フィードバックの送信

投稿されたレビューがガイドライン利用規約に違反している、問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
このパスワードマネージャーは、米国企業製で、その分野では国際的な知名度を誇ります。
「Secure」さと「User Friendly」さで、人気があります。
その昔、「keePass Password Safe」とともに、一時、利用もしていました。

ダウンロード時点から「各国版」が完備されており、ホームページから日本語仕様なので、戸惑いもなくスタートを切れます。
使い方も「平易」なので、初心者にも簡単です。
機能も充実しています。
スキルを問わず、それなりに使いこなせるでしょう。

しかし、下記の宿命的な問題があるため、推奨はしかねます。
ユーザー自身の自覚の下で、利用すべきでしょう。

問題は、
> クラウドサービス型なので、オンライン接続状態でないと利用ができません。
> 最大の深刻な欠陥は、肝心の「VAULT」(顧客の金庫)が、度々とハッキング被害(ユーザー時での公表分:Tue, 16 Jun 2015 03:37:29 +0000 、その前年にも e-mail で、無効化の実行と再作成の要請の緊急通知が届いた)を受けました。クラウドサービスでの根本的な欠陥性を実感しました。
この「欠陥性」は、
NSA(アメリカ国家安全保障局)の不正を暴露したスノーデン氏や、
Electronic Frontier Foundation(//ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E8%B2%A1%E5%9B%A3)の会報:Surveillance Self-Defense | Tips, Tools and How-tos for Safer Online Communications(//ssd.eff.org/en)でも「警告」されている宿命です。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他