フィードバックの送信

投稿されている内容がガイドライン利用規約に違反しているなど問題があると思われる場合、下記よりご報告ください。

その際、問題があると思われる部分を具体的にご指摘ください。

※ フィードバックを送った方がどなたかを第三者に開示することはありません。
※ いただいたフィードバックをもとに対応することをお約束するものではありません。
※ いただいたフィードバックについて、個別に回答いたしません。
当アプリは「ファイルが(HDD上で)占めていた全スペースを上書きすることで、データの痕跡を判別不能にするプログラムです。実行後は、ファイル回復ソフトウェアまたは他の手段でファイルを回復することは物理的に不可能になります」
ファイルやフォルダをプログラムにドラッグアンドドロップしたり、任意のスケジュールタスクやターゲットを設定したり、便利なWindowsエクスプローラのシェル拡張機能を使用したりできます。
上書きに使用されるすべてのパターンは、研究者または政府機関によって公開されている規格に基づいており、HDDから磁気残留物を効果的に除去してデータを回復できないような選択肢です。

以下、User Manual(HELP https://eraser.heidi.ie/help/ )からの抜粋意訳:
> VIEWING THE RESULTS OF AN ERASURE(消去の結果を見る)
[エラー]と表示された場合、消去は失敗したため、原因を特定する必要があります。 影響を受けたタスクを右クリックして[タスクログの表示]を選択します。 これにより、特定の消去セッションからのタスクを表示するログビューアが表示されます。
> Eraser Settings
□ Force locked files to be unlocked for erasure
を有効化すれば、プログラムによってロックされているファイルを強制的にロック解除し、消去できます。
(有効化されていない場合には、ロックされているファイルは消去できず、エラーメッセージが表示されます)
> Behaviour toward encrypted, sparse or compressed files(暗号化ファイル、スパースファイル、または圧縮ファイルに対する動作)
暗号化ファイル、圧縮ファイル、および sparse(散在するデータ)は標準の消去手順を適用したときの動作が異なるため、Eraser はこれらのファイルに遭遇したときに消去しないでエラーを記録します。

不明な事項(解決方法)は、下記「Eraser FAQ」を利用しましょう。
https://eraser.heidi.ie/forum/forums/eraser-faq.35/


Gutmann (35 passes)が、復元不能度では万全ですが、35回ものランダム上書きを繰り返すため「処理時間が掛かり、相応に発熱」します。その苛烈な物理的ストレスによって、HDD が劣化する要因になるので、むやみやたらに実行しない方が賢明です。通常は、1回上書きで十分で、心配ならば「US DoD 5220.22-M (8-306./E, C & E) (7 passes)」で十分です。
  • 不適切な内容
  • 成人向けの内容
  • 悪質なリンクを含む
  • 個人情報を含む
  • 営利利用(宣伝・広告目的)
  • 重複投稿
  • その他