プレゼンで役立つズームアップツール

ZoomIt

ZoomIt
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008
バージョン:
4.50(2013/06/19)

[Ctrl] + [1] キーを押すとマウスカーソルの表示位置を画面全体に拡大。マウスを動かすとズームアップ位置が移動します。手書きでの描画、文字入力ができるため、マウスで大事な場所を線で囲んだりして注釈を追加できます。また、全画面表示でのタイマー機能を備えており、プレゼンの合間の休憩タイマーとしても利用できます。

提供元:
日本語化パッチ:
さよならストレス

ZoomIt の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「ZoomIt のダウンロード」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした ZoomIt.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

日本語化手順

  1. さよならストレスへアクセスし、「ZoomIt 4.50 日本語化」リンクをクリックして日本語化パッチをダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(Zoomit450_ja.zip)を解凍し、zoomit_ja.EXE を ZoomIt.exe と同じ場所にコピーします。
  3. zoomit_ja.EXE をダブルクリックすると、ZoomIt が日本語化されます。
    ※ 既に ZoomIt が起動している場合は、タスクトレイicon アイコンをクリックして表示されるメニューから「Exit」をクリックして終了して、再起動すると日本語化されていることを確認できます。

初期設定

  1. 本ソフトを起動すると、初回起動時に使用許諾契約画面が表示されます。
    「Agree」ボタンをクリックします。
  2. 設定画面が表示されます。
    後でも変更できるのでここではいったん「OK」ボタンをクリックして閉じます。

画面の拡大表示

[Ctrl] + [1] キーを押すと、マウスカーソルのあった位置の画面が全画面表示で拡大表示されます。
マウスカーソルを動かすと、拡大位置も移動します。マウスホイールや矢印キーの上下でズームイン、ズームアウトができます。
マウスクリックで描画モードへと移行し、マウスをドラッグすると、線を引いたり円を描いたり自由に描画できます。さらに [T] キーを押すと、文字入力モードへと移行。
任意の場所をクリックし、キーをタイプすると、文字を入力することができます。
再び [Ctrl] + [1] キー又は [Esc] を押すか、右クリックすると元の画面に戻ります。

文字入力、描画

[Ctrl] + [2] キーを押すと、画面拡大表示せずとも、線の描画、文字入力による注釈追加が可能になります。
次のキーを押すと描画の色を変更できます。
  • [r] キー … 赤色
  • [g] キー … 緑色
  • [b] キー … 青色
  • [o] キー … 橙色
  • [y] キー … 黄色
  • [p] キー … 桃色
[Ctrl] + [C] で画面コピー、[Ctrl] + [S] で画面コピーを保存できます。
[Esc] キーを押すか、右クリック2回で元の画面に戻ります。

ライブズーム

[Ctrl] + [4] キーを押すと、動画が動いたまま画面を拡大表示させることができます。
[Ctrl] + [↑] キーでズームイン、[Ctrl] + [↓] キーでズームアウトします。
※ Windows Vista 以上で利用できる機能です。

ブレイクタイマー

休憩時間のカウントダウン用機能です。
[Ctrl] + [3] キーを押すと、全画面表示で10分のカウントダウンを行います。
※ 設定で1~99分まで変更できます。設定画面はタスクトレイの icon アイコンをクリックし、メニューの「Options」から起動できます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?