Excel マクロとは

Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)の表計算ソフト、Excel(エクセル)の記憶機能を利用したシステムのこと。Excel 上での入力、セルの移動、関数処理、計算処理などの一定の操作を記憶させることができます。

たとえば「ABCと文字を入力した下のセルにDEFと入力する」とマクロに記憶させると、同じ操作「ABCと文字を入力した下のセルにDEFと入力する」を2~3クリックで行うことができるようになります。
これを応用すると給与計算ソフトのような複雑な機能も簡単な操作で利用できるようになります。
 

Excel マクロを有効にする方法

Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)の2007では、デフォルトでマクロは無効になっています。
そのためマクロ機能を使ったソフトウェアを利用するためにはマクロを有効にする必要があります。


<Windows Vista(ビスタ)&Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)の2007 のマクロを有効にする方法>

Microsoft Office ボタンをクリックし(※下図の左上赤枠)、「Excel のオプション」をクリックします。
メニュー

セキュリティ センターをクリックし、セキュリティ センターの設定をクリックします。
セキュリティ センター

マクロの設定をクリックし、「すべてのマクロを有効にする」を選択して「OK」ボタンをクリックします。
マクロの設定

この操作でマクロは有効になります。

基本的には「デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする」の設定が望ましいですが、フリーソフトとして配布されているExcelマクロのソフトウェアは、デジタル署名のないものがほとんどです。
そのため、ここでの操作では「すべてのマクロを有効」にしています。


<Windows XP &Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)の2002 のマクロを有効にする方法>

メニューバーの「ツール」⇒「マクロ」⇒「セキュリティ」をクリックします。
「ツール」⇒「マクロ」⇒「セキュリティ」

セキュリティ レベルの中または低を選択して「OK」ボタンをクリックします。
セキュリティ レベル


この操作でマクロは有効になります。