Portable Start Menu とは

パソコンにUSBメモリーを挿すと起動し、USBメモリー用のポータブルスタートメニューとして利用できるランチャーソフト。USBメモリーにインストールしているソフトを登録し、一覧表示。USBメモリー内のソフトを素早く起動させることができます。

海外製のソフトウェアで日本語には対応していません。
 

Portable Start Menu のダウンロード

Portable Start Menu(ポータブルスタートメニュー) を公式サイトからダウンロードします。
http://www.aignes.com/psmenu.htm

画面下部、赤枠の「Download」ボタンをクリックすると、セットアップファイルがダウンロードできます。

【インストール】


まずパソコンにUSBメモリーを挿しておきます。
そして、ダウンロードしたセットアップファイルをダブルクリックして実行すると、インストールウィザードが開始されます。「Next」ボタンをクリックします。

使用許諾画面です。I accept the agreement を選択し、「Next」ボタンをクリックします。

インストール先の選択です。パソコンにもインストールできますが、ここではUSBメモリーにインストールします。Install as portable application onto your USB-Stick を選択し、上の「Browse…」ボタンをクリックしてインストール先をUSBメモリー内の任意のフォルダに設定します。ここではUSBメモリー内に「portable_start_menu」フォルダを作成し、そのフォルダをインストール先に設定しました。
インストール先を設定できたら「Next」ボタンをクリックします。

インストール完了です。「Finish」ボタンをクリックすると、Portable Start Menu が起動します。

Portable Start Menu の使い方

【Autorun.inf ファイルの作成】


Portable Start Menu が起動すると、Portable Start Menu が自動で起動するようにしませんか?と聞いてきます。自動起動させたい場合は「Yes, create AUTORUN file」ボタンをクリックします。

「The file autorun.inf has been created in the root directory.」と表示され、Autorun.inf がUSBメモリー内の最上位層に作成されています。

Autorun.inf ファイルを作成しておくと、次回以降USBメモリーを挿すとUsb-Menu として自動起動させることができます。


【ソフトウェアの登録】


USBメモリー内にインストール済みのソフトをポータブルスタートメニューに登録していきます。まず、タスクトレイのアイコンを右クリックし、表示されたメニューの中から「Add applications…」をクリックします。

管理画面が表示されるので、New application をクリックします。

ソフト登録画面が表示されるので、下図赤枠のどちらかをクリックし、ソフトを設定します。設定したらOKボタンをクリックします。

上記の容量でソフトを登録していくと、下記のように登録できます。

タスクトレイのアイコンをクリックすると、下図のようにソフト一覧が表示されるようになり、ここから簡単に起動できます。

ソフトウェア情報


● 作者サイト : http://www.aignes.com/psmenu.htm
スクリーンショット
Portable Start Menu の評価・レビュー
Portable Start Menu のダウンロード・使い方
窓の杜からダウンロード
● 対応OS : Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10(32/64bit)
● 提供元 : Aignesberger Software GmbH