BCNアワード

 BCNアワードとは・・・株式会社BCNにより開催されているパソコン関連商品の販売台数年間第1位のベンダーを表彰する、実売台数という客観的な指標による国内で唯一のアワード。パソコン関連商品の販売台数の測定に利用されるのがBCNランキングです。BCNランキングはアマゾン、大塚商会、ビックカメラ、ソフマップなどの全国の量販店のPOSデータを日時収集したPOSデータベースサービスにより集計されています。

 BCNアワードは2000年度より開催され、ハードウェア部門、ソフトウェア部門より成り立っています。2008年度で第9回となる「BCN AWARD 2008」では、2007年1月から12月までの販売店のPOSデータをもとに集計、94部門42社の受賞が決定しました。

 ● ハードウェア部門 一覧(62部門)
 デスクトップPC、ノートPC、液晶ディスプレイ、インクジェットプリンタ、ページプリンタ、サーマルプリンタ、複合プリンタ、フォトプリンタ、外付けハードディスクドライブ、内蔵ハードディスクドライブ、MOドライブ、記録型DVDドライブ、CD-R/RWドライブ、メモリ、マザーボード、メモリカード、拡張インターフェース、カードリーダ、USB、USBメモリ、KVM切替器、映像関連ボード、グラフィックボード、サウンド関連ボード、スピーカ、MIDI、LANカード、HUB、ルータ、プリントサーバ、無線LAN、モデム、スキャナ、デジタルカメラ(レンズ一体型)、デジタルカメラ(レンズ交換型)、マウス、キーボード、10キーボード、ゲームコントローラ、タブレット、携帯オーディオ(フラッシュメモリ)、携帯オーディオ(HDD)、PCカメラ、電子辞書、PCケース、PC電源、ベアボーン、ドライブケース、CDメディア、DVDメディア、MOメディア、液晶テレビ(32インチ未満)、液晶テレビ(32インチ以上)、プラズマテレビ、HDD・DVDレコーダー、DVDプレーヤー、プロジェクター、サラウンドシステム、デジタルビデオカメラ、ICレコーダー、IP通信関連機器、携帯オーディオアクセサリ

 ● ソフトウェア部門 一覧(32部門)
 OS、プログラミングソフト、統合ソフト、ワープロ・エディタソフト、FEPソフト、文書管理ソフト、データベースソフト、表計算・グラフソフト、プレゼンテーションソフト、グラフィックスソフト、LAN・インターネットソフト、通信ソフト、業務ソフト、ユーティリティソフト、教育・学習ソフト、トレーニングソフト、テンプレートソフト、フォントソフト、クリップアートソフト、葉書・毛筆ソフト、ホームソフト、携帯電話ソフト、MAP・ナビソフト、セキュリティソフト、幼児ソフト、画像処理ソフト、データ管理ソフト、申告ソフト、システムメンテナンスソフト、サウンド関連ソフト、ビデオ関連ソフト、PCゲームソフト

 外部関連サイト
 BCN AWARD公式サイト