フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
圧縮ファイルの結合解凍のみに使っています。分割されたファイルを右クリック→即時解凍で、もとファイルのとなりに解凍された結合データを作ってくれるので便利です。デフォルトだといちいちウィンドウが開いてしまったり、デスクトップに送られてしまったりと、わずらわしく使いづらい。頻繁に解凍や結合を使う人はオプション設定必須だと思います。操作をシンプルにするため、以下の工夫をしています。

○インストール時
・拡張コンテキストメニュー
即時解凍のみチェック
拡張D&Dターゲットもすべてチェック外す

○オプション設定
・フォルダ→デフォルトのフォルダ
書庫のフォルダを解凍先にする。チェック(同じ場所に解凍)
開いている書庫のフォルダを保存先にする。チェック(同じ場所に圧縮)

・解凍オプション→基本オプション
解凍先に同名ファイルがある場合は上書き確認する。チェック外す(「上書きしますか」ダイアログを無視)
NTFSのZoneIDを維持して展開。チェックを外す
破損ヘッダは飛ばして解凍。チェック

・解凍オプション→解凍先フォルダ作成抑止
書庫内にファイルが1つの場合はフォルダを作成しない。チェック(フォルダ構造で解凍しない)
確認メッセージを表示しない。チェック

・シェルエクステンション→基本設定
解凍後、エクスプローラの自動起動。チェック外す(別ウィンドウが開くかどうか)
書庫名でフォルダを作成し、そこに解凍。チェック外す(フォルダ構造で解凍しない)
即時解凍では解凍先の指定ダイアログボックスを表示。チェック外す(どこに開くか聞かれなくなる)
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他