フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
拡張機能(アドオン):Stylish について
(ウェブページの外観やレイアウトの変更をサポートしているブラウザで)ユーザスタイルを読み込むための拡張機能で、Mozilla によって「プライバシー保護違反」が判明し、公式アドオンストアから 2018年7月に削除されました。
削除の経緯 https://www.ghacks.net/2018/07/03/it-is-time-to-get-rid-of-stylish/

・Stylish がプライバシーおよびデータ収集することをユーザに明示することで、Firefox での再掲載が認可され「Mozilla の Addons Web サイト」から、再び利用可能になりました。
・新しいバージョンはリリースノートなしで提供されるため、変更された内容を見つけることは困難です。

・Stylish には、訪れたウェブページの関連スタイルの提案やアクセス、各スタイルのインストール数などのサービスが用意されています。このサービスを有効にするため、プライバシーポリシー( https://userstyles.org/login/policy )に記載されているように、ブラウジングデータを収集します。
・収集されたデータには、訪問済みの URL、インターネットプロトコルアドレス、使用しているオペレーティングシステムとブラウザ、日付と時刻が含まれます。
・収集されたデータは、個々のユーザーの識別をすることを目的とせず、アドオンオプションページでこの自動データ収集をオプトアウトすることができます。
・アドオンオプションページには、オプトインのすべて「3つのオプション」が表示されます。
1.Share 使用分析:分析データをスタイリッシュに送信します。
2.Styles on-the-go:スタイルの推奨機能を強化し、有効になっている場合は URL をサーバーに送信します。
3.検索結果を使用してスタイルにアクセスする:Styles on-the-go と同じですが、検索結果ページでも使用できます。
Stylish を使用するために、これらのいずれかを有効にする必要はありません。
2番目と 3番目のオプションをオプトインしないと、自動的には推奨機能は得られません。


Stylish は 2016年10月に売却され、新しいオーナーの Justin Hindman は、 SimilarWeb 社(イスラエル)に収集情報を提供することを取り決めています。SimilarWeb は、デジタルマーケットインテリジェンスプラットフォームが有名で、同社の主力事業は分析製品です。イスラエルの対外諜報機関 「モサド」との関係も疑念されています。


Stylus(作者: Stylus Team, Jeremy Schomery)を推奨します。
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/styl-us/
・Stylish 1.5.2 をフォークした「オープンソースプロジェクト」のため、疑念が皆無で、機能は同等です。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他