フィードバックの送信

投稿されたレビューがガイドライン利用規約に違反している、問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
勉強不足で大変失礼いたしました
お詫びいたします

コピーでは100%同じものができると思っていたのが
間違いだったとわかりました

WinMergeは教えてくれたようです
「隠し(アクセス拒否)フォルダを含むをフォルダ(C:)をコピーしても、
ほらコピーでできたフォルダ(D:)の中身が違っていますよ!」と


---------------------以下参考
WinMergeは
隠し(アクセス拒否)フォルダの以下があると

自動で検出してC:だけに存在し、

(アクセス拒否されたので3フォルダをコピーできなかった)D:
には存在しない

と表示していて

頭が混乱したようです。。

「結果」
内部に隠しフォルダがあるフォルダ(C:)の、バックアップ(D:)との比較は「一致しない」
内部にアクセス拒否フォルダ(C:)があるフォルダの、バックアップ(D:)との比較は「一致しない」

------------------------------------
¥Documents¥My Music¥ ←アクセス拒否 中身は desktop.ini
¥Documents¥My Pictures¥ ←アクセス拒否 中身は desktop.ini
¥Documents¥My Videos¥ ←アクセス拒否 中身は desktop.ini
------------------------------------
「考察」
この3つはD:にコピーできなかたったので
正しく「D:にはありません(C:だけに存在する)」と正解を言われた!


余談ですが、他の比較ソフトでは「隠し(アクセス拒否)フォルダ」を自動
検出しないものもありますが、、、??
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他