フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
Chrome52から”DirectWriteを無効にする”項目が完全に無くなり
昔のMacTypeのままでは適応できなくなったが、
MacType v1.2016.830.0以降では非公式パッチすらも要らないと思えるほど良くなった。
だが非公式パッチの方が若干不具合の修正が多いと思い、付属のreadmeJP.txtをよく読み入れ替えたが
パッチでもそのままでも、標準インストール先のProgram Filesでないと、ChromeやEdgeを含むストアアプリがMacTypeに適応しない。
カスタムインストールでインストール先を変更していたものだから泥沼にハマった。(Win10)

使用するiniファイルには
MacTypeそのままなら
[General]にDirectWrite=1 [Experimental]にClipBoxFix=1
非公式パッチをv1.2016.830.0以降に当てるなら
[General]にDirectWrite=0 [Experimental]にClipBoxFix=0
に追記(変更)すればいいと思っている。

あとは、Stylishのアドオンでフォントを太くする方法がどこでも紹介されていたが、変化が解らず、
まずまず様が教えてくださった「Font Rendering Enhancer」のChromeアドオンで
フォントを最大に近いぐらい太くすれば完了した。
最近になってMacTypeも非公式パッチも更新が盛んで、組み合わせでも注意が必要です。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他