フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
「Lotus」
その懐かしい名称に接し、コメントを
30 数年ほど前の大昔、「Lotus 1-2-3」は表計算ソフトの傑作品(軽快な動作と使い易さが抜群だった)として、市場を席巻していました。
それに目を付けた「IBM」が、1995年に敵対的 TOB(買収)で、子会社化した。
Microsoft 社が、32ビット仕様の Windows 95 を公開し、市場を席巻するとともに、32ビット対応を軽視していた「IBM」の市場戦略が裏目になり、ロータスは市場で失速し、遂には、開発が凍結されてしまった。
2011年7月14日、IBM は、Lotus Symphony のソースコードを「Apache OpenOffice」プロジェクトへ寄贈することを発表、Lotus Symphony の開発は事実上終了した。

社名の Lotus(蓮華)は、東洋思想に傾倒していた創業者が、The Lotus Position(蓮華坐:座禅)に因んで名付けたものです。
以上、「栄枯盛衰」の物語でした。

Apache OpenOffice
(https://freesoft-100.com/review/openoffice.php)は、Lotus Symphony の生まれ変わりです。
根本の設計哲学は非凡ですが、IBM 支配下での負の遺産(開発方向性の迷走と頓挫)が残された「Eclipse ベース」ものなので、MS-Office に伍するには、困難なようです。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他