フィードバックの送信

投稿されたレビューがガイドライン利用規約に違反している、問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
定番画像管理ソフトですが、V2.42になってUnicodeファイル名に対応になりました。
…ってWindowsフォトビューアーはUnicode対応だったので、やっと本当に標準画像ビューアとして使えるようになったと申しましょうか(^^;)

EPS、AI、PSDファイルが表示できるのでAdobe使いの方もしくは低スペPC使いのAdobe使い飼いの方に特におススメかと(^^;)
フツーの画像ビューアとしても、モニタに合わせたICCが使えるということと拡大縮小やフルスクリーンのクオリティが高いように思うのでおススメかと。

とゆーか、64bit版のXnViewMPは元々Unicode対応なのでそっちにしとけば?という話ですが、見た目は同じなのに使い勝手に色々と違いがありタブ不具合や起動や動作が遅くていつも使うにはちとストレスが溜まります。キーマッピングだけはすごく便利なんだけど(T_T)
逆にいちどもXnView使ったことが無い方はMPから入ったほうがいい?かもしれませんが…クラシック版がUnicode対応になったのは、もおMPの開発面倒!とゆー事なのでしょうか?…うーん?

クラシック版でリネームとか切り抜きとかをキーマッピングするにはHotKeyPというソフトを使ったやり方がフォーラムに書いてあります。なにかと便利なXnViewですが、画像をよく扱う方はキーマップすると便利すぎて無いと生きていけなくなりますよ(^^)
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他