボタンを押す以外の選択がない状況に陥り、
    起動するかどうか不安だったのですが、恐る恐る起動させてみると警告が...
    ファイルがぶっ壊れて読み込めんから、chkdskしやがれと、chkdsk /fで運良く直ったみたいです。
    ただ他にも幾つか壊れてたので、入れ直しました。時間のある時にまたやってみようと思います。