PStart とは

USBメモリー接続時に同時起動し、ソフトウェアやフォルダなどへすばやくアクセスできるランチャーツール。メモ帳機能やアプリケーション検索機能も備えています。

海外製のソフトウェアで日本語で利用するには日本語化パッチを利用します。
日本語化パッチファイルの配布元が閉鎖してしまっているため、日本語化できません。
 

PStart のダウンロード

PStart を公式サイトからダウンロードします。
http://www.pegtop.net/start/

下図、赤枠の「download」リンクをクリックします。

下図赤枠の「PStartSetup211.exe」リンクをクリックするとセットアップファイルをダウンロードできます。


日本語化パッチファイルの配布元が閉鎖してしまっているため、日本語化できません。

【日本語化パッチのダウンロード】


セットアップファイルをダウンロードしたら、次は日本語化パッチファイルをダウンロードします。
http://dl.xworks.org/pstart211jr01.zip.html

下図、赤枠の「同意してダウンロードする」リンクをクリックすると、日本語化パッチファイルをダウンロードできます。

【セットアップファイルの日本語化】


PStart の日本語化パッチは、セットアップファイルごと日本語化します。そのため、インストール過程も日本語になります。

ダウンロードした日本語化パッチファイル「pstart211jr01.exe」をダブルクリックして実行します。ドキュメントが表示されます。「閉じる」ボタンをクリックします。

「日本語版に更新します。」という確認メッセージが表示されます。「はい」ボタンをクリックします。

最初にダウンロードしたセットアップファイル「PStartSetup211.exe」のあるフォルダを指定します。ここではデスクトップにセットアップファイルがあるため、デスクトップを指定して「OK」ボタンをクリックします。

ドキュメントが表示されます。「閉じる」ボタンをクリックします。

日本語化終了です。下図赤枠の「終了時にバックアップファイル(*.old)を削除する」にチェックを入れ、「閉じる」ボタンをクリックします。


【インストール】


インストールしていきます。まずはUSBメモリーをパソコンに接続します。
次に、日本語化したセットアップファイル「PStartSetup211.exe」をダブルクリックして実行します。セットアップ画面が表示されるので、「次へ」ボタンをクリックします。

ソフトウェア使用許諾契約画面です。「使用許諾契約に同意する。」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

セットアップの種類を選択できます。ここではUSBメモリーにインストールするので「ポータブルセットアップ」を選択し、下図赤枠のドライブをUSBメモリーのドライブに設定して「次へ」ボタンをクリックします。

インストールフォルダの選択です。デフォルトのままでも問題ないですが、ここでは「PStart」というフォルダを作成してそこにインストールすることにします。「参照」ボタンからインストール先を変更できます。変更したら「Install now」ボタンをクリックします。

インストール完了です。「終了」ボタンをクリックします。


PStart の使い方

【ソフトの登録】


PStart を起動すると、何も登録されていない真っ白なウィンドウが表示されます。使いやすくするためにここにソフトを登録していきます。
オプション→ランゲージ→ジャパニーズ

メニューから「編集(E)」⇒「ファイルを追加(A)」をクリックします。するとウィンドウが開くので、そこでソフトの本体を選択します。
日本語化手順

ファイルのプロパティが表示されます。「OK」ボタンをクリックすると登録できます。複数のソフトを登録する場合はこの作業を繰り返します。

メニューから「編集(E)」⇒「フォルダを追加(F)」をクリックすると、ウィンドウ内にフォルダを追加できます。
データのバックアップ

ソフト登録時と同じようにファイルのプロパティが表示されるので、「OK」ボタンをクリックするとフォルダを登録できます。

グループを追加したり、セパレータ(区切り線)を追加したりすると、下図のように表示させることができます。このウィンドウを表示してソフトをダブルクリックすると、そのソフトを起動させることができます。
完全、アプリ、ドキュメントのいずれか

【アプリケーションの検索】


パソコン内、USBメモリー内のすべてのドライブ内のアプリケーションを検索します。文字を入力するとすぐに検索を始めます。必要なソフトが探せないときに便利です。
作業中

【ノート(メモ帳機能)】


PStart はメモ帳機能を備えています。「ノート」タブをクリックし、メニューから「編集(E)」⇒「ノートを追加(N)」をクリックします。
バックアップ完了

ノートのプロパティが表示されるので、タイトル、テキスト、スタイル、通知の有無を設定します。通知はデスクトップ右下からポップアップして通知を行い、無効、一度のみ、年ごと、月ごと、週ごと、日ごと、時ごとから選択できます。

ノートを登録すると、下図のようにメモがリスト表示されます。
バックアップ完了

【オートランファイルの作成】


オートランファイル(Autorun.inf)の作成ができます。オートランファイルを作成しておくと、USBメモリーをパソコンに挿した時に自動でPStart が起動できるようになります。
メニューの「設定(S)」⇒「オートランファイルの作成(C)」をクリックします。
バックアップ完了

オートランファイルの作成確認ウインドウが出るので「OK」ボタンをクリックします。
※ すでにUSBメモリーにオートランファイルが作成されている場合、上書きしてしまうので注意が必要です。
バックアップ完了

【アイコンサイズの変更】


ランチャーに表示されるアイコンサイズを下図のように変更できます。
バックアップ完了

メニューの「設定(S)」⇒「設定(S)」をクリックします。
バックアップ完了

表示される設定ウィンドウの左メニューの「項目」をクリックし、アイコンサイズを「小さいアイコン」に選択して「OK」ボタンをクリックするとランチャーのアイコンサイズを変更できます。

ソフトウェア情報


● 作者サイト : http://www.pegtop.net/start/
スクリーンショット
PStart の評価・レビュー
PStart のダウンロード・使い方
CNET Download.comでダウンロード
● 対応OS : Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1
● 提供元 : PEGTOP Software