Windows のショートカットキー(Short Cut Key)

ショートカットキーとは・・・簡易なキー入力で、特定の操作を行うことができるショートカット(近道)となるキー操作のこと。ショートカットキーを使いこなすと、マウスを使わなくてもキーボードのみでほとんどの操作ができてしまいます。

<代表的なショートカットキー>


■ 画面の最小化
キー操作 内容
Windows + D 画面に表示されているウィンドウをすべて最小化。デスクトップアイコンを使いたい場合や、ごちゃごちゃして表示されているウィンドウをいったん整理したい場合に便利。続けて何も操作せずに「Windows + D」を押下すると、再び先ほどまで表示されていたウィンドウが画面に表示されます。
Windows + M 「Windows + D」と同じで、画面に表示されているウィンドウをすべて最小化。続けて何も操作せずに「Windows + Shift + M」を押下すると、再び先ほどまで表示されていたウィンドウが画面に表示されます。
Windows + Home (Windows 7のみ)アクティブウィンドウ以外のウィンドウをすべて最小化します。マウスでウィンドウの上部をつかんで左右に振る、AeroShake と同じ動作です。

■ 切り取り
キー操作 内容
Ctrl + X デスクトップのアイコン、ファイルやフォルダなどあらゆるものをこのショートカットキーで切り取り(カット)可能。

■ コピー
キー操作 内容
Ctrl + C デスクトップのアイコン、ファイルやフォルダなどあらゆるものをこのショートカットキーでコピー可能。

■ 貼り付け(ペースト)
キー操作 内容
Ctrl + V コピーしたものを貼り付けるショートカットキー。「Ctrl + C」と組み合わせてコピー&ペーストを効率的に行うことができます。

■ 保存
キー操作 内容
Ctrl + S メモ帳などの各ソフトの状態を保存したい場合に簡単に保存できます。

■ 元に戻す(アンドゥ)
キー操作 内容
Ctrl + Z メモ帳のメモ書きを間違って消しちゃったような場合に、1つ前の操作に戻すことができます。ソフトによっては何十回も前の操作まで戻すことが可能です。

■ やり直し(リドゥ)
キー操作 内容
Ctrl + Y 「Ctrl + Z」で元に戻した作業を、再び元に戻す前にする作業です。つまり、やり直しをしなかったことにする操作です。

■ 全選択
キー操作 内容
Ctrl + A メモ帳のメモ書きをすべて選択したい場合などにガバッとすべてを選択することができるので便利です。

■ 検索
キー操作 内容
Ctrl + F キーワードを指定して、どこにそのキーワードがあるかの検索が可能なショートカットキー。
F3 一度検索したキーワードを再び検索したい場合に「Ctrl + F」を押下することなく、簡単に検索できるショートカットキー。ひとつ前の検索をしたい場合は「Shift + F3」で検索することができます。
Windows + F コンピュータ内の検索

■ 印刷
キー操作 内容
Ctrl + P オフィスのWordやExcelなど印刷したい時に簡単に印刷プロパティを表示できます。



■ ウィンドウを閉じる
キー操作 内容
Alt + F4 ウィンドウを閉じる、ソフトウェアの終了などをこのショートカットキー一発で操作することができます。
Ctrl + W タブで開いているファイル、ウィンドウやフォルダウィンドウ等を閉じることができますが、ソフトウェアの終了は行えません。「Alt + F4」より少し弱い操作が可能で、フォルダなどをバシバシ閉じていきたいけど、間違ってソフトを終了させたくないような場合に便利です。

■ ウィンドウの切り替え
キー操作 内容
Alt + Tab 複数のウィンドウを開いているときに、簡単に他のウィンドウにアクティブを移すことができるショートカットキー。慣れると非常に作業が速くなります。
Windows + Tab Windows Vistaのエアロ表示の場合に可能なショートカットキー。「Alt + Tab」と同じですが、ウィンドウの切り替えの選択肢にデスクトップの表示も入っています。

■ スタートメニューの表示
キー操作 内容
Ctrl + Esc Windowsキーと同じ。スタートメニューを表示させることができます。

■ タスクマネージャーの表示
キー操作 内容
Ctrl + Shift + Esc タスクマネージャーを一発で表示させることができます。

■ プロパティの表示
キー操作 内容
Alt + Enter ファイルやフォルダを右クリックして「プロパティ(R)」のクリックで表示させてたプロパティ情報を簡単に見ることができるショートカットキー。

■ コンピュータのロック
キー操作 内容
Windows + L コンピュータをロックすることができるショートカットキー。離席する場合に役立ちます。

■ 削除
キー操作 内容
Shift + Delete Deleteキーでアイコンやファイルを削除しようとすると、ごみ箱に入れられますが、このショートカットキーを使うとごみ箱に入れずにそのまま削除することができます。

■ アクティブウィンドウの画面のキャプチャー
キー操作 内容
Alt + PrtSc PrtSc(プリントスクリーン)キーのみだとデスクトップ画面全体の画面キャプチャーとなりますが、Altキーを加えることでアクティブウィンドウ(現在選択されているウィンドウ)のみのキャプチャーを撮ることができるようになります。

■ Windows 7
キー操作 内容
Windows + Home アクティブウィンドウ以外のウィンドウをすべて最小化します。マウスでウィンドウの上部をつかんで左右に振る、AeroShake と同じ動作です。
Windows + ← or → or ↑ 左右キーでアクティブウィンドウを画面の半分に固定し、上キーで最大化表示します。マウスでウィンドウをドラッグして画面端まで持って行ったときと同様の動作です。AeroSnap と同じ動作です。
Windows + ↓ アクティブウィンドウが最大化している場合は元のサイズに戻し、元のサイズの場合は最小化します。
Windows + P ディスプレイの切り替えを行えます。プロジェクターを利用しているときに便利です。デュアルモニタにも利用できます。
Windows + + or - + キーで画面を拡大します。マウスカーソルを動かすと、拡大部分も一緒に移動します。3段階まで拡大でき、- キーで元に戻すことができます。
Windows + Space すべてのウィンドウを透過表示できます。デスクトップアイコンに何があったか見たいとき、壁紙を表示させたいときなどに利用できます。