Microsoft Security Essentials のダウンロード

マイクロソフト社が2009年9月30日にリリースした無料のウイルス、スパイウェア対策ソフトウェア。
シンプルな画面で初心者でも難しいことを考えずに使いやすく設計されています。
Microsoft Security Essentials(マイクロソフト セキュリティ エッセンシャルズ) のダウンロード方法の流れを解説します。

Microsoft Security EssentialsのWebサイトへアクセスします。

インストールするパソコンのOSをプルダウンから選択して、「無料でダウンロード」をクリックしてダウンロードします。
※ OSが不明な場合はWindowsのバージョンの調べ方を参照してください。

 

Microsoft Security Essentials のインストール

Microsoft Security Essentials(マイクロソフト セキュリティ エッセンシャルズ) をインストールします。
ダウンロードしたセットアップファイル(mseinstall.exe)をダブルクリックします。

インストールウィザードが開始されます。「Microsoft Security Essentials」の説明です。「次へ」をクリックします。

マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項です。
「同意します」をクリックします。

カスタマー エクスペリエンス向上プログラムへ参加するか否かを選択できます。
これは使用情報をマイクロソフトへ送信し、ソフトウェアの品質向上を図るプログラムです。
ここで設定した内容は、後でも設定の変更が可能です。ここでは「カスタマーエクスペリエンス向上プログラムに参加する」を選択し、「次へ」をクリックします。

セキュリティ(コンピュータによる保護)を最適化します。
Zone AlarmPC Tools Firewall Plus等のファイアウォール製品がインストールされていない環境の場合には、「ファイアウォールが有効でない場合に Windows ファイアウォール を有効にする(推奨)」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

インストール準備完了です。
他のセキュリティソフトをインストールしている場合は「キャンセル」をクリックして、先にアンインストールしておきます。
他のセキュリティソフトをアンインストール済みの場合は「インストール」をクリックします。

インストール中です。
インストール完了です。
「完了」ボタンをクリックすると、ソフトが起動します。



<初回起動時>


インストールが完了すると、「Microsoft Security Essentials」が起動し、パターンファイルをアップデートします。

アップデートが完了すると、自動でシステムの主要な部分をスキャンする、「クイックスキャン」が始まります。
初回のスキャンには少し時間がかかる場合があります。

スキャンが完了するとホーム画面が表示されます。
スキャンの結果、問題なければ緑色アイコンが表示されます。
注意が必要なら黄色、危険なら赤色が表示されます。

ソフトウェア情報
● Microsoft Security Essentials の作者サイト:
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/security-essentials-download
スクリーンショット
Microsoft Security Essentials の評価・レビュー
● 対応OS : Windows Vista/7(32/64bit)(※ 2015年7月14日Windows XPのサポートを終了しました)
● 提供元 : マイクロソフト株式会社